Select Language




TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:55mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2

TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2

先日のシグマに続き、タムロンからも最新の高画素カメラにも対応した新世代大口径標準ズームレンズ『SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2』が発売されました。
旧モデルの「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」の登場が2012年5月でしたから、かなりのハイペースでのモデルチェンジになります。デジタルカメラの進化のスピードが著しいとは言え、それに呼応するかのようなG2(ジェネレーション2)の早い登場にビックリ!5年でレンズはどのように進化したのか早速試してみました。

メーカーカタログでも紹介されているように、旧モデルではAF制御、手振れ補正制御を一つのマイコンで制御していたものが、新モデルではデュアルMPUシステムの採用によりそれぞれ個別に制御を行うことで、AFの精度とスピード、手ブレ補正の性能が格段に強化されています。実際にファインダーを覗いてみると、確かに素早いピント合わせが確認できました。サードパーティー製レンズはAF性能が少し見劣りするという印象をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思いますが、最近リリースされているレンズたちはネガティブな要素を見事に払拭してくれています。
レースのカーテン越しに真夏の日差しが差し込む室内。やや逆光ぎみのシチュエーションでも迷いなくスッと合焦します。手ブレ補正も、望遠レンズ程の喰いついている感じはないものの、些細なブレも許さない高画素機による撮影をしっかりサポートしてくれました。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:26mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


透明なワイングラスにもすぐにピントが合います。ボケも大きく高画質。落ち着いたトーンの被写体でも個々の質感や色をしっかり再現しており、すぐに優秀なレンズと理解することができました。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


頭上に風鈴が並んでいたので、手を伸ばしてライブビューで撮影。不安定なホールディング、かつ被写体が揺れるシーンでは、速いAFと強力な手ブレ補正が重宝します。
被写体に近付けたので、より大きなボケが得られました。手前の短冊をクローズアップしてみると、ボケというよりは部分的にソフトフィルターをかけたかのような柔らかな描写を披露してくれました。単に高画質な写りをするだけではなく、特徴的なボケ味も楽しめます。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:52mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2



TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:36mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


フレア・ゴーストを強力に抑制する、高い反射防止性能を発揮するコーティングが施されたレンズは、とてもクリアな描写を披露してくれます。強い日差しの下、涼しい場所を求めて避難した木陰でのカットでも、明暗差に関係なくその場の雰囲気を綺麗に捉えてくれました。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:52mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


最短撮影距離は38cm。街中で見つけた小さな物にも近寄って素早く撮影できます。大きな大口径ズームながらフットワークの良さを感じるレンズです。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:50mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


大桟橋まで足を延ばすと、大型客船「飛鳥II」に遭遇。船体を清掃しているスタッフの方を見ればその大きさがよくわかるのではないでしょうか? そしてその大きな船を繋ぎ止める太いロープなど、細部まで細かく捉えているのが分かります。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:50mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


対岸に回って改めて船の大きさを確認。真夏日の遠景撮影ということで、鮮明さが若干落ちますが、船の内部の様子も分かる高い解像力が確認できます。ジメッとした潮風と波しぶきが飛ぶ港での撮影でも、防汚コートと簡易防滴構造が施されているので水濡れ等の心配は無用。撮影シーンを選ばず思う存分撮影が楽しめるレンズです。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:24mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2



TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:40mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


万国旗のように飾られた様々な色の布も色鮮やかに捉えてくれました。日が傾き始め、黄色味がかってきた空の様子など素晴らしい色再現です。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:6400 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


速いAFは水槽内を元気に泳ぎ回る金魚も素早く捉えてくれます。暗い場所のガラス越しでも迷いはありません。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2 焦点距離:31mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2


暗い場所で明るい被写体を覗くと、レンズのクリア感をより強く感じることができます。無数の提灯が織りなすグラーデーションも綺麗に捉えてくれました。


TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2

全長108.5mmと背丈が小さく抑えられたレンズは収納にも便利。またズーム最短時のロック機能が追加されたので、カバン等から取り出す際レンズが伸びてしまう恐れもありません。重さもニコン純正などライバル視されるレンズが1Kgを超えているのに対し、900gと軽量なのも嬉しいポイント!若干太めに見えるデザインは似合うカメラを選びそうですが、ズーム調整幅も広く扱いやすいレンズと言えます。
そして忘れていけないのが、コストパフォーマンスの高さ。ニコン純正レンズの約半分のお値段で手に入るのです。性能、使い勝手、お値段と三拍子が見事に揃いました。先日、シグマのライバルレンズをおすすめしたばかりですが、こちらのレンズももちろんおすすめ。各メーカーが競うように発売する大口径標準ズームレンズはどれも折り紙つき。どのレンズが自分のスタイルに最適なのか?しばらく楽しい悩みが続きそうです。

Photo by MAP CAMERA Staff











カテゴリー: TAMRON   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:21票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

445:最高峰の準広角35mmレンズ『Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4』 445:最高峰の準広角35mmレンズ『Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4』 2017年09月25日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:64/ 使用機材:Nikon D850 + Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4 Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4 次々と新レンズが発表されているカールツァイスのMilvusシリーズ。Milvusシリーズには既に『Carl Zeiss Milvus 35mm F2』が存在していますが、今回ご紹介するのは更に明るい『Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4』です。 F2と比べて重さも値段も段違いのこちらのレンズ。なんとカール...
続きを読む
Voigtlander ULTORON 40mm F2 SL IIS 444:愉しいスナップレンズ『Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS』 2017年09月12日
絞り:F2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical Voigtlander ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S フォクトレンダーの人気レンズ「ULTRON 40mm F2 SL II」がリニューアル。先日リニューアルしたNOKTON 58mm同様、フォーカスリングに指掛の良いローレットパターンを採用し、露出計連動爪を装備するなど、クラシックなデザインに生まれ変わりました。様々な装飾がカットされシンプルなデザインの...
続きを読む
null 443:全てを兼ね備えた最高の一眼レフ『Nikon D850』 2017年09月08日
焦点距離:32mm / 絞り:F8/ シャッタースピード:25秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR Nikon D850 インパクトの大きかった2017年3月期の決算に関するニュース。CP+2017でも新型の一眼レフは発表されず、どこかモヤモヤとした不安を抱きながら過ごしていた今年の夏でしたが、突然発表されたニコンの新機種はその不安を一瞬で吹き飛ばしてくれるビッグニュースでした。しかもファンが待ち望んでいたスペックを超えただけでなく...
続きを読む
SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM 442:高いポテンシャルを感じる超広角『SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM』for Nikon 2017年09月04日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D810 + SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM ニコンマウントで撮るシグマArtレンズシリーズ、第4弾は『SIGMA Art 20mm F1.4 DG HSM』です。 これまでに紹介した3本(24mm、35mm、50mm)には、同スペックのニコン純正レンズがあり、それぞれを比較する楽しみもありましたが、焦点距離20mmでF1.4の大口径を誇るのは本レンズだけ。 超広角でありながら大口径ならでは...
続きを読む
441:ボケの美しさが楽しめる広角レンズ『SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM』for Nikon 441:ボケの美しさが楽しめる広角レンズ『SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM』for Nikon 2017年08月30日
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:640/ 使用機材:Nikon D750 + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM ニコンマウントで撮るシグマArtレンズシリーズ、第3弾は『SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM』をご紹介いたします。 本レンズはフルサイズ用Artレンズシリーズの中でも最軽量を誇ります。気になる重量は『Art 35mm F1.4 DG HSM』と同じ665g。筆者は普段『Art 50mm F1.4 DG HSM』...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |