Select Language



Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED


Nikon D800


35mmフィルムサイズのデジタル一眼レフとしては最高画質を誇る3630万画素という驚愕のスペックを引き下げて「Nikon D800」が発売されました。
実際に撮影して驚くのはその解像力。ガラスの映り込みやタイルの細かい模様までしっかり確認することができます。D700と比べ約3倍も増加した解像力はその精細さから、より細かな階調を表現し、一目でシャープ感が増したと感じる画質です。

Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

これだけの高スペックをD700譲りのコンパクトなボディに納めたのも凄いと感じます。肉厚になったグリップは中指の掛かりがよく、握りやすさが向上しておりアクティブに撮り回す事ができます。中判デジカメ並の解像力を持つカメラをこれだけ自由自在に動かせるというのは大きな魅力です。当初はブレがさらに目立つようになるのではと心配しましたが、ホールディング性が向上したおかげか、その心配は杞憂に終わりました。

Nikon D800 焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:6400 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

さすがにISO6400ともなるとノイズによるざらつき感が目立ち初め質感描写の低下が見られましたが、それでもモアレや偽色は見られず画像処理能力の高さも伺えます。

Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 露出補正:+1.33ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

豊富な階調表現で明暗の差がより滑らかに、そして本当に細部まで読み取ることができます。

Nikon D800 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

シャープ感が増した描写はボケの奥行きも際立たせ、より立体的な画になりました。

Nikon D800 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:400 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

大きさになったデータ量の影響で、連写速度も約4コマ/秒に抑えられたものの約50MBのRAWデータの書き込みは意外とスムーズ。AF性能の向上もあって動体の撮影でも充分活用できると感じました。

Nikon D800 焦点距離:300mm相当 (DXクロップ撮影)/ 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

さらにクロップ撮影でもこの解像力。APS-CサイズのDXフォーマットを選択しても約1500万画素の解像力を発揮します。データ容量を抑えることで秒間最高約6コマ/秒の連写も可能になり、スポーツ撮影などの高速連写が必要な撮影にも十分に対応してくれます。そのスペックは「D7000」に酷似しており、D800はD7000を内蔵してしまったとも言えます。今まであまり利用する機会の少なかったクロップ撮影ですが、これならどんどん活用していきたいと感じる高画質です。DXフォーマットでしか使えない魅力的なレンズも多々あり、撮影の幅を広げる意味でも大きな武器になりそうです。

1台で2台分の活躍をしてくれるというNikonの新しい高精細機はコストパフォーマンスにも優れた魅力あるモデルとなりました。


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Nikon D800 +AF-S 24-70mmF2.8G ED +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII



Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:158票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |