Select Language




Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:200mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR

Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR

ナノクリスタルコートとスーパーEDレンズの両方を採用したニコン「AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR」は、鮮明な画像に拘ったレンズです。
超望遠ズームと聞くとスポーツ写真等をイメージしがちですが、今回はあえて「D810」でスナップ写真に挑戦してみました。
スナップ撮影には不向きのズシリとくる1570gのレンズに一瞬、躊躇いもありましたが描き出されたクリアーな画像には苦労の甲斐があるというものです。

小さな川沿いに続く桜並木を横切る列車。望遠レンズによる圧縮効果と大きなボケが手前の花を綺麗に引き立てます。
大きなボケの中でも列車の運転手さんのシルエットがしっかり残る高い解像力にも驚きます。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:80mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


スポーツ以外にも野鳥など撮影に最適な超望遠ズームは質感描写に優れています。
お寺の境内に置かれていた番傘の和紙の質感はもちろん、竹骨の細かな節まで綺麗に捉えているのが分かります。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:400mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


淡い色の桜は、白に偏る傾向があるデジカメ泣かせの被写体ですが、背景の色を意識する事で綺麗な色を再現することができます。
ナチュラルな発色のニコンのカメラは、その高い解像力と合わせて花びらの質感を美しく再現してくれました。
本来なら試写体にもっと寄って撮りたかったシーンですが、最短域まで離れての400mmの寄せでの画は水面の反射も含め驚くほどシャープです。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:100mm / 絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


逆光で捉えた噴水の水しぶきも綺麗に捉えています。
ファインダーを覗くのも厳しいシーンでしたが、フレア、ゴーストのないクリアな画は、さすがナノクリスタルコートと言ったところでしょうか。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:330mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


前後のボケもなだらかで、圧縮効果の中でもしっかり奥行きを感じることができます。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:165mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


高い色再現と精細感ある描写は、路地に置かれた小さな植木からでも風情を感じさせてくれます。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:290mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


余裕ある望遠域は動物に警戒心を与えないので、より自然な様子を切り撮ることができました。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:280mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


花散しの雨が降り一気に寒くなった日、冷たい空気感を感じさせるクリアな描写は、桜を撮り入れてもその日の寒さをしっかり思い出させます。
常香炉の薄い煙からもその解像力の高さが伺えます。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:400mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


今度はよりレンズが得意そうな被写体を求めて競馬場へ。
昨今では、フルサイズのデジタルカメラだけでも用途別に選べるほどの製品がカメラボディが豊富にラインナップされています。案の定周りのカメラマンは皆連写速度の速いカメラばかり。凄まじいシャッター音に少し気後れもしましたが、補足性の高いAFを搭載した「D810」の使い勝手に不便さは感じません。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:400mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


馬の動きに合わせて構図を変えるシーンではもちろん手持ち撮影です。
レンズの優れた手ブレ補正機能もありますが、「D810」の衝撃を抑えたミラーバウンサーとあいまって、ブレの無いシャープな画を切り撮ってくれました。より鮮明に写し出された画からは、躍動する馬の筋肉はもちろん細かな芝の様子まで見ることができます。

オートフォーカスも素早くボディとレンズの相性の良さを感じます。目の前を横切り後ろ姿になるまでしっかり捉え続けてくれました。
素早く静粛性に優れオートフォーカスはシャッターのタイミングを計る際、近づく馬の足音をしっかりと聞き分けることができました。決定的瞬間を撮る際、集中力を極限まで高める事ができるよう配慮されたレンズと感じました。


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR 焦点距離:400mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR


Nikon D810 +AF-S80-400mmF4.5-5.6G ED VR

カメラ、レンズのバリエーションが豊富にあると、それぞれの用途を勝手に決めてしまいがちですが、今回不向きと思っていた「D810」と「AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR」でスナップ撮影を体験してその考えを改めざるを得ませんでした。「AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VR」はオールマイティーな望遠ズーム。
重さなど気にせずあらゆるシーンで使って頂きたい1本です。

Photo by MAP CAMERA Staff









Kasyapaトップへ戻る"



カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:111票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |