Select Language



FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR
FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR


ポートレートレンズと言えば大口径の85mmがメジャーなところですが、それよりさらに望遠となる135mmレンズも忘れてはならない存在です。今回のKasyapaはXマウントの新レンズ『FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR』をご紹介したいと思います。
人物撮影やスポーツ撮影などに適している本レンズは35mm判換算で137mm相当の焦点距離とF2の明るさを持っています。135mmは古くからある単焦点レンズの長さですが、使いどころが難しいイメージがあり実際に使用した事のある方は少ないかもしれません。しかし85mmより強く掛かる圧縮効果と深いボケ味は「135mmじゃないと撮れない表現」があると言われ、一度その魅力にハマってしまうと無くてはならない1本となる画角です。実は私も前者の方で、難しい画角の印象からあまり使用した事がない焦点距離だったのですが、今回『XF90mm F2 R LM WR』の試写をしてそのイメージが変わりました。では早速写真を見ていきましょう。

FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR


一枚目、二枚目共に開放からピントの立ちは良好でシャープネスも高いのですが、画に固い印象を受けないのはポートレート撮影を意識した描写傾向にしているのかもしれません。フワフワしすぎないボケ味とのバランスもいいですね。情景の中で被写体が浮き立つ印象を受けます。


FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/120秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR


街中での一枚。135mmらしい圧縮効果が感じられるストリートショットです。 『XF90mm F2 R LM WR』で撮影をしていて気づいたのは「遠くの物を大きく撮る」のではなく「被写体の要点を絞り、切り抜く」ということ。被写体と程よい距離で撮影ができるのでスナップレンズとして使用しても面白いですね。


FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR





FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/55秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR
FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR

キラリと光るピアスにフォーカスしてみました。近距離だとピントの薄さとボケの深さが際立ちます。そして135mmを使用している方はお気づきかもしれませんが、本レンズは結構寄れます。一般的な135mmレンズは最短90cmくらいだと思うのですが、『XF90mm F2 R LM WR』は最短60cmから撮影ができます。これはAPS-C機ならではのメリットですね。寄れる事で本レンズの使いやすさが向上しているとも言えるでしょう。


FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR





FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:800 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR


よく135mmはピント合わせにシビアだと言われますが、今回ボディに使用したX-T1は狙いを外す事無く正確にピントを合わせてくれました。そしてAFも想像以上に早いです。新開発のクアッド・リニアモーターを搭載した事により最速0.14秒というAFスピードを実現。大口径レンズながらキビキビと動くAFはもたつく事無く意のままにピントを合わせてくれます。


FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/3500秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR


開放での無限遠撮影。奥の横断歩道を狙って撮影したのですが、解像力が非常に高いですね。近接撮影時とは違う一面を見せてくれる描写です。


FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/550秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR





FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/170秒 / ISO:400 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR


金属部分の艶やかな質感表現が見事。柔らかなボケ味がよりフォーカス部の立体感を際立たせます。


FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR 絞り:F2 / シャッタースピード:1/2700秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-T1 + XF90mm F2 R LM WR


走り去る自転車が日陰の切れ間を通った瞬間をシャッターに納めました。一瞬を逃さないAFスピードはスポーツ撮影にも向いている瞬発力を持ったレンズです。


FUJIFILM XF90mm F2 R LM WR


『XF90mm F2 R LM WR』はフォーカス部の美しさと滑らかなボケ味が絶妙な一本でした。初めは苦手意識のあった画角でしたが、使ってみるとイイですね。XF56mmより一歩踏み込んだ構図が求められるレンズです。540gの重量はX-T1と組み合わせた時のバランスも良く、取り回しも抜群。長過ぎない全長はとてもホールドしやすいので低速シャッター時でもブレずに撮影する事ができました。
本レンズは今まで135mm(35mm判)の画角を使った事の無い方にも是非試していただきたい1本です。中望遠の画角が好きな方でしたらすぐ慣れると思いますよ。しかもXF56mmよりも最短撮影距離が短いので思いのほか撮影シーンの自由度が高いです。
この『XF90mm F2 R LM WR』で素敵な夏の思い出を残してみてはいかがでしょうか。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: FUJIFILM   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:151票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

SONY FE600mm F4 GM OSS 529:プロフェッショナルに必要とされる超望遠『SONY FE600mm F4 GM OSS』 2019年08月02日
絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α9 + FE 600mm F4 GM OSS SONYFE600mm F4 GM OSS ソニーより待望の大口径超望遠単焦点レンズ『 FE 600mm F4 GM OSS』が登場しました。 本レンズの発表時、ソニーの担当者から「弊社はカメラセンサーの開発も並行して行なっているので、数年先のカメラを見据えてレンズ設計を行っている」と伺いました。数年後は何万画素になっているのだろう?と想像した矢先に6100万画素の「α7RIV」...
続きを読む
TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |