【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.1 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.1

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時50分]


α7RIII ブログ



突然発表された『SONY α7RIII』は大きな衝撃でした。4240万画素という超高画質はそのままに、RAW撮影で最大10コマという高速連写性能と、399点の像面位相差AFセンサーと425点コントラストAFのハイブリッドAFによって撮影性能が大幅に向上したカメラへと生まれ変わったのです。強力なライバル機が登場する中、またもソニーはデジタルカメラ界をリードするような新機種を送り出してきました!



4240万画素の高画質で
10コマ/秒の高速連続撮影を実現

α7RIII ブログ

新開発のシャッターチャージユニットに加え、画像処理システムを刷新することで、有効約4240万画素の高解像で最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。RAW連写時でも最大76枚の連写が持続する大容量バッファを搭載しています。ライブビュー方式では最高約8コマ/秒高速連写、さらに、無音・無振動のサイレント撮影時もフル解像度でAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写を実現。静寂さが求められるシーンでも瞬間を逃さず、解像性能を最大限生かして撮影できます。



 

従来比1.8倍の画像処理エンジンと
読み出し速度 約2倍のフロントエンドLSI

デジタルカメラで最も重要なパーツとも言える画像処理エンジンのBIONZ XとフロントエンドLSIを新世代のものに一新。色表現の向上に加え、ISO800〜3200前後で約1段分のノイズを低減。また、連写時や電子シャッターを使ったサイレント撮影時においても14bitでのRAW出力が可能になりました。



追従性能が約2倍に進化した
「瞳AF」

α7RIII ブログ

α9に搭載した新AFアルゴリズムを本機用に最適化。画像処理システムの刷新も寄与し、低照度時のAF速度や動体追随性能が従来比最大約2倍に向上。さらに、撮像エリアの縦約68%×横約68%の範囲をカバーする399点像面位相差AFセンサーに加え、コントラストAF枠を従来の25点から425点に多分割化し、AF精度も大幅に向上しました。また、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能も進化。検出精度・速度を高め、追随性能が約2倍に向上。動きのある人物撮影でも瞳を素早く捉えピントを合わせ続けます。



デュアルSDカードスロットと
マルチセレクター

リレー記録・同時記録が可能なデュアルスロットを搭載。スロット1はUHS-II対応なので、大容量の撮影データも高速で書き込むことが可能です。
また、操作系は『α9』の形を踏襲し、AFポイントを任意で変えることのできるマルチセレクターが追加になったのが大きな進化点です。



想像を超える画質を実現する
「ピクセルシフトマルチ撮影」

α7RIII ブログ

ピクセルシフトマルチ撮影は、1ピクセルずつイメージセンサーを動かして4枚を連写合成することで忠実な色再現と圧倒的な高画質を実現する機能。ペンタックスの「リアル・レゾリューション・システム」や、オリンパスの「ハイレゾショット」と原理的に近く、「ピクセルシフトマルチ撮影」では4枚合成で得た約1億6,960万画素のデータを専用パソコンソフトの「Imaging Edge」で合成・現像し、約4,240万画素の画像を作り出せます。



α9と同じ大容量バッテリー
「NP-FZ100」採用

従来のα7シリーズでウィークポイントだったバッテリー容量も、『α9』と共通のNP-FZ100を採用することにより容量が約2.2倍へUP!ファインダー使用で約530枚の静止画撮影が可能です。







次の記事へ >>




〓〓新製品〓〓


[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

広角日和α7III+COLOR SKOPAR 21mm F4 【Voigtlander】広角日和。 COLOR SKOPAR 21mm F4 2018年04月16日
用事の帰り。なんとなく立ち寄った関内駅。ふらふらと潮風に誘われて山下公園へ入る。 首から下げた「SONY α7III」とマウントアダプターでLマウントからEマウントへ変換した「Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4 」を海へと向けた。 じょなさんズ キリッした視線を向けるカモメたち、ぷかぷかと浮かぶもの、並んで鎖に止まるもの、気持ちよさそうに空を飛ぶものと自由気ままに過ごしている。 海を見つめて 観光地でよく見かける100円を入れるタイプの望遠鏡。お客さんがいない時は...
続きを読む
null 日々のうつろい 2018年04月01日
3月末にもなると随分と暖かくなりました。 春の陽気を感じますがもうチラホラと散り始めている桜もあり、あっという間だなあと少し寂しくもあります。 1ヶ月前はまだまだ寒い日々が続いていたような気がするのですが、本当に早いものです。 今回は今日までのうつろいを写真とともに簡単に振り返ってみました。 春とはいえ、まだまだ寒かった3月初旬。 まだまだコートは手放せませんでした。 輪。 未だ桜は咲かず。日常的なスナップに徹します。 花は咲かずとも、独特の柔らかな光を持...
続きを読む
null 【SONY】α6500でプロレスの写真を撮る。 2018年03月23日
本日は大好きなプロレスの写真を撮るべく「SONY α6500 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」を片手に格闘技の聖地「後楽園ホール」にやって参りました。 リングに最も近い席、最前列での観戦になります。 試合中は観客席の照明が落ちて会場がだいぶ暗くなるのですが、 「α6500」は高感度におけるシャドー部のノイズが少なく、暗い屋内でも安心して撮影ができました。 この写真、なんとISO感度51200です。 「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」はズームレンズながら、ハレーションにも強く...
続きを読む
null 光を求めて 2018年03月12日
「光を掬う。」 筆者が普段写真を撮る際に心がけていることです。 手でお椀を作って水を掬い上げるように、慌てず、そっと、光と向き合います。 よろしければご覧ください。 冬の光は柔らかく、強い影を生まないところがポイントです。 何気ない引き戸にスポットライトの様に落ちる木漏れ日が画を印象的にしてくれました。 緩やかな光も、大きな影と一緒になると引き締まった印象を与えます。 斜光。屋内に入ると冬でも光と影がハッキリし、ドラマティックに。 一...
続きを読む
null 『仮想世界の片隅で』 2018年03月04日
夢を見た。まるで現実の様な、それは夢だった。 ・・・ 今日は待ちわびた休日。天気も良いし出かけよう! 来ました通称「千葉フォルニア」故郷の風を思い出します。 半世紀以上変わらないものたち。 東の海岸に着いた頃には日が暮れました。 見知らぬ町の名もなき夜道で人知れずテンションあがる現象。 何のために生まれ、何のために生きているのだろう。 寄り道しながらのんびり帰ろう。 共感も共有もいらない。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]