Select Language

SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY NEX-5N + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8


"Carl Zeiss"社のミラーレス・カメラ用の新ラインナップとして発売された"Touit"シリーズ。言わずと知れた銘レンズを多数ラインナップしている当社だけにその人気は非常に高いが、広角単焦点のディスタゴン、標準大口径のプラナーに続いて今回新しくラインナップされたのが望遠接写レンズのマクロプラナー、『Touit 50mm/f2.8』である。35mm判換算で75mmのF2.8とくれば、マクロプラナーとしてはおなじみのスペック。愛用者も多く、評判も良いレンズだけに今回も大いに期待してしまう。

まずはスナップから、NEX-5Nとクロップモードのα7Rで撮影を行った。安定した描写は一目でお分かり頂けるだろう。雪は反射が強く難しい被写体だが、さすがZeissのT*コーティングのお陰か非常にクリアでヌケの良い描写だ。マクロレンズとはいえ、望遠撮影が苦手という訳ではない。万能性のあるレンズだ。




SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY NEX-5N + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8

少し近接してのカット。前ボケ、後ろボケともに素直でピントの合った被写体をうまく演出してくれる。




SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:1600 / 使用機材:SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8


最短、開放では少々ボケすぎと思われるほど、その被写界深度は薄くなる。これも強い逆光での1枚だがコントラストも高く、マクロ域でも発色は鮮やかだ。全域にわたって描写力は安定しているので安心して撮影に臨めるだろう。




SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:2000 / 使用機材:SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8

少し遠く、の被写体でもコントラストとボケの良さが際立つ。無機質な被写体でもシャープでクリアなその描写はさすが"Carl Zeiss"社の面目躍如だろう。




SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:1600 / 使用機材:SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8






SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:800 / 使用機材:SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8

遠景のガラスのつややかな質感や、トーンの連続も美しい。薄暮の色合いも実に美しいものだ。




SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:1600 / 使用機材:SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8

こうしたシーンで、やはりボケの素性の良さは生きてくる。しかしピント面はハッとするほどシャープで緻密な描写である。撮影者の手抜きで載ってしまった風防の上の小さなホコリまで、白日の下にさらしてしまう解像度だ。




SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY NEX-5N + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8

そうした緻密な描写はポートレート等でも生きてくるに違いない。人物の風になびく髪の、柔らかな1本1本まで描き出す。




SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1800 / 使用機材:SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8






SONY α7R + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY NEX-5N + CarlZeiss Touit 50mm/f2.8

自然の造形を見いだすにも、マクロレンズは一役かってくれる。身近なシーンにも思いがけない光景が潜んでいるものだ。






外観デザインはこれまでの"Touit"シリーズを踏襲したシンプルでモダンなデザイン。どんなボディにもしっかりとマッチする仕上がりだに、"Carl Zeiss"のロゴが誇らしい。ミラーレス・ツァイスレンズの魅力を更に広げる新しい1本、『Touit 50mm/f2.8』の登場である。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る






[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2014年02月12日 12:15:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!138票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む