【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.1 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




α7RIII ブログ



突然発表された『SONY α7RIII』は大きな衝撃でした。4240万画素という超高画質はそのままに、RAW撮影で最大10コマという高速連写性能と、399点の像面位相差AFセンサーと425点コントラストAFのハイブリッドAFによって撮影性能が大幅に向上したカメラへと生まれ変わったのです。強力なライバル機が登場する中、またもソニーはデジタルカメラ界をリードするような新機種を送り出してきました!



4240万画素の高画質で
10コマ/秒の高速連続撮影を実現

α7RIII ブログ

新開発のシャッターチャージユニットに加え、画像処理システムを刷新することで、有効約4240万画素の高解像で最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写を実現。RAW連写時でも最大76枚の連写が持続する大容量バッファを搭載しています。ライブビュー方式では最高約8コマ/秒高速連写、さらに、無音・無振動のサイレント撮影時もフル解像度でAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写を実現。静寂さが求められるシーンでも瞬間を逃さず、解像性能を最大限生かして撮影できます。



 

従来比1.8倍の画像処理エンジンと
読み出し速度 約2倍のフロントエンドLSI

デジタルカメラで最も重要なパーツとも言える画像処理エンジンのBIONZ XとフロントエンドLSIを新世代のものに一新。色表現の向上に加え、ISO800〜3200前後で約1段分のノイズを低減。また、連写時や電子シャッターを使ったサイレント撮影時においても14bitでのRAW出力が可能になりました。



追従性能が約2倍に進化した
「瞳AF」

α7RIII ブログ

α9に搭載した新AFアルゴリズムを本機用に最適化。画像処理システムの刷新も寄与し、低照度時のAF速度や動体追随性能が従来比最大約2倍に向上。さらに、撮像エリアの縦約68%×横約68%の範囲をカバーする399点像面位相差AFセンサーに加え、コントラストAF枠を従来の25点から425点に多分割化し、AF精度も大幅に向上しました。また、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能も進化。検出精度・速度を高め、追随性能が約2倍に向上。動きのある人物撮影でも瞳を素早く捉えピントを合わせ続けます。



デュアルSDカードスロットと
マルチセレクター

リレー記録・同時記録が可能なデュアルスロットを搭載。スロット1はUHS-II対応なので、大容量の撮影データも高速で書き込むことが可能です。
また、操作系は『α9』の形を踏襲し、AFポイントを任意で変えることのできるマルチセレクターが追加になったのが大きな進化点です。



想像を超える画質を実現する
「ピクセルシフトマルチ撮影」

α7RIII ブログ

ピクセルシフトマルチ撮影は、1ピクセルずつイメージセンサーを動かして4枚を連写合成することで忠実な色再現と圧倒的な高画質を実現する機能。ペンタックスの「リアル・レゾリューション・システム」や、オリンパスの「ハイレゾショット」と原理的に近く、「ピクセルシフトマルチ撮影」では4枚合成で得た約1億6,960万画素のデータを専用パソコンソフトの「Imaging Edge」で合成・現像し、約4,240万画素の画像を作り出せます。



α9と同じ大容量バッテリー
「NP-FZ100」採用

従来のα7シリーズでウィークポイントだったバッテリー容量も、『α9』と共通のNP-FZ100を採用することにより容量が約2.2倍へUP!ファインダー使用で約530枚の静止画撮影が可能です。







次の記事へ >>




〓〓新製品〓〓


[ Category:SONY|掲載日時:10月25日 19時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SONY】RX1と横浜市電保存館を訪ねて 2018年01月19日
明治37年から昭和47年まで、約70年間に渡って横浜で活躍した路面電車、「横浜市電」。 そのノスタルジックな雰囲気たっぷりの車両と横浜の歴史を存分に味わえる横浜市電保存館に行ってきました。 無料の駐車場と、大人(高校生以上)300円 3歳から中学生100円というリーズナブルな料金で、とってもおススメ! と言いますか本当は内緒にしておきたいくらいの良い所です。 相棒はフルサイズセンサーと大口径カールツァイスレンズを搭載した夢のコンデジSONY Cyber-shot DSC-RX1です。 エントラン...
続きを読む
null α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" 2018年01月15日
皆さまこんにちは。 先日発売されたばかりの最新機種 α7RIII 既に撮影を楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 本日のテーマは「ピクセルシフトマルチ撮影」です。 Eマウントボディの中ではα7RIIIで初登場した機能となりますが ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御することで イメージセンサーを正確に1ピクセル分ずつずらして計4枚の画像を撮影、合成。 有効約4240万のすべての画素でR・G・B の全色情報を取得し、補間処理をせずに直接合成します。 そこから画像を生成することで偽...
続きを読む
null 【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す 2018年01月01日
α7SII×SHOGUNで撮影・グレーディングしたサンプル映像 使用機材:SONY α7SII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + ATOMOS SHOGUN 4K/4:2:2 8bit&S-Log2 Apple ProRes(422 HQ)記録 α7SIIの場合、4K内部収録では4:2:0/8bitのXAVC S 100Mbpsで記録される。 HDMIからは4:2:2/8bitの映像が出力され、出力されたデータを今回は「ATOMOS SHOGUN」で記録した。 今回の記録設定はProRes422 HQ、ビットレートは880Mbps程度。 外部レコーダーで高画質記録 一眼レフやミラーレス機ではSDカードなどのメ...
続きを読む
SONY A7M2+Nokton 40mm f1.2 【Voigtlander】昼下がりのお散歩レンズ。Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount 2017年12月18日
とある平日の午後。 ふと思い立って浅草に向かいました。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander Nokton 40mm F1.2 E-mount」 定番の浅草寺みて、ふらふらと歩き出すと小さな神社を見つけました。 開放で鳥居にピントを併せて一枚。 嬉乃森稲荷神社の名前が浮かび上がります。 この辺りは昔は森があったのだろうかと都会の谷間に思いをはせます。 小さな路地を歩くと鮮やかな緑の扉の建物がありました。 柔らかな午後の光に浮かび上がる扉、柔らかにボケる懐かしい消火器入...
続きを読む
null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]