Select Language



SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:320 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD


SIGMAよりContemporaryシリーズ『C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM』が新しくラインアップされました。
高倍率ズームレンズは近年描写力の進化が目覚ましく、APS-C機ユーザーから絶大な支持を得ているジャンルです。その理由はコンパクトながら広角から超望遠まで1本のレンズで撮影ができ、本レンズも35mm判換算で約28~450mmまでカバーできます。 「レンズの画質水準を刷新する」と謳う実力はいかに。さっそく試写へ向かいました

SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


1枚目、2枚目共に発色・コントラストも良好な描写です。秋を感じさせる葉の赤も、気持ちのいい青空も本レンズでは美しく写真に残す事ができます。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


撮影で外に出かけた際、とっさに望遠が効くレンズというのは大変便利です。木の実をついばむ野鳥も300mm側で捉える事が出来ました。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


バイクのタンクに美しく反射する空と金属の光沢感が見事に表現されている1枚です。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:250 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


高速シャッターで吹き上げる水の柱を撮影しました。気泡の一つ一つまで見える高い解像力です。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


本レンズの望遠側は高倍率ズームとは思えないくらいクリアな描写性能です。キラキラと輝く水面と背景のコンテナ船との明度を対比させるように撮影しました。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


船体に反射する夕日の微妙な色合いも再現してくれました。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


本レンズの最短撮影距離は39cmです。望遠側で撮影すればF6.3ながら美しいボケを生かした撮影も可能です。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


最も目を見張ったのがこの写真です。本当に高倍率ズームで撮影したのかと疑うほどの描写力で、ビルの最上部まで線が潰れずシャープに写し出されています。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


夕日に照らされて回る観覧車。条件を選ばずクリアな写真を撮る事ができるレンズです。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:125/ 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


本レンズに内蔵された手ぶれ補正OS機構は約3.5段分の効き目があり、低速シャッターを必要とするシーンでは大きく力を発揮してくれます。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 70D + SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


東京タワー上部を最大望遠で撮影。鉄骨の一本一本まで写し出す本レンズの実力は非常に高いものだと感じました。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


今回『C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM』に合わせ、新たなクローズアップレンズ『AML72-01』も発売されました。 もともと最大倍率1:3という近接撮影に強い本レンズですが、この『AML72-01』を装着すると撮影倍率を1:2にすることができます。 これはハーフマクロとも呼ばれる倍率で高倍率ズームながら本格的なマクロ撮影も楽しむ事ができます。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


まずは通常の倍率1:3での撮影。被写体には新発売された『SIGMA dp1 Quattro』を選びました。 レンズ枠には非常に細かなラインが入っており、それをどこまで再現してくれるか試してみました。 通常のままでも優秀なマクロ性能です。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


続いてクローズアップレンズ『AML72-01』を装着し撮影しました。 撮影倍率が1:2まで上がったのはもちろんですが、驚きなのはその描写性能です。ピント面の解像力は非常に高く、ボケ味も自然でクローズアップレンズを使用しているとは思えない写り味です。


SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM




SIGMA C 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

撮影を終えて率直に思った事は、私が使用した高倍率ズームレンズの中でここまで写るレンズは初めてでした。 よく「便利ズーム」という言葉で例えられますが、本レンズは便利という言葉を超えた描写性能で死角がないレンズのように感じます。 開放F値が3.5−6.3と決して明るいレンズではありません。しかし昼間の撮影で被写体をシャープに写したいという事なら本レンズはシーンを選ばず活躍してくれることでしょう。 SIGMAの技術力に改めて感心してしまった1本でした。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:136票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |