Select Language



Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100


Canon EF40mm F2.8 STM


「EF40mmF2.8 STM」はEFレンズ初のパンケーキレンズ。厚み22.8mm、重さ約130gはもちろんEFレンズの中で最薄・最軽量です。実際に手に取ってみても驚くのはその小ささです。ボディに装着してもレンズ自体の重さを感じることはなく、例えるならボディキャップと同じ感覚。機材を重くしたくない街撮りスナップなどに最適な1本と言えるでしょう。
ステッピングモーターを採用したオートフォーカスは駆動音も小さく、僅かに伝わる「ツー」という振動は今までの一眼レフのレンズとは明らかに違う物だと感じさせられます。


Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100

このレンズは性能評価に使われているMTF曲線のスコアーが高いことも注目されています。実際に撮影しても、コントラストが高くヌケの良い描写を見せてくれました。


Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100

Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100

フィルター径は52mmと大きいものの、実際のレンズ部分はかなりコンパクト。周辺光量の低下が気になりますが、F4〜F5.6位まで絞ればとても自然な描写になります。
さすが最新レンズと思わせるクリアな画像は明暗をしっかり捉え、質感をしっかり伝えてくれます。


Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100

Canon EF40mm F2.8 STM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100

駆動音も大きさもとても小さなレンズは、価格もコンパクトに収まってくれました。コストパフォーマンスにも優れた軽くて使い勝手の良い単焦点は、パンケーキの名にふさわしい美味しいレンズ。常に携帯しておきたいレンズです。

Canon EF40mm F2.8 STM


Photo by MAP CAMERA Staff
使用機材:Canon EOS 5D Mark II +Canon EF40mm F2.8 STM


Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:176票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |