Select Language
FUJIFILM XQ1 絞り:F3.2|シャッタースピード:1/320秒|ISO:400|露出補正:+1.3|使用機材:FUJIFILM XQ1

FUJIFILM XQ1

富士フイルムの新しいX、「XQ1」が登場した。XQ1はこれまでのコンパクトXシリーズの中でもシンプルな外観をしているため、ボディー前面のコントロールリングがデザインのアクセントとなっている。Xシリーズのなかでもコンパクトなボディーとなっており(幅100mm × 高さ58.5mm × 厚さ33.3mm)いつも身につけておきたくなるサイズ感を実現している。重さは約206g、大画面化された最近のスマートフォンは150gを超える機種も増えているので、普段持ち歩く物としてのXQ1の軽さのニュアンスが伝わるだろうか。

ボディーカラーは透明感と高級感漂うシルバーと、レトロなテイストを盛り込んだブラックの2種類。単なるカラーバリエーションだけではなく、それぞれのカラーの個性を引き立たせる作り込みがなされている。
ボディーは小さいが、前面のコントロールリングをはじめ上面の撮影モードダイヤル、背面のダイヤル式のコントローラーなどカメラ操作のためのインターフェイスは充実している。


FUJIFILM XQ1 絞り:F1.8|シャッタースピード:1/60秒|ISO:160|露出補正:-1.3|使用機材:FUJIFILM XQ1



FUJIFILM XQ1 絞り:F4.9|シャッタースピード:1/125秒|ISO:400|露出補正:0|使用機材:FUJIFILM XQ1



FUJIFILM XQ1 絞り:F3.6|シャッタースピード:1/900秒|ISO:100|露出補正:0|アドバンストフィルター:ダイナミックトーン|使用機材:FUJIFILM XQ1


コントロールリングには、オーソドックスに露出補正を割り当てることで、撮影者の感性で写真の仕上がりを調整可能だ。とはいえ折角デジタルカメラなのだから、コントロールリングにはホワイトバランスを設定してみるのも面白い。狙ったイメージを再現するためにホワイトバランスをあわせる、時には実験的にホワイトバランスを変えて色作りをするなど、感覚的に操作できるの点がXQ1の良いところだ。様々な機能が割り当てられるコントロールリングの使い方は自由自在だ。
コントロールリングは削り出しの金属で、独特の手触りと滑らかな回転で撮影者の意図にしっかりと応えてくれる。その他、背面に設けられた「E-Fn」ボタンが便利だと感じた。ボタン数少ないカメラの場合撮影設定の変更は、メニューボタンや専用のクイック設定ボタンを押して設定変更を行うケースが多いが、XQ1はこのE-Fnボタンを押しモニターに表示される設定項目ボタンで設定変更へ素早く移行できるのだ。


FUJIFILM XQ1 絞り:F1.8|シャッタースピード:1/800秒|ISO:100|露出補正:-1.7|使用機材:FUJIFILM XQ1



FUJIFILM XQ1 絞り:F3.2|シャッタースピード:1/280秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:FUJIFILM XQ1



FUJIFILM XQ1 絞り:F4.9|シャッタースピード:1/180秒|ISO:100|露出補正:-0.3|使用機材:FUJIFILM XQ1


レンズは35mm判換算25-100mmで開放F値はF1.8-4.9と明るい「フジノン光学式4倍ズームレンズ」を搭載する。手ブレ補正は望遠撮影時に効果がわかる光学式だ。F1.8という明るく高画質なのはレンズだけではない。このレンズの良さを引き出すことが可能な、ローパスレス構造の「X-Trans CMOS II」センサーというパッケージングでしっかりとフォローする。
イメージセンサーは、ハイエンドコンパクトデジタルカメラに搭載されている1/1.7型より一回り大きい2/3型を搭載している。センサーサイズの大きさからくる自然な描写が特徴となっている。さらに画素数も無理のない1200万画素に押さえることで、実用性と高画質を両立している。ISO感度は最大ISO12800まで対応、さらにISOオート設定でもISO3200の高感度に自動対応するため使い勝手が良い。


FUJIFILM XQ1 絞り:F4.9|シャッタースピード:1/45秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:FUJIFILM XQ1



FUJIFILM XQ1 絞り:F2.5|シャッタースピード:1/280秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:FUJIFILM XQ1



FUJIFILM XQ1 絞り:F1.8|シャッタースピード:1/750秒|ISO:100|露出補正:-1.3|使用機材:FUJIFILM XQ1


光の入り口となる高画質なレンズとイメージセンサーからの出力は、シーン設定やアドバンストフィルターといった絵作りやだけではなく、フィルムメーカーでもある富士フイルムならではの「フィルムシミュレーション」でイメージを再現する。もちろんイメージセンサーのデータをそのまま記録したRAWデータによる記録も可能だ。あとからじっくりと絵作りをしたいという使い方にはRAWでの記録をオススメしたい。


FUJIFILM XQ1


XQ1は、スナップカメラとして楽しむための機能がぎっしりと詰まったコンパクトデジタルカメラだ。すぐにピタッとピントが合うイメージセンサーに搭載された位相差AFと、自然なボケが楽しめる明るいレンズで作品撮りにも使える満足度の高いパートナーとなるだろう。

Photo by MAP CAMERA Staff


Kasyapaトップへ戻る"

[Category: FUJIFILM|掲載日時:2013年11月21日 10:00:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!153票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む