Select Language




Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2

Carl Zeiss Batis 25mm F2

インコ、イスカ、フクロウ…様々な鳥たちの学名を冠された「Touit」「Loxia」「Otus」に続いてZeissから登場した、フルサイズEマウント用交換レンズ「Batis」シリーズ。中望遠と広角の2本がリリースされた中から、本稿では『Carl Zeiss Batis 25mm F2』を取り上げます。調べてみると、やはり今回も名前の由来は鳥類。 「Batis」は、ヤブモズ亜科に属するセワタビタキの種名。どの種も小柄で、とても可愛らしい鳥のようですが…はたして本レンズの実力は如何に。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


8群10枚、Distagonタイプの光学設計を採用。そのうち4枚が両面非球面レンズというのも納得の、破綻のない描写で魅せてくれます。リニアモーターで駆動するフォーカスは静穏性に優れ、その速度と精度の高さから、ストレスなく撮影に臨むことが出来ました。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


天気に恵まれたこの日、Zeissの十八番である色乗りの良さが更に際立ちます。印象的だった抜けるような青空も、しっかりと再現してくれています。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2


Zeissが生み出した開放値F2クラスの“Distagon”といえば、1960年代のコンタレックス用交換レンズ「Distagon 25mm F2.8」(7群8枚) 、ヤシカ/コンタックスシリーズ用交換レンズ「Distagon 25mm F2.8 AE/MM」(共に7群8枚)等が挙げられます。長らくツァイスに在籍したエルハルト・グラッツェル博士により設計された“逆望遠タイプ”の光学系は、脈々と現世まで受け継がれているのです。この「Batis 25mm F2」においては、特殊硝材や非球面レンズ、そしてフローティング機構の搭載により、更に“伝統”の輝きが増しているように思えます。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


数ある広角レンズの中でも、25mmという画角は最も使いやすい画角では無いでしょうか。本レンズの最短撮影距離は20cmと言うこともあり、身の回りにあるものは何でも撮れてしまいそうな錯覚に陥ります。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


光量が目立って不足する事無く、画面周辺部までしっかりと解像しているのには流石の一言。データシートで公表されているMTF曲線は、良好な弧を描いています。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


α7IIの背面液晶を立て、ガマの群生の中へ右手ごと差し入れる。Zeissでこうした撮影が出来るのも、この組み合わせならではでしょう。蕩ける様な後ろボケは、こうした比較的煩い背景においても被写体を浮かび上がらせる助力となっています。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


逆光耐性は強く、陽が直接差し込むようなシーンでも安心して絵作りに集中出来ます。変にフレアやゴーストが出ないお陰で、光を忠実に再現してくれるのは良いですね。少々ハイコントラストにはなりそうですが、モノクロでも使ってみたいレンズです。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


風が強かったこの日、335gというレンズの軽さがネックにならないものかと心配しましたが、適度なサイズの鏡胴はホールド感も良く、終始安定した絵を得る事が出来ました。


Carl Zeiss Batis 25mm F2


Carl Zeiss Batis 25mm F2



フルサイズEマウント用では初となる、オートフォーカスのZeiss製交換レンズ。距離目盛には有機ELディスプレイを搭載し、電源投入時には「ZEISS」の文字を映し出す・・・そんな、遊び心のある造りも魅力的ですが、防塵防滴に配慮した強靭な一面も兼ね備えていることも忘れてはいけません。環境を選ぶことなく、常に「Zeiss」と共に歩みたい貴方に、お勧めの選択肢です。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:71票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 440:最高レベルの描写性能『SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM』 2017年08月17日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 前回に続き、ニコンマウントのシグマレンズを紹介。今回はArtレンズの草分け的存在『Art 35mm F1.4 DG HSM』です。 すべてにおいてワンランク上のクオリティを実現し、「最高」の基準を刷新するシグマの自信作として発売されたのが2013年1月。以後本レンズの素晴らしさが瞬く間に広がり、現在のArtレンズの充実ぶりに繋がったと言っても過言ではありません。す...
続きを読む
TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 439:さらに磨き上げられた大口径標準ズーム『TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』 2017年08月15日
焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。 旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに...
続きを読む
null 438:ワンランク上へ進化した軽量フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 6D Mark II』 2017年08月11日
絞り:F4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon EOS 6D Mark II + EF24-70mm F4L IS USM 今よりもずっとフルサイズ機というのが憧れの存在だった2012年、「小型軽量なフルサイズ一眼レフ機のエントリーモデル」というコンセプトでCanonとNikonより『EOS 6D』と『D600』それぞれが発売されました。当時のフルサイズ機のイメージといえば画質重視のプロ・ハイアマチュア機であり、その分『大きい・重い・高価』という三重苦とまでは言いませ...
続きを読む
437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 437:フォクトレンダー史上最高のマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』 2017年08月11日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7RII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount 今回のKasyapaでは、F2の明るさを誇るマクロレンズ『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』をご紹介いたします。 本レンズは発表当初からEマウントユーザーの話題をさらい、今年2月に開催されたCP+での先行展示でもたくさんの方が実際に手に取って試されていたの...
続きを読む
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 436:圧倒的な解像力の『SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM』 2017年08月11日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM 充実の一途を辿るシグマのArtシリーズの大口径単焦点レンズ。先日、超広角の「14mm F1.8」が発売され、14mmから135mmの間に7種類ものバリエーションが揃いました。改めてシリーズのKasyapaを見返してみると、すべてキヤノン用で撮られていることに気づきます。 ニコン純正の単焦点レンズもF1.4とF1.8のシリーズが種類豊富に発売されており、これらのレンズとの差が...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |