Select Language




Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4
CarlZeissブランドが持つレンズ名は光学設計別に名付けられています。その中でも50mmF1.4の『プラナー』はあまりにも有名で、『標準レンズの帝王』とも言われてきました。しかし今回新たに登場したMilvusシリーズでは「50mmF1.4」はプラナー設計からディスタゴン設計に変更されるという大きな進化を果たしています。 使用しているレンズ枚数も増え、よりガラスの塊感を増したレンズは以前のモデルと比べ倍以上の重さを誇ります。 軽快なスナップ撮影には不向きなった感は否めませんが、早春の暖かな日差しを霞なく取り込む抜けの良さはピカイチ。 ピントが合わさるにつれてクリアーになっていくファインダー内からも、新たな目覚めを感じさせてくれるような爽快感があります。

Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


空と雲とモノレール。本レンズとCanonボディとの組み合わせは印象的な発色を見せてくれますね。爽やかな空の色の一枚です。


Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


続いてはモノクロームでのカット。行き交う人々のシルエットが綺麗に出るように露出は外の光に合わせています。しかしながら一見すると潰れたように見えるシャドウ部も、RAW現像で持ち上げると驚くほど写し込んでいました。これはセンサー性能だけではなく、本レンズの性能も非常に優れているということを意味しています。


Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


河口の浅瀬に波が左右から重なるように打ち寄せていました。撮影した日はとても天気が良く、太陽の光が水面をキラキラと照らしています。肉眼だと目を細めてしまうほど眩しかったのですが、さすがはCarlZeissのT*コーティング、フレアやゴーストが発生せずクリアに写し出しているのがわかります。


Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


人のいない堤防をしばらく歩くと行き止まりになっていました。その時の複雑に絡んだ金網と有刺鉄線が印象的だったので思わずパシャリ。F1.4の絞り開放から申し分の無い写り味です。これはあくまで印象なのですが、本レンズの立体感を伴う描写は被写体の持つイメージを強調してくれるように感じます。そのため人物スナップやドキュメンタリー写真などでは被写体の持つ魅力をより引き立ててくれることでしょう。


Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


夕日に照らされて美しく浮かび上がるシルエット。拡大してみるとガラスに貼られた縞模様の遮光フィルムの細部まで写し出しているのがわかります。


Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F4/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200/ 使用機材:Canon 5DsR + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4

Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4

CarlZeissからは究極のレンズ性能を追求したOtusシリーズがありますが、今回『Milvus 50mm F1.4』を使用してみて「Otusの弟分」という印象を受けました。描写のクセは今までの50mmレンズであるプラナーとは全く違う印象で、開放からフラットで抜けが良く、非常に解像力の高い画を見せてくれます。また、操作感も大変良く出来ていて、ラバー製のピントリングは本レンズの浅い被写界深度をミリ単位で的確に合わせられる絶妙なトルク感。レンズを握った感じもいいですね。プラナーに比べとても大きくなったように思ったのですが、実際に使用してみるとフルサイズ機とのボディバランスが良く感じられます。


Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


続いてはボディをニコンへ変えてでの撮影です。
D810の3635万画素とも好相性の高い解像力を披露してくれました。


Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


透明感高いクリアな描写は、半逆光の難しいシチュエーションでも細部まで捉えてくれます。塔の右脇から垂れ下がるロープの目まで見えたのにはさすがに驚きました。


Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


水分を感じる苔の土台、多肉植物のふっくらとした質感。強い日差しの下でも安定したコントラストで、被写体の質感をしっかり捉えています。 深い影に覆われた葉っぱの模様もしっかり確認でき、明所から鞍部までどんな光線環境下でも常に安定した画が得られるというのが分かります。


Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4





Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


大口径F1.4と最短45cmのコンビネーションでは大きなボケを楽しむことができました。薄いピント面からしっとりと広がるボケ味はまさに極上。ボケの中にも品の良さを感じることができます。


Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D810 + Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


透明感高い描写は開放でもシャープな描写を披露してくれます。色乗りも派手すぎず被写体の質感はもちろん奥深さまでしっとりと捉えてくれます。


Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4


『Milvus 50mm F1.4』はCarlZeissの新時代を予感させる描写とデザインを兼ね備えたレンズでした。プラナーとの決別とまでは言いませんが、レンズ光学技術の進歩とデジタル技術の進化に合わせ、最良の選択がガウスタイプではなくレトロフォーカスタイプのディスタゴンということに行き着いたのでしょう。高画素フルサイズ機の性能を余すことなく引き出すことのできるレンズです。マニュアルフォーカスの50mmとしては少々大柄ではありますが、それは本レンズが高性能だという証明でもあります。描写力に妥協をしないフォトグラファーへ是非この『Milvus 50mm F1.4』で作品を撮っていただきたいと思える一本でした。

Photo by MAP CAMERA Staff





Kasyapaトップへ戻る"

カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:77票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |