Select Language




Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


Voigtlander ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S



フォクトレンダーの人気レンズ「ULTRON 40mm F2 SL II」がリニューアル。先日リニューアルしたNOKTON 58mm同様、フォーカスリングに指掛の良いローレットパターンを採用し、露出計連動爪を装備するなど、クラシックなデザインに生まれ変わりました。様々な装飾がカットされシンプルなデザインのレンズが増えてきた昨今、マニュアルレンズとしての使いやすさを追求した本レンズのデザインは逆に新鮮。機能美という言葉がピッタリで、初めて触るレンズとは思えないほど手になじみ、外観を眺めていても楽しくなるレンズです。

レンズ同様オールドテイストを楽しむべく、まずは歴史ある洋館を訪れました。撮影の日は生憎の雨で、屋根のあるところへ逃げ込んだだけという話もありますが...。
古い照明が照らす薄暗い室内。多角形に広がる窓から外光を大きく取り込みます。難しい光線状態でも壁紙の装飾などを綺麗に捉えてくれました。雨に濡れた木々の葉のハイライトが強く、コントラストが高い印象を受けますが、室内天井のグラデーションなど暗部のトーンはとても綺麗です。


Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


壁に備え付けられた照明を狙ってみました。指掛がよく適度な重さのピントリングのおかげで、ピント合わせが楽しく感じます。
ピント面は絞り開放でもとてもシャープで、なだらかで大きなボケが楽しめます。ここでも光のトーンを美しく捉え、大きなボケの中でも、室外のしっとりとした空気感を伝える高い描写力が分かります。


Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


レースのカーテンの透過も綺麗です。クラシックなレンズでクラシックな被写体を追い続けていると、写真自体も少し古風な写りに思えてきます。このレンズでしか味わえない独特な雰囲気があるのでしょう。


Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


厚い雲に覆われ薄暗い中でも、建物の細かい装飾までしっかり捉えています。カメラの解像力を存分に引き出す高い描写力を再確認です。


Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


雨が小降りになったので、近くの神社まで足を伸ばします。朱色の鳥居が雨に濡れしっとりとした様子を綺麗に捉えてくれました。大きなボケ味は、奥に続く厳かな雰囲気を美しく演出してくれます。



Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical



Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


今回のリニューアルにあたり、ヘリコイドリングを繰り出し量の長いものに変更。光学系はそのままに、最短撮影距離を38cmから25cmに短縮され、クローズアップ撮影がより便利になりました。近接撮影ではF2の大きくなだらかなボケ味と相まって、とても柔らかな描写が楽しめます。


Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


お店の前に並べられた古いガラス瓶。ガラスの透明感とクモリ具合を綺麗に描いています。


Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical



Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical 絞り:F2 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical


綺麗な夕日が見えることで有名な商店街の階段。再び雨が降り出した影響で遠景までハッキリ見える状況ではありませんでしたが、街の賑わいと、しっとりとした空気感をしっかり捉えてくれました。


Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL IIS Aspherical

本レンズの高級感のある外観はフラッグシップ機である「Nikon D5」にも非常にマッチします。クラシカルなデザインで揃えるならば「Nikon Df」に着けるのもおすすめです。 いずれにせよ、光学性能は最新フラッグシップの性能を存分に引き出してくれる高いものがあり、カメラを選ばず万能な働きをしてくれます。
広角レンズと標準レンズの良いとこ取りの焦点距離も使いやすく、260gと軽量なのも嬉しいポイント。スナップレンズとして重宝すること間違いありません。
クラシックテイストな独特な写りと、高い描写力の両方を兼ね備えた魅力的なレンズです。ぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff













カテゴリー: Carl Zeiss & Voigtlander   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:56票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 498:バランスの取れた逸品『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S』 2018年11月08日
焦点距離:49mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:450 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S Nikon NIKKOR Z 24-70mm F4 S 先月の終わりごろに10日間ほどプライベートで海外旅行に行く予定があり、何の機材を持っていこうかと考えに考え抜いた結果、発売したばかりの『Nikon Z7』と『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』を持っていくことにしました。 このセットにした決め手としては、やはりそのコンパクトさ。そ...
続きを読む
SONY FE 24mm F1.4 GM 497:広角レンズの概念を覆す1本『SONY FE 24mm F1.4 GM』 2018年10月28日
絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:SONY α7RIII + FE 24mm F1.4 GM SONY FE 24mm F1.4 GM 今回のKasyapaでは『SONY FE 24mm F1.4 GM SEL24F14GM』をご紹介いたします。 解像力とボケ味が両立された、ソニー最高峰のレンズだけに与えられる称号「G Master」。本レンズはそのシリーズの8本目にあたります。今までソニー純正の単焦点レンズラインナップに広角レンズは無かったので、本レンズ...
続きを読む
Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 496:手持ち撮影が楽しめる500mm単焦点『Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR』 2018年10月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか? 最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状...
続きを読む
Canon EOS R 495:新たな歴史を作るEOS『Canon EOS R』 2018年10月19日
焦点距離:37mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM Canon EOS R デジタル技術の目覚ましい進歩により、新たなカメラのカテゴリーとして誕生した『フルサイズミラーレス』。いち早くこのジャンルを開拓し、続々と新モデルを登場させるソニーや、国産カメラ創成期から一眼レフを作ってきたニコンもフルサイズミラーレス...
続きを読む
TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 494:これぞ広角ズームのフラッグシップ『TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』 2018年10月08日
焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2 タムロンの人気の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F2.8 Di VU USD」が最新G2シリーズの『SP 15-30mm F2.8 Di VC USD G2』として生まれ変わりました。 優れた描写性能に強力な手ブレ補正や速い超音波モーターなど、既に完成の域に達したと思われていたレンズのリニューアルに、どんな進化を遂げたのか、とて...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |