Select Language




Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2

Carl Zeiss Batis 25mm F2

インコ、イスカ、フクロウ…様々な鳥たちの学名を冠された「Touit」「Loxia」「Otus」に続いてZeissから登場した、フルサイズEマウント用交換レンズ「Batis」シリーズ。中望遠と広角の2本がリリースされた中から、本稿では『Carl Zeiss Batis 25mm F2』を取り上げます。調べてみると、やはり今回も名前の由来は鳥類。 「Batis」は、ヤブモズ亜科に属するセワタビタキの種名。どの種も小柄で、とても可愛らしい鳥のようですが…はたして本レンズの実力は如何に。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


8群10枚、Distagonタイプの光学設計を採用。そのうち4枚が両面非球面レンズというのも納得の、破綻のない描写で魅せてくれます。リニアモーターで駆動するフォーカスは静穏性に優れ、その速度と精度の高さから、ストレスなく撮影に臨むことが出来ました。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


天気に恵まれたこの日、Zeissの十八番である色乗りの良さが更に際立ちます。印象的だった抜けるような青空も、しっかりと再現してくれています。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2


Zeissが生み出した開放値F2クラスの“Distagon”といえば、1960年代のコンタレックス用交換レンズ「Distagon 25mm F2.8」(7群8枚) 、ヤシカ/コンタックスシリーズ用交換レンズ「Distagon 25mm F2.8 AE/MM」(共に7群8枚)等が挙げられます。長らくツァイスに在籍したエルハルト・グラッツェル博士により設計された“逆望遠タイプ”の光学系は、脈々と現世まで受け継がれているのです。この「Batis 25mm F2」においては、特殊硝材や非球面レンズ、そしてフローティング機構の搭載により、更に“伝統”の輝きが増しているように思えます。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


数ある広角レンズの中でも、25mmという画角は最も使いやすい画角では無いでしょうか。本レンズの最短撮影距離は20cmと言うこともあり、身の回りにあるものは何でも撮れてしまいそうな錯覚に陥ります。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


光量が目立って不足する事無く、画面周辺部までしっかりと解像しているのには流石の一言。データシートで公表されているMTF曲線は、良好な弧を描いています。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


α7IIの背面液晶を立て、ガマの群生の中へ右手ごと差し入れる。Zeissでこうした撮影が出来るのも、この組み合わせならではでしょう。蕩ける様な後ろボケは、こうした比較的煩い背景においても被写体を浮かび上がらせる助力となっています。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2



Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


逆光耐性は強く、陽が直接差し込むようなシーンでも安心して絵作りに集中出来ます。変にフレアやゴーストが出ないお陰で、光を忠実に再現してくれるのは良いですね。少々ハイコントラストにはなりそうですが、モノクロでも使ってみたいレンズです。


Carl Zeiss Batis 25mm F2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7II + Carl Zeiss Batis 25mm F2


風が強かったこの日、335gというレンズの軽さがネックにならないものかと心配しましたが、適度なサイズの鏡胴はホールド感も良く、終始安定した絵を得る事が出来ました。


Carl Zeiss Batis 25mm F2


Carl Zeiss Batis 25mm F2



フルサイズEマウント用では初となる、オートフォーカスのZeiss製交換レンズ。距離目盛には有機ELディスプレイを搭載し、電源投入時には「ZEISS」の文字を映し出す・・・そんな、遊び心のある造りも魅力的ですが、防塵防滴に配慮した強靭な一面も兼ね備えていることも忘れてはいけません。環境を選ぶことなく、常に「Zeiss」と共に歩みたい貴方に、お勧めの選択肢です。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:63票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 418:常に持ち歩きたくなる1台『FUJIFILM X-T20』 2017年04月21日
焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS 今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。 フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシッ...
続きを読む
417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 417:伝統と現代が重なる135mmゾナー『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』 2017年04月20日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800/ 使用機材:SONY α7RII + Carl Zeiss Batis 135mm F2.8 Eマウント専用レンズとしてツァイスより展開している『Batis』シリーズに伝統の135mmという焦点距離が登場しました。今回はその新レンズである『CarlZeiss Batis 135mm F2.8』を早速レポートいたします。 戦前のレンジファインダーレンズから通常のラインアップとして存在していた135mm。時代が一眼レフに変わっても135mmは存在していましたが、F1.4...
続きを読む
416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 416:被写体の魅力を引き出してくれる1本『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』 2017年04月06日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV ボディ + SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM 次々にハイクオリティなレンズやカメラを生み出しているシグマから、またまた新レンズの登場です。その名も『SIGMA A 135mm F1.8 DG HSM』。 私は前々からシグマのレンズが大好きで、中でもArtラインレンズシリーズの大ファンです。ボケの美しさもさることながら、がっちりピントが合った時のあのカミ...
続きを読む
415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 415:圧倒的な解像力と写真画質『FUJIFILM GFX 50S』 2017年03月30日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100使用機材:FUJIFILM GFX 50S + GF 63mm F2.8 R WR / フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME フジフイルムといえば、やはりXシリーズ。・・・というのは最近の話で、昔から様々なフォーマットのカメラや写真関連用品を作り、日本の写真文化を支えてきたメーカーです。その中でもブローニーフィルムを使う中判カメラは、今までこんなに多くの種類を出しているのかと驚くほどのバリエーション数。そして現在も『GF670...
続きを読む
414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 414:極上のボケ味と解像力『SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS』 2017年03月26日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7R II + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 「新しいソニーのFEレンズは、STFらしいよ。」そんな話を聞いた時、ついにミノルタの伝家の宝刀をEマウントへ持ち出したな。と勝手ながらに思いました。 STFこと、“Smooth Trans Focus”(スムース・トランス・フォーカス)とは、アポダイゼーション(APD)光学エレメントという、レンズの周辺にいくほど通る光の量(透過光量)が少なくなる特殊効果フィルター(...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |