【Leica】癖が癖になる » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






本日はクセ玉と呼ばれることの多い
ズマリット50mm F1.5をご紹介いたします。

使用したのはLマウントの後期モデル、
使用ボディは、クセ玉のピント合わせもしやすい
SONY α7です。

では早速ご覧下さい。

Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/500秒 ISO100
早速出ましたグルグルボケ!
被写体を中心に円を描くボケが面白いです。


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/6400秒 ISO100
意地悪に逆光で撮影。
しいたけの様なゴーストが出ました!


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/5000秒 ISO100
上の写真でもそうですが、強い光源があると角度によって虹色のラインが現れることがあります。
恐らく当時は嫌がられたのでしょうが、
今になって見るとそれも魅力ですから面白いですよね。


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/1000秒 ISO100
こちらもグルグル
そして玉ボケも少々。


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/2000秒 ISO100
日が沈んだ直後の景色ですが、完全にシルエットが滲んでいて、
ファンタスティック!


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/100秒 ISO100
被写体とふんわりとした描写がマッチしていて
ノスタルジック!


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/100秒 ISO100
ついつい開放で撮ってしまいます。
こうして癖を確認しながら撮影できるデジタルカメラだからこそ、
クセ玉を楽しむ余裕が生まれますね。


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/60秒 ISO100
ふんわりしながらもコントラストは良好な印象です。


Leica Summarit 50mm F1.5 + SONY α7
F1.5 1/80秒 ISO100
なんとも哀愁漂う描写です。

クセ玉と呼ばれるレンズは数多ありますが、
やはりズマリット50mm F1.5は抑えておきたいレンズです。

クセ玉らしい様々な要素を持っています。

さらに立派な前玉と、ズッシリとした重量感が所有欲もくすぐります。
専用フードを装着すると更に色っぽくなります!
ライカのフードはかなりの種類がありますが、
中でもトップクラスの人気です!!
(私の中で)
フードについては金曜フードショーでご紹介してますので、
商品詳細をクリック

オールドレンズ入門・クセ玉入門
(レンズ沼入口)
としても、おすすめの1本です!!

ご注文はこちらから





是非手に入れて、「癖が強い!」と言いたいレンズです。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:07月19日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む
【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 2017年12月10日
今年も早いもので、残すところあと少し。 今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。 軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。 今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。 使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊ま...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 2017年10月29日
50mm F0.95 1/50秒 ISO1600 突然ですが、人間の目というのは暗い場所でもよく見えるものです。 カメラのレンズに換算すると「F1.0」だそうです。 明るいレンズというのは昔から誰しもが憧れるものですが 1966年にカメラ界の一線を走り続けるLeicaから「M50mm F1.2」が登場して以来 Leica最高峰の明るさを誇る名レンズとして君臨し続けているのが 「ノクティルックス」というレンズ。 今回ご紹介するのはノクティルックスの現行Ver.である「M50mm F0.95 ASPH」 レンズの明るさは驚異の「F0.95...
続きを読む
【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]