Select Language




SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135 焦点距離:105mm(換算158mm) /絞り:F11 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:250
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


最近はフルサイズ機の話題ばかりが目立ったソニーでしたが、久々に注目度の高いAPS-C用Eマウントレンズが発売されました。今回のKasyapaは『SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』をご紹介致します。

光学7.5倍の高倍率ズームに分類される本レンズ。初めて手に取った時は「軽くてコンパクト」というありきたりな感想でした。同じEマウントレンズには『Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS』がありますが、それよりもほんの少しだけ長いサイズ感、レンズの明るさはF3.5−5.6という一般的なズームレンズのスペックです。しかし撮影を初めてすぐ、その“ありきたりな感想”は間違いだと気付かされました。どこまで写るものかとF11まで絞った写真なのですが、遠くに見えるタワーマンションの細い柵まで写し出す ものすごい解像力なのがお分かりいただけるはずです。APS-C用の高倍率ズームでここまで写るとは、最新の『SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』は今までの常識を覆す実力を持った高倍率ズームだと認識した一枚です。

SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135 焦点距離:105mm(換算158mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:400
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


続いては街中でのスナップ。望遠域に余裕がある分、カメラの存在に気づかれない距離を保ったまま撮影できるのはスナップ撮影で大きなメリットと言えます。また、換算150mmの焦点距離でありながら1/30秒でもブレない手ぶれ補正は非常に優秀です。


SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135 焦点距離:23mm(換算34.5mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS





SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135
焦点距離:83mm(換算124.5mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:250
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


今回は手がかじかむ寒い日の撮影でした。そんな中、茂る緑にピタリと張り付くように凍った氷を撮った一枚です。 最短撮影距離は0.45m、最大撮影倍率は0.29倍ですから、マクロ撮影とまでは言えないものの近接撮影もこなせるレンズです。実際に撮影中「寄れない」と感じるシーンは一度もなく、クローズアップしても解像力が高いのも魅力です。


SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135 焦点距離:135mm(換算202.5mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


手すりに並ぶユリカモメたち。実は写真には写っていない右側のベンチでおじさんが食べているお弁当を虎視眈々と狙っている状況です。
人に慣れているのか、なかなか逃げないこの鳥たちをテレ端135mmで撮影しました。羽毛の柔らかさが伝わって来る立体感のある描写力。背景ボケに少し硬さは感じられますが、F5.6でも望遠側を使えばボケ味を生かした撮り方も可能です。


SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135 焦点距離:88mm(換算132mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS





SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135焦点距離:135mm(換算202.5mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100
使用機材:使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


便利を超えた、ハイレベルな描写力。



高倍率ズームは1本で広角から望遠までカバーしており、「便利だから」「この1本で済むから」という理由で選ばれる方が多いレンズだと思います。その反面、単焦点やF値通しレンズのような描写力を高倍率ズームには期待していなかった面もありました。しかし『SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』は先に話した解像力の高さだけでなく、周辺の像の流れ、周辺光量落ち、歪み、色収差、階調表現などあらゆる点が既存の高倍率ズームの認識を覆すものであり、それを凌駕しています。使用しながら本レンズはフルサイズ用Eマウントレンズである『SONY FE 24-105mm F4 G OSS』のAPS-C版のようだと感じました。高倍率ズームをより高次元な基準で作り上げた一本、それが『SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』です。


SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135焦点距離:135mm(換算202.5mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:640
使用機材:使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS





SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135
焦点距離:18mm(換算27mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:200
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


橋の下からワイド端である18mmで撮影した一枚。高い解像力と豊かな階調表現が生み出す立体感はセンサーサイズを忘れさせてくれる見事な描写力です。ここまで写れば文句のつけようがありません。


SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135
焦点距離:93mm(換算139.5mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


今回ボディは『α6500』を選び、撮影に出かけました。本レンズとベストマッチと言えるほどサイズと重量のバランスがよく、高い描写力と使いやすい焦点域に加え、瞬時に反応するAFや連写機能など、スナップ撮影に最高の組み合わせでした。


SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135
焦点距離:135mm(換算202.5mm) /絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS



SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135
焦点距離:18mm(換算27mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS





SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135 焦点距離:50mm(換算75mm) /絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100
使用機材:SONY α6500 + E 18-135mm F3.5-5.6 OSS


斜光が強い冬の晴天下での撮影でしたが、顕著にフレア・ゴーストが発生することは一度もありませんでした。とても逆光耐性に優れたレンズです。


SONY (ソニー) E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135

散歩撮りも、本気撮りも、全てこの1本で。



私自身、高倍率ズームに偏見とまでは言いませんが、「描写にこだわりたいから」という理由で敬遠していた一人でした。しかし本レンズは描写と利便性の両方を兼ね備えており、「クッキリ写したい写真であれば、ほとんどのシーンはこの1本で撮れる」と思える素晴らしい描写のレンズでした。これほど撮影前と撮影後の印象が変わるレンズはなかなか無いかもしれません。『SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』を軸に、よりボケ味を楽しめる単焦点レンズや、より広角、より望遠など自分のスタイルに合わせたレンズシステムを拡張すれば撮りたい写真が必ず撮れるはずです。

そして本レンズを使用して何より感じたのが「撮りたい」と思った時、瞬時に対応できる事です。特にスナップや、子供の表情、愛くるしいペットの姿など、距離を測る時間やレンズ交換をする時間のがないシャッターチャンスでも、広いズーム域のおかげで思い通りの写真にする事ができます。これが本レンズの一番の魅力と言っていいかもしれません。
カメラが好きになってくると、機材に対する趣味の偏りも生まれ、自分が撮る、撮らないを無意識に決めがちになると思います。しかし本レンズを使用していると写真を始めた頃のような「撮りたいと思ったから撮る」という気持ちを再び呼び起こしてくれました。便利という理由だけでなく『SONY E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』は写真を撮る事が好きな全ての方にオススメしたい1本です。


Photo by MAP CAMERA Staff









マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ




カテゴリー: SONY   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:58票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |