MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.2

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]


α7RIII ブログ



続いては同じソニーの高画素機『α7RII』とライバル機『Nikon D850』と『Canon EOS 5Ds/5DsR』との比較です。一眼レフとミラーレスでは構造が違うため一概に数値だけでは比べられない点もありますが、撮影性能は現行のデジタル機の中でもトップクラスと言えます。

  SONY α7RIII  SONY α7RII Nikon D850 Canon EOS 5Ds/5DsR
有効画素数 4240万画素 4240万画素 4575万画素 5060万画素
最大記録画素数 7952×5304ピクセル 7952×5304ピクセル 8256×5504ピクセル 8688×5792ピクセル
ISO感度
(静止画)
100~32000
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
100~25600
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
64~25600
32相当の減感
102400相当の増感可能)
100~6400
(50相当の減感
12800相当の増感可能)
記録媒体 SDメモリーカード/メモリースティックPRO×2
(スロット1は UHS-IIに対応)
SDメモリーカード/メモリースティックPRO×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
XQDカード×1
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-I/IIに対応)
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
CFカード×1
(Type I、UDMA7対応)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー、約368万ドット 0.5型電子ビューファインダー、約240万ドット ペンタプリズム使用、アイレベル式 ペンタプリズム使用、アイレベル式
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.75倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
153点(うち、99点でクロス測距が可能、15点F8対応、選択可能55点) 61点(うち、41点でクロス測距が可能、中央1点F8対応)
連続撮影速度 最高約10コマ/秒 最高約5コマ/秒 最高約7コマ/秒

マルチパワーバッテリーパック MB-D18+電源がEN-EL18bの場合、最高約9コマ/秒
最高約5コマ/秒
連続撮影枚数(RAW) 76コマ 23コマ 51コマ(XQDカード) 14コマ(CFカード)
動画撮影 4K対応(HDR動画に対応)
3840×2160/30,24p
1920×1080/120,60,30,24p
4K対応
3840×2160/30,24p
1920×1080/60,30,24p
1280×720/120,30p
4K対応
3840×2160/30,25,24p
1920×1080/60,50,30,25,24p
1280×720/60,50p
フルHD
1920×1080/30,25,24p
1280×720/60,50p
液晶モニタ 3型TFT液晶
約144万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3型TFT液晶
約122.88万ドット
チルト可動式
3.2型TFT液晶
約236万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3.2型TFT液晶
約104万ドット
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約530コマ
NP-FW50
約290コマ
EN-EL15a
約1840コマ
LP-E6N
約700コマ
寸法(W×H×D)
質量(バッテリーなど含む)
約126.9×95.6×62.7mm
約657g
約126.9×95.7×60.3mm
約625g
約146×124×78.5mm
約1005g
約152×116.4×76.4mm
約930g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 【SONY】Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 2018年08月20日
皆様、写真楽しまれていますか? 関東ではやっと酷暑を抜け、過ごしやすい日が少し続きそうです。 今回はPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAにフィーチャーして撮影した写真をお届け出来ればと思います。 α7II + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA ss1/400 F1.4 ISO100 2018年夏現在では松竹梅で言うところの、「松」に相当する本レンズ。 特徴としては全域で平坦性が高く、パープルフリンジなど色滲みの原因となる軸上色収差を比較的高いレベルで補正しているという点でしょうか。絞り開放からキレの良い解像...
続きを読む
【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 2018年08月19日
みなさんこんにちは。 暑い日が続いていますね。 今回は川越にある氷川神社にて撮影してきました。 まず、手水で清めてから撮影を開始。 氷川神社には撮影スポットが沢山あり、 いつのまにか、たくさんのシャッターを切っていました。 お次は今回のお目当てである風鈴回廊の撮影にチャレンジ。 たくさんの風鈴が飾られる「風鈴回廊」。 見た目の美しさだけでなく、風が吹くたびに鳴る風鈴の音も美しいです。 紅葉と風鈴。見ているだけで涼しい気分になれます。 最後...
続きを読む
変わりゆく街の語り部 変わりゆく街の語り部 2018年08月18日
次々と生まれ変わっていく東京の街並み。 そんな中でも長い歴史を持ち、人々に愛されてきた建物というのも意外とあるものです。 ここは日比谷。 かつての江戸城、現在の皇居に隣接し、江戸時代の大名屋敷から明治維新によってホテルや娯楽施設が造られました。 現在は多くの商業ビルが立ち並ぶビジネス街となっています。 今回はそんなビジネスと娯楽が合わさる街日比谷を歩きました。 日比谷には巨大なオフィスビルもたくさんありますが、ユニークな形の商業ビルも多くあります。 直線と曲...
続きを読む
Nikon『ARCREST』使用レポート 【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート 2018年08月17日
ニコンから発売されている高性能レンズプロテクトフィルター『ARCREST(アルクレスト)』。 近年、デジタルカメラの高画素化に伴いレンズフィルターに求められる要求も高くなっており、フィルター各社からも高性能を謡うフィルターが多く発売されています。 ニコン純正フィルターの実力はいかに?早速、話題のフィルターを使ってみました。 まずは、カタログスペックから「ARCREST」の優れた性能を見てみましょう。  ニコン独自のテクノロジーで、420nm~680nmの可視光域で片面設計値約0...
続きを読む
【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 2018年08月17日
今日の相棒は“SONY α7III ボディ+FE24-105mm F4 G OSS”です。 発売以来大人気のこのレンズを注文し「入荷しました」連絡を受けて早速撮り初めの撮影散歩に行って来ました。 みなさまもご存じの通り、今年の夏はとにかく暑い! 連日の「体温以上」の予報を見て今日は無事に過ごせるのだろうか?との疑問と、やっと来たレンズを早く試したい!!の一心で少しでも暑さから逃れられる・・であろう信州に進路を決めハンドルを握ります。 東名⇒圏央道⇒中央と順調に流し目的地の清里に到着。クル...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]