Select Language



Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED


Nikon D800


35mmフィルムサイズのデジタル一眼レフとしては最高画質を誇る3630万画素という驚愕のスペックを引き下げて「Nikon D800」が発売されました。
実際に撮影して驚くのはその解像力。ガラスの映り込みやタイルの細かい模様までしっかり確認することができます。D700と比べ約3倍も増加した解像力はその精細さから、より細かな階調を表現し、一目でシャープ感が増したと感じる画質です。

Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

これだけの高スペックをD700譲りのコンパクトなボディに納めたのも凄いと感じます。肉厚になったグリップは中指の掛かりがよく、握りやすさが向上しておりアクティブに撮り回す事ができます。中判デジカメ並の解像力を持つカメラをこれだけ自由自在に動かせるというのは大きな魅力です。当初はブレがさらに目立つようになるのではと心配しましたが、ホールディング性が向上したおかげか、その心配は杞憂に終わりました。

Nikon D800 焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:6400 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

さすがにISO6400ともなるとノイズによるざらつき感が目立ち初め質感描写の低下が見られましたが、それでもモアレや偽色は見られず画像処理能力の高さも伺えます。

Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 露出補正:+1.33ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

豊富な階調表現で明暗の差がより滑らかに、そして本当に細部まで読み取ることができます。

Nikon D800 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

シャープ感が増した描写はボケの奥行きも際立たせ、より立体的な画になりました。

Nikon D800 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:400 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

大きさになったデータ量の影響で、連写速度も約4コマ/秒に抑えられたものの約50MBのRAWデータの書き込みは意外とスムーズ。AF性能の向上もあって動体の撮影でも充分活用できると感じました。

Nikon D800 焦点距離:300mm相当 (DXクロップ撮影)/ 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

さらにクロップ撮影でもこの解像力。APS-CサイズのDXフォーマットを選択しても約1500万画素の解像力を発揮します。データ容量を抑えることで秒間最高約6コマ/秒の連写も可能になり、スポーツ撮影などの高速連写が必要な撮影にも十分に対応してくれます。そのスペックは「D7000」に酷似しており、D800はD7000を内蔵してしまったとも言えます。今まであまり利用する機会の少なかったクロップ撮影ですが、これならどんどん活用していきたいと感じる高画質です。DXフォーマットでしか使えない魅力的なレンズも多々あり、撮影の幅を広げる意味でも大きな武器になりそうです。

1台で2台分の活躍をしてくれるというNikonの新しい高精細機はコストパフォーマンスにも優れた魅力あるモデルとなりました。


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Nikon D800 +AF-S 24-70mmF2.8G ED +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII



Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:160票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |