Select Language




Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:400/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

Panasonic LUMIX G9 PRO
with
OLYMPUS F1.2 PRO Lens series


2018年1月25日に満を持して登場した、パナソニックの “ 静止画のフラッグシップ機 ” 『Panasonic LUMIX G9 PRO』。
今回はG9 PROのKasyapa第2弾ということで、同じマイクロフォーサーズ規格であるオリンパスのレンズを使用したフォトプレビューをお届けしたいと思います。

使用するレンズは、オリンパスのF1.2 PROレンズシリーズ3本。準広角域の17mm、標準域の25mm、中望遠域の45mmです。「にじむボケ」が特徴である人気のレンズシリーズですが、パナソニック機で使用するといったいどんな画を見せてくれるのでしょうか。期待に胸を膨らませつつ、早速撮影へと向かいました。

冒頭の写真は『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO』で池に滴る水を捉えた1枚です。F1.2の浅い被写界深度の中でも的確にピントを合わせてくれるG9 PROの実力と、F1.2 PROレンズシリーズの柔らかなボケ味のおかげで印象的な1枚に仕上がりました。また、滴り落ちる水滴の一粒一粒をAFが絶え間なく追いかけていたことも強く印象に残っています。
パナソニック機でオリンパスのレンズを使用したのはこれが初めてでしたが、手ブレ補正も問題なく作動しており、スムーズに撮影を行うことが出来ました。



with M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO


大きく見やすいファインダーのおかげで、細かなピント合わせも思いのまま。ファインダーが違うだけでこんなに変わるのかと驚きました。MF使用時のピント拡大もとても使いやすいです。開発の際にこだわりにこだわり抜いたというファインダーはぜひ一度、覗いていただきたいです。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO


この日の最低気温は氷点下を下回っていたからか、あまりの寒さに池の半分が凍り付いていました。ちょうど氷が張っていないところだけ風景が写りこんでいて、いつもとは少し違った庭園の様子を捉えることができました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO





with M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


店内に降り注ぐ柔らかな光によって出来た絶妙な陰影をしっかりと写し出してくれました。G9 PROのインタビュー記事の中で「今回は絵作りに力を入れている」と開発者の方が仰っていたことを思い出します。ただシャッターを切るだけでも洗練された1枚が撮れるので、G9 PROに慣れてしまったらもう他のカメラには戻れない気さえしてきます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


本レンズの最短撮影距離は30cm。換算で50mm相当のレンズであることを考えると、かなり寄れるレンズであると言えるでしょう。このようにテーブルフォトもばっちりこなしてくれます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO


この日、何度か「かっこいいカメラですね」と道行く人や立ち寄ったお店の店員さんに声をかけられました。ダイヤル部のレッドラインやペンタ部の形状など、随所にデザインへのこだわりが見られるG9 PROだからこそ道行く人の目にも留まったのでしょうか。私が開発したカメラではありませんが、なんだか誇らしげな気持ちになりました。持つ悦びも充分に味わえるのもG9 PROの大きなポイントなのではないでしょうか。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO





with M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/80秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO


準広角域である17mmでは、絞った写真をメインにご紹介いたします。
柔らかなにじむボケが特徴のオリンパスF1.2 PROレンズシリーズ。絞るとたちまちキリリとシャープな印象になり、G9 PROで撮影することで、よりその深みを増します。やはりG9 PROは陰影の描写が秀逸であると使うたびに実感します。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO





Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F5/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO


海の前にそびえ立つオブジェ。ファインダーを覗かずに、腰の位置くらいから撮影を行いましたが、新搭載されたステータスLCDのおかげで快適に撮影を行うことができました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO 絞り:F8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200/ 使用機材:Panasonic LUMIX G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO


夕日が沈む数分前に撮影をした1枚です。太陽の周りのなだらかなグラデーションがとても美しく、そこから伸びる光芒がビルを優しく照らし出します。
空は一番身近な被写体ですが、それと同時に意外と撮るのが難しい被写体でもあります。思ったより空の色が出なかったり、コントラストが高すぎてしまったりと失敗することも多々あるのですが、G9 PROはまさに「風景を切り取る」という言葉がふさわしく、見たままを丸ごと写し出してくれました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO


『Panasonic LUMIX G9 PRO』のKasyapa第2弾をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。
実は1日で3本すべての撮影を行ったのですが、3本もレンズを持って行って体力が持つかどうか少し心配でした。ですが、ボディはもちろんそれぞれのレンズも小型・軽量のため想像以上に撮影は快適でした。きっと、フルサイズ機やAPS-C機ではこうは行かないでしょう。コンパクトなシステムは、マイクロフォーサーズ機の最大の強みです。

最新レンズである『LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.』をはじめとするライカレンズシリーズなど、パナソニックにも高性能なレンズはたくさんありますが、そこにオリンパスのレンズが選択肢として加わるとさらに撮影の幅が広がります。いろいろなレンズを試して、ぜひお気に入りの1本を見つけてください。


Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




カテゴリー: Panasonic   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:58票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

null 475:革新と熟成の“フルサイズのK”『PENTAX K-1 Mark II』 2018年04月20日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 使用機材:PENTAX K-1 Mark II + FA31mm F1.8 AL Limited PENTAX K-1 Mark II ペンタックスファンの夢を実現させたフルサイズ機『K-1』の登場からちょうど2年、その後継機と言える新しい機種が遂に登場しました。今回のKasyapaは2世代目へと進化した『PENTAX K-1 Mark II』のご紹介です。 カメラ好きの中でも“熱いメーカー愛...
続きを読む
Canon EOS Kiss M 474:Kissシリーズ初のミラーレス機『Canon EOS Kiss M』 2018年04月19日
焦点距離:18mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS Kiss M EF-M15-45 IS STM レンズキット Canon EOS Kiss M 今回のKasyapaでは、CanonのEOS Kissシリーズ初のミラーレス機『Canon EOS Kiss M』をご紹介いたします。 Kissのミラーレス機ということで発表当初からかなり注目を集めていたことが記憶に新しいですが、CP+2018のCanonブースでは一番の目玉として大々的に取り上げられたり...
続きを読む
TAMRON 70-210mm F4 Di VC USD 473:重いイメージを払拭する軽快な望遠ズーム『TAMRON 70-210mm F4 Di VC USD』 2018年04月09日
焦点距離:165mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 70-210mm F4 Di VC USD TAMRON 70-210mm F4 Di VC USD タムロンからまた新しい望遠ズームレンズが登場しました。100-400mmに続く新しいレンズは「70-210mm F4 Di VC USD」。70mmスタートのF4通しの3倍ズームレンズです。 望遠側が210mmと一見中途半端に思えますが、昔はよく見られた焦点距離で、フィルムカメラ時代からカメラに触れていた筆者にとっては、少し懐...
続きを読む
SONY α7III 472:フルサイズミラーレスの新基準となる1台『SONY α7III』 2018年03月25日
焦点距離:105mm/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100/ 使用機材:SONY α7III + FE24-105mm F4 G OSS SONY α7III ILCE-7M3 快進撃を続けるソニーのα7シリーズから、いよいよ『α7III』が発売されました。 昨年5月にプロフェッショナル向けであるハイスピードモデル『α9』が発売され、その後11月には4240万画素を誇る高解像度モデル『α7RIII』が、そして今月23日にはバランス重視のベーシックモデル『α7III』...
続きを読む
null 471:撮る者の想像力をかき立てる『Panasonic LUMIX GX7 MarkIII』 2018年03月24日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200使用機材:Panasonic LUMIX GX7 MarkIII + LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. Panasonic LUMIX GX7 MarkIII 『G9 Pro』と『GH5s』の2大フラッグシップが登場したことにより、カメラメーカーとしての勢いが増したパナソニック。ラインアップの中でも小型化と本格派を両立させたモデルとして人気の高いGX7シリーズに待望の新モデルが登場しました。今回...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |