Select Language

SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F2/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM


シグマというメーカーは世界中のカメラ好きが驚くような製品を涼しい顔をして登場させてくる事があります。それは見た事も無いデザインであったり、 他では作れないような製品であったりするわけですが、ご紹介するレンズもまさにその一つと言えるでしょう。
今回のKasyapaは圧倒的な明るさと描写性能を持つ望遠単焦点レンズ『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』をご紹介いたします。

まず初めに驚いたのはそのビジュアル。長さはさほど無いものの『200mm F2』のレンズをぎゅっと圧縮させたようなスタイルに、フィルター径105mm、質量1,645gという中望遠単焦点としては重量級のレンズになります。フルサイズ一眼レフへ装着して構えると「街撮りスナップでレンズを向けるには勇気がいるな」と躊躇してしまいそうなくらい迫力満点。そしてズシリと手に伝わる重さに、思わず苦笑いを浮かべました。

しかし、このレンズに本当に驚かされたのはシャッターを切ってから。シグマレンズの中でも指折りなシャープネスと“BOKEH-MASTER”と名付けられた濃密でなめらかなボケ味が両立されており、今まで見た事の無いような立体感が写真全体を包み込みます。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


開放F1.4の明るさを持ちながら、とても余裕のある画作りを見せてくれる『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』。開放からピント面の解像力は驚異的で、むしろ現在のフルサイズセンサーではオーバースペックなのではと思うほどです。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


F2.8まで絞ると周辺光量落ちも軽減され、より画作りの安定感が増します。写真は白い帆船を撮影したカットですが、影の階調や船体の質感表現が本当に素晴らしいです。まるで中判デジタル機で撮影したかのような印象を受けます。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


続いてはF8まで絞り、金属製のオブジェを撮影したカット。写りすぎるという表現が正しいか分かりませんが、解像力が平面上での表現域を超えて3D写真を見ているような錯覚になる一枚です。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F2 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


本レンズの立体感とボケ味がよく伝わる一枚。目で見る以上に美しく撮れるとは、まさにこの事です。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F2 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)





SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


息を飲む、圧倒的な描写性能



様々な機材を使用していると、稀にレンズの力に圧倒されるような銘玉に出会う事があります。『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』はまさにそのような一本で、何を撮っても絵になると言いますか、描写性能が良すぎてレンズが被写体やテクニックの先を行っている印象を受けました。
なんとなくですが、本レンズの写りに近いと感じたのが『Leica ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH.』。大口径でありながら開放からとてもシャープで、しかもピントの芯が深い。平面的にボケとピントの差だけを写真にするのではなく、被写体にピントが回り込んで解像しているような印象を『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』の描写から感じ取れます。これは学生時代の鉛筆デッサンで「見えているモチーフの裏側まで描くつもりで描け」と言われた事に似ていて、本レンズの立体感のある描写の秘密はそこにあるのではと思いました。
三脚座が付いているほど巨大な鏡筒のレンズではありますが、この大きなガラスがあったからこそ驚異的な描写性能を手に入れる事が出来たのでしょう。シグマは本当に凄いレンズを出してきました。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


思わず「ハトをこんなに綺麗に撮ったのは初めてだ」と言ってしまった一枚。普段見慣れている被写体も『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』で撮ると別の印象に気付かされます。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


F2.8の遠景でこの解像力。文句のつけようがありません。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F2 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)





SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


メーカー自身が“BOKEH-MASTER”と呼ぶだけの事はあり、前ボケ・後ボケ共に美しい表現です。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)





SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用) 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100
使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


これだけ大きく明るいレンズですから開放付近の周辺光量は落ちます。しかし被写体やイメージに合わせて写真に利用すればよりドラマチックな作品に仕上がるでしょう。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


フルサイズ一眼レフ『Canon EOS 5D Mark IV』へ本レンズを装着すると、この迫力です。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)


アルカスイスタイプの雲台にそのまま取り付けができる三脚座は取り外しが可能で、ゴム製の化粧リングも付属しています。この化粧リングがピタっとハマる感触やSportsラインと同等の防塵防滴性能など、『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』は非常に精度の高い仕事でレンズが作られているなと感じます。


SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM(キヤノン用)

その存在感には、確かな理由がある。



大きなレンズは持ち運ぶのも大変だし、使うのも大変。しかし今回使用した『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』からしてみれば、それらが“些細な事”と思えるほど絶対的な描写力を持つレンズでした。個人的に普段の撮影スタイルからは完全に用途が外れているレンズだと思って挑んだ今回のKasyapaでしたが、今や本レンズにすっかり魅了されてしまった自分がいます。

どのブランドも高性能なレンズを数多くラインアップしていますが、それらすべてのレンズと比較しても『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』はトップクラスの描写性と感性を持ち合わせたレンズだと思いました。“BOKEH-MASTER”の名の通り非常に美しいボケ味と高い解像力を持ったレンズではありますが、写し出された画から受ける印象はその言葉以上。その場の空気や、被写体の感触までも写真にしてしまう力が本レンズにはあります。シグマArtラインのコピーに使われている「圧倒的な描写性能。表現者のためのレンズ。」という理想を実現させた素晴らしいレンズでした。


Photo by MAP CAMERA Staff







マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



[Category: SIGMA|掲載日時:2018年06月08日 06:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!94票


SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

557:超望遠の世界を手軽に楽しめる『SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』[2019年12月14日]

焦点距離:328mm(換算492mm)/ 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:2500 / 使用機材:SONY α6600 + E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS SONYE 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 『SONY E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS』は、350mmまで伸ばせるAPS-C超望遠ズームレンズです。350mmといえば、35mm換算で525mm。離れたところにある被写体はもちろん、撮る人の感...
続きを読む
Canon RF70-200mm F2.8 L USM

556:新世代の白レンズ『Canon RF70-200mm F2.8L IS USM』[2019年12月13日]

焦点距離:200mm / 絞り:F10 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF70-200mm F2.8 L IS USM CanonRF70-200mm F2.8L IS USM 大三元レンズの一本である70-200mm F2.8がついにRFマウントで登場しました。このレンズはRFマウントとして初となるキヤノン伝統の白レンズ。描写性や操作性、堅牢性など最高レベルの性能を持...
続きを読む
Canon RF24-70mm F2.8 L USM

555:高性能と使い勝手の良さを両立『Canon RF24-70mm F2.8 L IS USM』[2019年12月11日]

焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:50 / 使用機材:Canon EOS R + RF24-70mm F2.8 L IS USM CanonRF24-70mm F2.8 L IS USM Canon初のミラーレス用大三元標準ズームレンズが、好評を博しています。F2.8通しのLレンズにも拘らず、最大5段分の手振れ補正機構が搭載されており、最短撮影距離が0.21mからというのも特筆すべ...
続きを読む
Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

554:立体感のある描写が光る1本『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』[2019年12月06日]

焦点距離:32mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 24-70mm F2.8 PanasonicLUMIX S PRO 24-70mm F2.8 『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』は、ズーム全域で高い描写性能を発揮する、大口径ズームレンズです。赤い「S」のエンブレムは、ライカカメラ社の品質基準を満たす証。明る...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む