Select Language




FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:33mm(換算50mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/240秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

FUJIFILM (フジフイルム) X-T20


今回のKasyapaでは、フジフイルムのミドルクラスミラーレス一眼『X-T10』の後継機である『X-T20』をご紹介いたします。
フジフイルムらしい洗練されたクラシカルなデザインが目を引く本機。X-T10と比べると全くと言っていいほど外観の違いはありませんが、なんとフラッグシップモデルである『X-T2』と同等のセンサー(X-Trans CMOS III)と画像処理エンジン(X-Processor Pro)を搭載しているとのこと。これはかなり期待が出来そうなスペックです!
また、X-T10の大きな特徴の1つであった「コントロールモード」と「オートモード」の切り替えは健在。シャッタースピードダイヤルのすぐそばにある「オートモード切り替えレバー」を操作することで、初心者の方でもX-T20の良さを存分に生かした高品質な写真を簡単に撮ることが出来ます。
X-T20はスペック的にはミドルクラスではありますが、操作系はエントリークラス、ミドルクラスの両方に適していると言っていいでしょう。ユーザーを選ばない親切な設計が嬉しいですね。

X-T20の写りの程を確かめるべく、まずはキットレンズである『フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS』を装着して撮影へと向かいました。
明るいズームレンズなのにも関わらずコンパクトな設計が魅力的な本レンズはX-T20とのバランスもとても良く、スナップ撮影をはじめ風景写真や物撮り、そしてレンズの明るさを生かしたポートレート撮影等、オールマイティに活躍してくれる優れものです。
冒頭の写真は、にわか雨に降られた後に撮影した花壇の花たち。フジフイルムらしい深みのある色彩表現が特徴的です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:37mm(換算56mm)/ 絞り:F5/ シャッタースピード:1/1800秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


関東はもう桜も見納め。噴水に落ちた桜が一か所にぎゅっと集まっていました。初夏を感じさせるような暑いくらいの日差しが、水面に反射してきらきらと輝いています。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:18mm(換算27mm)/ 絞り:F6.4/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


今回キットレンズで撮影をした写真は、ほぼ全てが撮って出しです。フジフイルムはJPEGで既に完成された画を作り出してくれるとよく耳にしますが、フジフイルムのカメラを使うたびにその写りの素晴らしさに引き込まれていきます。
光による陰影の描写が上手いというか、その場の空気がそのままカメラに入り込んできているような、そんな気さえしてきます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:55mm(換算83mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/75秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


旧来の約4倍の処理速度を誇る画像処理エンジン「X-Processor Pro」の搭載によりAF性能が飛躍的に向上した『X-T20』ですが、他にも様々な部分がブラッシュアップされています。
そのうちの1つとして挙げられるのが、AF-Cのカスタム設定です。被写体によって「急加速する被写体向け」「加速減速に強い」等、5つのプリセットからAF-Cの設定を選べるようになったため、動体撮影に重きを置いている方にも非常におすすめしたい1台となっています。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:18mm(換算27mm)/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/600秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


ハイライトからシャドウまで、見事に描き切ってくれました。強い光が当たっている部分も白トビすることなく、それどころかコンクリートの質感をきちんと残しています。もちろんこの写真もJPEG撮って出し。シャドウを持ち上げたりはしていません。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:55mm(換算83mm)/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:1600/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


この日は強風注意報が出ていて、台風かと思うほど強い風が終始吹き荒れていました。強い風に吹かれて波打つ芝生が綺麗だったのでどうにかして写真に収めようとシャッタースピードを上げて撮っていたら、いつの間にか感度がどんどんと上がっていてISO1600に。
ですが、ISO1600でもノイズは全くと言っていいほど気になりません。高感度性能についてあまり触れられていない本機ですが、センサーが刷新されたことにより高感度耐性もかなりパワーアップしているようです。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:36mm(換算54mm)/ 絞り:F3.6/ シャッタースピード:1/300秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


『X-T20』では4K動画撮影が可能となっています。しかも、フィルムシミュレーションを適用している状態でも4K動画撮影が行えるとのこと。
大人気のクラシッククロームやベルビア等を使用して、一味違った動画撮影を楽しむことが出来るのが嬉しいですね。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 焦点距離:18mm(換算27mm)/ 絞り:F5/ シャッタースピード:1/105秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


陰影が美しかったので、前機種には無かった「ACROSモード」で撮影。
明暗のはっきりしている場所で撮ったおかげもあるかとは思いますが、グッと光に吸い込まれていきそうな見事な描写です。さすがACROSモード!

また、こちらの写真はチルト式のモニターを利用してややローアングルから撮影をしています。ローアングルやハイアングルでの撮影が出来るのがチルト式モニターの良い所ですが、そこにタッチシャッターが加わることによって格段に撮影の幅が広がります。
これまでファインダーを覗けないことで撮ることを諦めていたアングルも、これからは積極的に挑戦することが出来そうです。
タッチパネルが出て来始めたころは「タッチパネルなんて…」と頑なに使うことを拒んでいた筆者ですが、今となってはタッチパネルが搭載されていることがカメラを選ぶ指標のうちの1つになりつつあります。特に画像確認の際には非常に重宝する機能です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 絞り:F4/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF50mm F2 R WR


さて、先ほどまではキットレンズである『フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS』を使用した写真をご紹介いたしましたが、ここからは『X-T20』と同時発売のレンズ『フジノン XF50mm F2 R WR』で撮影した写真をご紹介いたします。

こちらの写真は、ふらりと入ったカフェでの1枚。海外からの旅行者の方でしょうか、二人で語り合っている光景を写真に収めました。
逆光の中に浮き立つような写真にしたかったためあえて一切の調整をしていませんが、現像ソフトで暗部を持ち上げるときちんと色もディテールも保存されています。暗いところを黒く潰さずギリギリまで階調やディテールを残しているので、とてもリアルに感じますね。この写真を見ていると、自分自身撮影をしている時の記憶が鮮明に蘇ってくるのを感じます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 絞り:F2/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF50mm F2 R WR


開放で撮影した際の柔らかな描写はお見事。また、開放からしっかりと解像しているのがよく見て取れます。
これだけしっかりとした写りをしているのにも関わらず、お値段はなんと5万円以下(2017年4月時点のマップカメラ価格です。)というのには驚きを隠せません。しかも軽量・コンパクトときていますから、人気レンズにならない理由が無いというもの。XFレンズシリーズは本当にハズレが無いですね。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 絞り:F2/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF50mm F2 R WR


私がフジフイルムに惚れこんでいる理由のうちの1つとして、はシャッター音が挙げられます。
硬質なキレの良いサウンド。目の前の時間とともに移ろいゆく一瞬をパチリと写真に変えてとどめていく、そんな感覚にしてくれるのです。
思わず少し歩いてはすぐに足を止めてシャッターを切ってしまいます。今回使用した『フジノン XF50mm F2 R WR』の高速なAFはテンポよく撮影するのにはうってつけのレンズでした。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 絞り:F2/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF50mm F2 R WR




FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 絞り:F2/ シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1600/ 使用機材:FUJIFILM X-T20 + フジノン XF50mm F2 R WR


夜の風景をACROSモードで切り取ってみました。
ACROSは白黒フイルムの粒状性を再現したフィルムシミュレーションなのですが、この粒状性は均一と言うわけではなく、明るい所では小さく、暗い所では大きくなるように演算されているのだそう。実際に拡大をして見てみると、明るい所と暗い所で粒子の荒さがわずかに違うのが見て取れます。
ACROSモードを実現するのには「X-Processor Pro」のパワーが必要とのことですので、残念ですが『X-T10』のバージョンアップでACROSモードが追加されるということは無いでしょう。

個人的にはACROSモードが使えるというだけでX-T10からX-T20に買い替えたいと思うくらい、ACROSモードの描写が好きでたまりません。なので、今回画像処理エンジンが刷新されたことによってACROSモードが使えるようになったというのは自分にとってかなりのメリットでした。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20
FUJIFILM (フジフイルム) X-T20


『X-T10』から大幅な進化を遂げた『FUJIFILM X-T20』。中身が大幅な進化を遂げたのにも関わらず外観はそのままほぼ据え置きサイズという事実に、改めて驚きを感じてしまいます。
中身がX-T2と同じ…というとどちらを買ったらいいのか迷う方もいらっしゃることでしょう。X-T2はさすがフラッグシップ機と言うだけあって、フォーカスレバーの搭載や、高い堅牢性、防塵・防滴性能など使い勝手だけでなくタフネスさでもX-T2に軍配が上がります。
逆に言うと、「シンプルに使いたい」「過酷な撮影環境には持っていかない」「タッチパネルで撮影を楽しみたい」とはっきりと用途が決まっている方には胸を張って『X-T20』をおすすめしたいです。最新のフラッグシップ機と同等のセンサーとエンジンを積んでいてもなおこの価格帯というのは、正直かなりお買い得だと言えるでしょう。
また、X-T2ボディとX-T20ボディでレンズ1本買えてしまうくらいの価格差があるので、レンズに資産を回したい方にもおすすめです。

『X-T10』を既にお持ちの方はもちろん、これからカメラを始める方や、上位機種のサブ機として軽量で質の高いカメラをお探しの方にもおすすめしたい1台のご紹介でした。


Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



カテゴリー: FUJIFILM   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:28票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 459:より明るく繊細な25mm『Carl Zeiss Milvus 25mm F1.4』 2017年12月07日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + Carl Zeiss Milvus 25mm F1.4 ZF.2 Carl Zeiss Milvus 25mm F1.4 高精細なデジタルカメラの撮像素子に最適化されたレンズ群として、高い人気を誇る「CarlZeiss Milvus」シリーズに新らたなラインアップが追加されました。シリーズ11本目となる『Milvus 1.4/25』は、逆望遠型のディスタゴンタイプ。同シリーズのレンズ同様、高い描写力が期待できます。まずはニコンマウント(ZF.2)レン...
続きを読む
null 458:機動力抜群の超望遠ズーム『TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD』 2017年12月02日
焦点距離:400mm/ 絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:3600/ 使用機材:Nikon D810 + TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD 今回のKasyapaでご紹介するのは、超望遠ズームレンズ『TAMRON 100-400mm F4.5-6.3 Di VC USD』です。 重量1,115gと、このクラスの超望遠ズームとしては最軽量を誇る本レンズ。今回はD810を使用して撮影に臨んだのですが、ボデ...
続きを読む
null 457:撮るものを魅了する135mm『SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM』for Nikon 2017年12月01日
絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100/ 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 3600万画素以上の機種が続々と発売され、超高画素時代へと突入したフルサイズデジタル一眼カメラ。それはカメラだけでなくレンズにも高い解像力を求める時代が来たことを意味します。今回のKasyapaではシグマが展開する『Artシリーズ』の最新の単焦点レンズ、『SIGMA Art 135mm ...
続きを読む
null 456:唯一無二の中望遠レンズ『Canon EF85mm F1.2L II USM』 2017年11月28日
絞り:F1.6/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM Canon EF85mm F1.2L II USM 今回のKasyapaでご紹介するのは、約11年前に発売されたロングセラーモデル『Canon EF85mm F1.2L II USM』です。 Canonユーザーならば一度は憧れるレンズなのではないでしょうか。Canonの単焦点レンズの中でもとりわけ王様のような存在であるように思います。かく...
続きを読む
null 455:全てをこの一台に『SONY α7RIII』 2017年11月27日
焦点距離:100mm / 絞り:F11/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7RIII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIII α7シリーズの中でも高画素・高画質を担うα7R。一眼レフを超える高性能ミラーレス機として絶大な支持を得てきた機種がついにモデルチェンジを果たしました。今回のKasyapaはα7Rの最新機種『SONY α7RIII』のご紹介です。 二代目となる『α7RII』の発売から約2年経ちますが、感...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |