Select Language

ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50

ZEISS Loxia 50mmF2

SONY α7シリーズユーザーには待望のフルサイズセンサー対応Eマウントレンズ『Carl ZEISS Loxia 2/50』の登場です。
すでにSONYブランドで焦点距離の近い「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」が発売されていますが、Loxiaは何と言っても銘レンズとしても名高い「Planar」銘のレンズ。
プラナーファンにはたまりません。銘玉プラナーと高精細α7シリーズとの組み合わせはいかに。早速撮影に出掛けてきました。

一瞬の晴れ間の力強い日差しに露出設定を悩まされましたが、暗部側に合わせても白トビすることのない力強い描写です。コントラストの高いZEISSらしさが瞬時に伝わります。


ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50


ミラーレス構造のα7はマウントアダプターを介せば、沢山のレンズを使用することができます。
もちろんその中にはZeiss Planarレンズも含まれており、すでにその美しい描写を堪能するが可能でした。それでもあえて「Loxia」の魅力はと問われれば、優れた操作性があげられます。
電子接点を通じてF値データが記録されるのはもちろん、ピント合わせ時に電子ファインダーが瞬時にMF拡大表示に切り替わるのはとても便利です。
特に高精細機では厳密なピント合わせが要求される訳で、大きな回転角の滑らかなピントリングの使いやすさと合わせ重宝しました。
絞りのクリック感も最適です。さらにそのクリックは付属のピンでロックを解除することで無効化することができますから、動画撮影時でもなめらかなボケコントロールが可能になりました。
まさに4K画質を楽しむα7シリーズには最適なレンズと言えるでしょう。


ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50


自然な奥行感を演出する程よく柔らかなボケ味です。
周辺減光もほとんど感じられない描写はさすがプラナーと納得させられます。


ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50


少しアンダーぎみにすると、より階調の深さが感じられます。白鷺の羽の様子もしっかり伝わってきます。


ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50



ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50


多くの人で賑わう浅草寺。高い描写力からにぎやかな声が聞こえてきそうです。
常香炉から立つ線香の煙の様子もしっかり捉えています。


ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50



ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50


光源ボケも綺麗です。光量が少ない中でも柔らかな炎の様子をしっかり伝えています。
隅々まで安定した高い描写力から、今にも消えそうな右端のロウソクの様子もしっかり確認できました。


ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50


Zeissらしい鮮やかな発色です。
皆様も一度は目にした事があると思われる有名な巨大提灯をご覧いただければ、その高い色再現性をご理解いただけると思います。


ZEISS Loxia 50mmF2 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +ZEISS Loxia 2/50


さすがα7シリーズ用に設計されたレンズだけあってカメラの性能を存分に引き出してくれます。少し離れたスカイツリーの細部まで捉える高い解像力には驚きました。


ZEISS Loxia 50mmF2


重さ350gと「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」と比べ少し重くなったものの、高級感ある金属製鏡筒はコンパクトにまとまっており、コンパクトなα7に装着してもバランス良さを感じます。
持ちやすいサイズ感に加え高い描写性能と優れた操作性は、シーンを選ばず様々なシチュエーションで活躍してくれることでしょう。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

[Category: Carl Zeiss & Voigtlander|掲載日時:2014年10月16日 12:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!152票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む