Select Language




Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED

Nikon AF-S 28mm F1.4E ED


明るい大口径単焦点レンズを多数リリースするニコンから『AF-S 28mm F1.4E ED』が発売されました。
本レンズの登場で24mm、28mm、35mm、50mm、85mmと5つの焦点距離で開放F値1.4と1.8のラインアップが出揃いました。それぞれに用途があり、全て揃えられればよいのですが、お財布事情を考慮すると、この中から数本チョイスするのが実情です。実は筆者もスナップ用に35mmを愛用しているのですが、見晴らしの良い場所などでは、もう少し広い画角が欲しいと思うことがあります。24mmへの乗り替えを検討しても、普段使いには少々広すぎて、今一歩踏み出すことができませんでした。28mmはそんな自分にも打って付けの1本だと思い、早速テストさせていただきました。

広い景色を求めて向かった先は箱根。2015年の火山活動以降、迫力が増したと言われている大涌谷の火口をロープウェイで横断です。
28mmという広い画角が空中散歩の爽快感を伝えてくれます。ゴンドラの窓越しの撮影でも分かるクリアでシャープな描写に加え、湧き上がる噴煙や落石の後など細部までしっかり捉える高い解像力が確認できました。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


ゆっくりとした気分で撮るスナップ撮影でも、早いAFがあればそれに越したことはありません。超音波モーターの高速AFによりロープウェイのすれ違いざまでもすぐにピントが合います。
また幅広いピントリングはMF操作もし易く、ホールド感も良好です。手振れ補正機構がなくても安定した撮影を楽しむことができました。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


最短撮影距離は28cm。被写体にグッと寄っても背景を広く取り込むことができるのは大きな魅力です。その場の雰囲気を残しているので、ボケ味も上品に感じます。マクロレンズとはまた違った接写が楽しめます。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


少し絞れば手前から奥までとてもシャープな描写が味わえます。高精細なカメラ性能も相まって、細かな木々の葉から水しぶきまでしっかり捉えてくれました。トリミング作業が容易なこともあり、幅広い画角域のレンズとしての活躍も見込めます。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


ナノクリスタルコートによるクリアな描写は高い木々に囲まれた神社の木漏れ日も綺麗に捉えてくれます。自然で大きなボケ味は28mmで撮ったことを忘れさせるほどです。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


登山電車の沿線では紫陽花が見頃を迎えていました。普段は望遠レンズで車両を主役にするシーンも28mmならば沿線の雰囲気をそのまま切り取ることができます。普段と違った写真を撮りたい時には最適なスパイスになることでしょう。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


紫陽花にギリギリまで寄って撮影すれば、こんなにも大きくボケます。正直これは想定外の大きさ。本当に驚きました。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


古くから観光地として栄えた街は、所々で古いものを見かけることができます。可愛らしい鳥のノブが付いた水道も相当の年代物らしく水の止まりが良くない様子。近寄りすぎると水濡れのリスクを伴うシーンも、防塵・防滴に配慮された本レンズなら心配無用。さらに最前面・最後面レンズに埃や水滴が付きにくいフッ素コートを採用してので、天候やシーンを気にせず撮影できるのです。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


古くからニコンを愛用されている方はご存知かと思いますが、同じ焦点距離の旧モデルに「AiAF 28mmF1.4D」というレンズがありました。サジタルコマフレアを補正するため、ダブルフローティング方式や精研削非球面レンズを採用したそのレンズは「広角ノクト」の異名を持ち、今もなお中古商品が高値で取引されるほどの人気レンズです。その後継の本レンズも旧レンズのDNAをしっかり受け継ぎ、絞り開放でも高い点像再現性を実現しています。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


明るく広いレンズは室内撮影でも重宝します。薄暗いシーンでも透明感高い描写は光のグラデーションを綺麗に捉え、歪みも感じさせません。周辺も綺麗です。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + AF-S 28mm F1.4E ED


強い日差しを受けたステンドグラスも綺麗に捉えました。もちろんナノクリスタルコートですから、ゴーストやフレアがしっかり抑えられています。


Nikon AF-S 28mm F1.4E ED

重さ645g。F1.8のレンズと比べるとさすがに大きく感じますが、F1.4ならではの柔らかなボケ味は他には代えがたい代物です。広い背景に浮かび上がるようなボケ味により、立体感がさらに引き立ち、その奥行きとワイドな画角で目の前に広がる開放感を気持ち良く切り取ってくれます。APS-C機で使用すれば42mm相当の標準域で使えるのも見逃せません。ポートレートなど幅広いシーンで活躍してくれることでしょう。
F1.4シリーズとしては後発となった28mm。旧モデルの評価が高かった分、開発に苦労したのだろうと勝手な想像をしていましたが、実際に使ってみると、的外れな想像ではなかったと思うようになりました。旧モデルの拘りを受け継ぎつつ、確実なブラッシュアップを果たした「AF-S 28mm F1.4E ED」を是非お試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff










カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:18票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 432:超高倍率ズームという新たな選択肢『TAMRON 18-400mm DiII VC HLD』 2017年07月20日
焦点距離:70mm(35mm換算:105mm) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 +TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD 広角から望遠まで幅広い画角をカバーし、旅行など荷物を多くしたくない時に重宝する高倍率ズームレンズにまた新たなラインアップが加わりました。 新レンズ『タムロン 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD』は、35mm判換算で27mmから600mm相当(ニコンのカメラを使用した場合)をカバーし、そのズーム比はなんと22.2倍。...
続きを読む
Nikon AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR 431:DXフォーマットのイメージを変える超広角ズーム『Nikon AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR』 2017年07月17日
焦点距離:10mm(35mm換算:15mm)/ 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D7500 + AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR ニコンからDXフォーマット用の超広角ズームレンズ「AF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VR」が発売されました。 35mm換算で15mm相当からのワイドな撮影が楽しめる新レンズは、広角撮影が苦手な印象の強いDXフォーマット機のイメージを大きく変えてくれる1本です。早速、その描写をご覧いただきましょう。 まずは定番の東京駅から...
続きを読む
SONY FE 12-24mm F4 G 430:圧倒的な広さと高画質『SONY FE 12-24mm F4 G』 2017年07月09日
焦点距離:12mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400/ 使用機材:SONY α7RII + FE 12-24mm F4 G  もし、どのメーカーのレンズが一番性能が良いのか比べたい場合、一つの指標として超広角ズームレンズで比べてみてもいいかもしれません。なぜなら、超広角ズームレンズは複雑な光学設計なゆえに作るのが難しく、減光や歪み、周辺に写り込む像の流れなど、ネガティブな要素が常に付きまとうからです。今回Kasyapaでご紹...
続きを読む
null 429:Artシリーズ最高峰レンズ『SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM』 2017年07月06日
焦点距離:24mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:400/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art・Contemporary・Sportsといったライン分け、企業・パッケージ・プロダクトデザイン、そして製品クオリティ。2012年より始まったシグマの企業ブランディングは大成功していると感じています。他にはない尖った商品を市場へ送り出し、一昔前までサードパーティ製レンズは「純正より安い...
続きを読む
428:異次元の世界を写し出す『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』 428:異次元の世界を写し出す『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』 2017年07月05日
絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM (キヤノン用) シグマから、世界初(※)となる開放値F1.8の明るさを誇る超広角単焦点レンズ『SIGMA Art 14mm F1.8 DG HSM』が登場しました。 2017年7月7日発売、7本目の35mmフルサイズ対応の単焦点Artレンズ。そんな縁起の良い数字がそろった本レンズの魅力に迫ります。 (※2017年2月現在、デ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |