Select Language

Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


Nikon AF-S 35mm F1.4G

スナップ撮影に最適なレンズとして人気の単焦点35mmレンズ。その人気を裏付けるかのようにニコンからも「AF」「MF」「DX」とバリエーション豊富にラインアップされています。今回はその中でもフラッグシップとも言うべき『Nikon AF-S 35mm F1.4G』で撮影に出かけてきました。

しっかりとした造りに反して600gと比較的軽量に抑えられたレンズは携帯性はもちろん、動く被写体の追随にも優れています。
水槽のガラス越しでも、被写体の質感としっかり伝えるあたりに、本レンズの高い性能ぶりが伝わってきます。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


年が明けて一気に寒さが増した今日この頃。寒さに比例して空気が澄んで、日差しの暖かさをより感じやすくなりました。
「ナノクリスタル」の金帯レンズは、この澄んだ空気感をしっかり捉えてくれます。一見夏の写真と勘違いしていまいそうですが、日差しの暖かさと冷たい風の様子がしっかり伝わってきます。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


広角レンズらしいワイド感と臨場感がバランス良く収まっています。開放F1.4での周辺減光は大きめ。カメラやソフトの調整で軽減できることを考えれば、これぐらい癖のある方が楽しく感じます。
大きな明暗差に気を取られがちですが、周辺まで高い描写力を披露しておりフラッグシップに相応しい極上の写りと言えましょう。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


最短撮影距離は30cm。F1.4の大口径と相まって蕩けるような大きなボケ味を楽しむことができます。
深い青空と水仙の白い花の輪郭は、ソフトフィルターをかけたかのようなフワフワな描写になりました。限界まで寄っての撮影だったため極端な写りになりましたが、この大きなボケこそF1.4の本レンズのみがなせる技と言ったところでしょうか。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


F2.8位から周辺減光が一気に改善しました。大きなボケ味は健在で猫の柔らかそうな毛並みが程よく強調されており、スナップレンズとしての使いやすさも伝わります。
慣れとは恐ろしいもので、最新の「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」の超高速AFを体感してしまうとAFにスピード感を感じませんが、静粛な作動音は遊ぶ猫に警戒心を与えることなく撮影できました。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F2 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


防塵防滴には触れていないニコンレンズですが、高級感ある金属鏡筒はプロの過酷な撮影に耐えうるしっかりとした造り。
水しぶきが舞う噴水側でも気兼ねなく撮影が楽しめます。



Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G



Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


薄暗い室内では大口径の威力を存分に味わうことができます。ゆっくりとは言え、動く被写体を高精細カメラで振れなく撮るには心強い限りです。
細い触手の質感もしっかり捉える高い描写力に、高精細カメラとの相性の良さも感じます。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


開放F1.4からのピント面のシャープさはさすがの一言。なだらかに広がる大きなボケからも薄いピント面のキレをご覧いただけると思います。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F2 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G


冬の日差しが波しぶきに反射して無数の点光源を生みます。明るすぎて1段絞る結果になりましたが、綺麗な円形の玉ボケを楽しむことができました。


Nikon AF-S 35mm F1.4G 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 35mm F1.4G



Nikon AF-S 35mm F1.4G

今回は好天下の日中撮影だったため、F1.4の恩恵を味わいつくしたとは言えないものの、他に類を見ない柔らかなボケ味を十分に堪能できました。
癖が強いので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、絞り次第でコントロールも自在。本レンズの応用力の幅広さが目立ちます。撮影者のあらゆる要望にも応えるがこそのフラッグシップレンズなのでしょう。
高い解像力と柔らかいボケ味が両立した大口径広角レンズは、シチュエーションも撮り手も選ばない万能レンズです。

Photo by MAP CAMERA Staff











Kasyapaトップへ戻る"


[Category: Nikon|掲載日時:2016年01月19日 11:30:00 AM]

面白いと思ったらコチラをClick!96票


PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

574:携帯性・合焦性能に優れた望遠ズーム『PENTAX HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』[2020年02月21日]

焦点距離:210mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:160 / 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR PENTAXHD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR ペンタックスの『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』をご紹介します。フルサイズ一眼対応の小型・軽量望遠レンズで、手にした第一印象は「細い!」でした。これはバッグの中で邪魔にならない細さです。そしてペ...
続きを読む
Tokina atx-m 85mm F1.8 FE

573:ハイコストパフォーマンスな中望遠『Tokina atx-m 85mm F1.8 FE』[2020年02月17日]

絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + Tokina atx-m 85mm F1.8 FE Tokinaatx-m 85mm F1.8 FE トキナーの新シリーズ「atx-m」。中望遠域の新定番となる 「atx-m 85mm F1.8 FE」をご紹介します。「m」は「motif(動機・創作行為)」の頭文字で、「ユーザーが創作行為を掻き立てられる」ことを意味します。とても興味深いコンセプトで撮るのが楽し...
続きを読む
Canon EOS-1D X Mark III

572:フラッグシップ一眼レフ『Canon EOS-1D X Mark III』[2020年02月15日]

焦点距離:1000mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:400使用機材:Canon EOS-1D X Mark III + EF500mm F4L IS II USM + エクステンダー EF2X III CanonEOS-1D X Mark III “Canon EOS-1D X Mark III”その名称を聞いたとき、新しい体験が待っていると確信しました。新開発の約2010万画素CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を搭載し、最高約16コマ/秒の高速連続撮影...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III

571:3代目にして完成形『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III』[2020年02月14日]

焦点距離:40mm / 絞り:F13 / シャッタースピード:2秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO OLYMPUSOM-D E-M1 Mark III 各メーカーから渾身の新機種が発表・登場している2020年。業界の主流となったミラーレスカメラを最初に作り出した、あのメーカーからも大きなサプライズがありまし...
続きを読む
Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

570:素直でリアルな描写が魅力のマクロレンズ『Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』[2020年02月12日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7III + Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO TokinaFiRIN 100mm F2.8 FE MACRO 今回はトキナーの『FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO』をご紹介します。マクロレンズは特に近接撮影において、歪みがなく高解像度の描写が必須と言われています。一方で、ポートレートなどの撮影でも活躍...
続きを読む