Select Language



SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F8/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2
35mm判フィルムカメラが誕生して約100年、カメラにとって『小型化』というのは永遠テーマかもしれません。今回のKasyapaはコンパクトデジタル機のサイズに4240万画素フルサイズセンサーを収めた『RX1RM2』をご紹介します。画素数を聞いてピンと来た方もいらっしゃるかと思いますが、『RX1RM2』の小さなボディの中には昨年8月に登場した『α7RII』と同じCMOSセンサーとAFシステムを搭載した弩級のスペックを誇るコンパクトデジタル機です。さらに今回はボディ内に新開発のポップアップ式ファインダーも内臓しているということですから、機械設計に詳しくない私でも「よくこのボディサイズにこれだけの物を詰め込めたものだ」とその技術力に驚きました。撮影性能に関しては高画質で評判の良い『CarlZeiss Sonnar 35mm F2 』の単焦点レンズを先代より継承。ローパスレスにより高解像力はもちろん、撮影条件によってローパスフィルター効果を調節できる、光学式可変ローパスフィルターを世界初で搭載している点にも注目です。「写真を撮る」ということにより特化したカメラとなった『RX1RM2』、その性能を確かめるべく早速試写へと向かいました。
SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F4/ シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


まず使用して感じたのは、小さなボディサイズからは想像のできない超高画質な写真が撮れるカメラだということ。久々にRX1シリーズを触ったこともあると思いますが、こんなに小さかったっけ?と思ってしまうほどコンパクト。クッションポーチに包み、普段使いのトートバッグにメモ帳などと一緒に入れて試写を行ったのですが、サッと取り出してシャッターを切ればフルサイズ機らしい広いダイナミックレンジと4240万画素の超高解像の画を出してくれます。ポプアップ式ファインダーも非常にクリアで見やすく、倍率も高いので覗いていて違和感がありません。付属のアイピースもいいですね。ファインダーを覗く目に周りの景色や光が入ってこないので撮影に集中することができます。試写中に思わず「このカメラすごいな」と手に持った『RX1RM2』をまじまじと眺めてしまいました。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


『RX1RM2』は近接撮影ができるのも魅力の一つ。レンズ鏡筒部分のマクロ切り換えリングを回すと最短撮影距離が0.3mから0.2mへと切り替わり最大撮影倍率0.26倍というマクロ撮影が可能になります。写り味はフルサイズ機らしいボケ味と重厚な金属の質感を見事に表現してくれました。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F4/ シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2





SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/20秒 / ISO:50/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2

どんなにカメラが好きでも、大きさや重さが理由で外出時にカメラを持ち出そうか迷うことがあると思います。そんな時は小さなサブ機を持ち出すのですが、「やっぱりメイン機をもってくればよかった・・・」と思うこともしばしば。その点からいうと『RX1RM2』は画質と小型・軽量を兼ね備えた、最強のカメラと呼べるかもしれません。単焦点レンズに慣れている方なら35mm単焦点レンズは、撮影距離に応じてなんでも撮れる万能画角。しかもクローズアップしたければ最短0.2mというマクロ機能もありますし、フルサイズ4240万画素を生かして大胆にトリミングすることも可能です。先代に比べ高感度性能も常用ISO感度100-25600、拡張ISO感度最高は102400と飛躍的に向上していますから、暗所や室内など手ブレが心配な条件でもシャッタースピードを下げ過ぎることなく撮影ができます。手のひらに収まるサイズでここまでの機能・性能を持ったカメラは他には無いでしょう。決して安くは無い販売価格ですが『RX1RM2』は現在発売されているデジタルカメラの中でも最高峰の性能を持ち、コンパクトというカテゴリーを超越した孤高の一台です。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


センサー性能を引き出すのはレンズ次第。搭載されているレンズ『Sonnar 35mm F2』はさすがZEISSレンズと思わせる高コントラストでキレ味のよい描写力を見せてくれます。ビル群の間から見上げた空と建物の細部まで見事に写し出しているのがわかります。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2





SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F2/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


絞り開放での描写は少し柔らかさを感じる線の出し方とこってりとした色味。ボケ味も滑らかでいいですね、バラの花びらの柔らかな印象をさらに引き立ててくれています。また、先代には無かった可動式液晶モニターもこうした近接撮影のアングルに役立ってくれました。高コントラストで122.9万ドットある液晶モニターはローポジションや手を伸ばして撮影するシーンに強い味方になってくれるはずです。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


季節は冬、傾いた日の光は影をとても美しく映してくれます。この写真は影が強調されるように露出を変えて撮影しました。一見すると樹木の影が黒一色に見えますが、現像すると表皮の細部まで写し出すとても広いダイナミックレンジに驚かされます。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


太陽を中央に構図した厳しい逆光での撮影。かなり強い光だったのですが、さすがT*コーティングを施したレンズ、フレアの発生は光源周辺のみに抑えられています。この写真も明暗の差が大きい条件だったのですが、共に画が破綻することなく階調豊かに表現してくれました。


SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX1RM2


『RX1RM2』の試写を終えて思ったのは、写真を撮る道具として純粋であり、そのコンセプトと設計がブレていないカメラだということ。日常でも旅先でも『写真にすべき瞬間』は突然やってくるものです。『RX1RM2』は常にカメラを持ち歩いても気にならないサイズ感と、シャターチャンスの時に直感的にわかる操作系、主張しすぎないボディは被写体へ1歩・2歩と踏み込むことができ、銘玉ZEISS・Sonnarレンズがその瞬間を切り取ってくれます。撮れる写真は高感度にも強く、階調豊かでありながら4240万画素の超高解像度フルサイズ画質。もうそれだけで最強のコンパクトカメラと呼べるのですが、『RX1RM2』はそれに加え内蔵したファインダーがとても良かったのが印象的でした。ガラスモールド非球面レンズ2枚と高屈折ガラスレンズ2枚の計4枚を使用した光学系のおかげで隅々までクリアによく見えるファインダーはその小ささを感じさせないクオリティーを実現しています。このファインダーの開発には相当な技術と費用を要しただろうと感じました。 焦点距離35mmは万能とはいえ、超広角や望遠レンズのような画は撮れません。しかし『RX1RM2』の取り回しの良さと圧倒的な描写力を活かせば、他のカメラでは撮ることのできない世界を切りとれるはずです。日々進化するデジタルカメラですが、改めてカメラという道具を考えさせられた1台でした。


Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: SONY   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:83票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |