Select Language



Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II


キヤノンから画質に拘った新しい"PowerShot"が登場する。『PowerShot G1X MarkII』、プロや業務用途でも評価の高いGシリーズの最新作はCP+2014でもお披露目されていたが、大型センサー搭載と新開発のレンズ、そして高解像度のEVFが大きなポイントだ。外装の仕上がりも剛性感が有り、手にするとしっかりとした存在感が有る。まずはその描写をご覧頂ければと思う。

少々絞り込んでの撮影、広角端での撮影だが四隅までかなりしっかりと解像しているのが分かる。ほぼ逆光の強い照り返しの中での撮影だったがフレアもほとんど見られないのは優秀だ。


Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:3200 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II

ISOを3200まで上げているが…いや、これには驚いた。ほとんどノイズが見られない描写である。ExifデータでISO3200と見た時には本当かと目を疑ってしまった。うるさく言えば少々ダイナミックレンジが狭まっているのと暗部にノイズが微かに見えるが、しかし見事としか言いようが無い高感度特性だ。これはISO3200も常用感度として積極的に使って行ける写りだろう。




Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F3.9 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:320 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II


11群14枚構成のレンズと聞いた時には、どれほどキヤノンがこのカメラに力を注いでいるのかが伺える思いだったが、実際に撮影してみると確かにその力は発揮されている。35mm判換算で24mmから120mmと使い勝手の良い画角をしっかりとカバーしており、それでいてレンズと画質に無理が感じられないのはさすがである。どことなく余裕すら感じるのはレンズとボディをしっかりマッチングさせている事も有るのだろう。渋い発色の被写体も、そのままシブく表現してくれるのは嬉しい。




Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:3200 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II

アンダー目に、モノクロームで撮影しても暗部のデータがちゃんと残る。それでいてこちらもISO3200だ。高感度ではトーンに無理が出やすいが、ここまで粘ってくれれば言う事は無い。




Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II






Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F3.9 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:640 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II






Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:320 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II

個人的に大いに魅力を感じたのは外付けのEVFファインダーだ。青みを感じさせない綺麗なホワイトバランスと、ちらつきの少なさがとても魅力的な完成度の高いファインダーである。実際、逆光時などでは積極的に使用したが、EVFもここまで来たかと思わせるファインダーで撮っていて気持ちがよいものである。




Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F3.9 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:640 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II

背面液晶はバリアングルのタッチパネル方式。フォーカスポイントを簡単に変えられるのは便利である。狙った所にピンポイントで、しっかり絞り込まれてくれるのが便利だ。




Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II

望遠端で、ビルの窓ガラスまでしっかりビシッと決まる。細かい部分まで本当に綺麗に描くカメラである。




Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II






Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II






Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F3.9 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:500 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II






Canon PowerShot G1X Mark II 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:250 / 使用機材:Canon PowerShot G1X Mark II








レンズ外周に配されているデュアルコントロールリング。その名の通り2重のクリック感のある後部リングとスムーズな回転をする前部リングに分かれているが、ここにF値や露出補正等を割り当てると格段に使い勝手が良くなる。全体としてコンパクト機としては少々大柄であり、重量も決して軽いボディではない。しかしその充実した機能と使い勝手、そしてカメラとしての完成度の高さは一眼機と張り合う程の、メイン機材としての資格を十分持ったボデイだろう。レンズとボディがトータルで練り上げられた完成度の高い1台である。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る







カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:165票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

FUJIFILM X-T30 517:小さな巨人『FUJIFILM X-T30』 2019年03月20日
焦点距離:35mm(35mm換算:53mm)/ 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:160 / 使用機材:FUJIFILM X-T30 + XF35mm F1.4 R FUJIFILMX-T30 今回のKasyapaは富士フイルムから発売された「X-T30」を紹介いたします。 昨年9月に発売されたX-Tシリーズのフラッグシップ機である「X-T3」と同じ、新開発の第4世代の新イメージセンサーと画像処理エンジンを小型軽量ボディに搭載。携帯性に優れ高画質が楽しめるという、なんとも欲張りなモデル。 筆...
続きを読む
RICOH GR III 516:GRの魔力『RICOH GR III』 2019年03月15日
絞り:F14 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 使用機材:RICOH GR III RICOH  GR III デジタル技術の進歩により、カメラの形や存在も大きく変わった現代。その中で変わらないコンセプト、変わらないアイデンティティを貫き通すカメラが存在します。今回のKasyapaは、カメラ好きなら誰しもがその名を知るGRの新モデル『RICOH GR III』のご紹介です。 フィルムカメラ時代より数々のプロカメラマンも愛用してきたGRシリーズ。その存在を...
続きを読む
Canon EOS RP 515:必要なものだけをよりコンパクトに『Canon EOS RP』 2019年03月15日
焦点距離:35mm / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF35mm F1.8 MACRO IS STM CanonEOS RP キヤノンから第二のフルサイズミラーレス一眼カメラ『EOS RP』の登場です。 ソニーやニコン、そしてまもなく発売されるパナソニックもフルサイズミラーレス機のスタートは、ほぼ同じデザインの筐体に画素数の異なる2モデルを同時発表というスタイルでした。一方キヤノンはまず、オンリーワンとなる「EOS R」販売後...
続きを読む
PENTAX HD DA*11-18mm F2.8 ED DC AW 514:DA広角レンズの完成形『PENTAX HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW』 2019年03月02日
焦点距離:14mm(35mm換算:21mm)/ 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/6000秒 / ISO:400 / 使用機材:PENTAX KP + HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW PENTAXHD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW 今回のkasyapaでご紹介するのは、PENTAXブランドをその身に宿し、2019年、満を持して新たに展開されたDAスターレンズ。その名も、『PENTAX HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW』です。 11-18mmという焦点距離は、35mmフルサイズ換算で17-27.5mm相当の画角となります。最...
続きを読む
SONY α6400 513:また一歩、上位モデルに近づいた『SONY α6400』 2019年02月24日
焦点距離:31mm(35mm換算:46mm)絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6400 +E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SONYα6400 SONYから新しいAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ『α6400』が発売されました。フルサイズミラーレス一眼カメラの最先端技術を小型ボディに凝縮したという「α6400」は、お出掛けのお供に最適な1台です。 間も無く平成も終わりを迎えようとしています。移りゆく時代の中で、その時代に活躍した...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |