Select Language




Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM

Canon EF-M32mm F1.4 STM


今回のKasyapaでは、EF-Mレンズとしては初となるF1.4の明るさを持つレンズ『Canon EF-M32mm F1.4 STM』をご紹介いたします。
「F1.4」と聞くと、多くの方が「大きくて重いレンズ」を想像されることでしょう。しかし本レンズは重量僅か235g、全長56.5mm、そして極め付けには6万円に収まるリーズナブルさを誇る型破りなレンズなのです。(※2018年9月25日現在のMapCameraでの価格です。)

冒頭の写真は屋内に展示されていたバイクを撮影したものですが、背景の非常に滑らかなボケ味に感動しました。さすが「Lレンズに迫る高画質」と謳われているだけあって肝心の描写力もかなりのもの。このレンズが登場したことでEOS Mシステムユーザーはかなり増えるのではないか、と思わせるほどに素晴らしい写りです。35mm判換算で51mm相当の画角になりますから、こういったスナップ撮影はもちろんポートレートでも大いに活躍してくれそうです。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:640 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


本レンズにレンズフードは付属しておらず、フードが必要な方は別売のレンズフード『ES-60』を購入する必要があります。
ただ、撮影した日は非常に天気がよく日差しもとても強かったのですが、そんな中1日使っていてもフレアやゴーストを感じる場面はほぼゼロに等しかったです。逆光耐性はかなりのものであると思っていただいて間違いないでしょう。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


そしてさらに、本レンズは近接撮影も得意としています。最短で23cmまで被写体に近寄ることが可能で、ご覧の通り大きなボケ味を生かしたテーブルフォトもばっちりこなします。レンズ側面には撮影距離範囲の切り替えスイッチも付いており、活用することでよりスムーズに撮影を楽しむことができます。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F8/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


拡大して見ると、改めてその描写性能の高さに驚きます。画面端まで隙のない見事な描写を見せてくれました。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


開放でもピント面は非常にシャープ。レンズの性能とEOS Kiss Mの操作性の良さのおかげか、開放で撮影をしていてもピントを外すことはほとんどありませんでした。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F2.5/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM




Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F5/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


ボディもレンズもコンパクトで、非常に機動力が高いのがEOS Mシステムの大きな魅力です。
だいたいどのシステムもF値が明るくなったり性能が上がるのに比例してレンズも大きくなっていきますが、EOS Mシステムは性能が上がってもコンパクトなまま。極端に大きくなったり重くなったりすることがありません。
「撮りたい」と思った時にサッと構えて、もちろん狙った被写体は逃さない。動体撮影で活躍するだけでなく、日常の何気ないワンシーンを切り取るのにも最適なシステムです。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM




Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


夕日に照らされるビル群を捉えた1枚。ずっと奥の方のビルまでしっかりと描写してくれています。
早いもので9月ももう終わりに差し掛かり、だんだんと日が短くなってきました。秋の空はくるくると表情が変わるので、ずっと眺めていても飽きません。撮り甲斐のある被写体だなと撮るたびに感じます。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


ガラス越しに撮影をしたミニチュアの模型たち。背景が入り組んでいたのでボケがうるさくなるかと思いましたが、杞憂だったようです。ピント面のシャープさと前後のボケの柔らかさによって、メインの被写体である電車をより強調してくれました。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM

小さくても、驚くほどに高性能。



今回はEOS Kiss Mのブラックカラーと組み合わせて使用をしたのですが、バランスが非常に良く、この洗練された見た目からはとてもエントリークラスのカメラであるとは思えないほど。金属マウントを採用しており堅牢性も抜群なので、お子さんのいらっしゃるパパ・ママカメラマンでも安心してお使いいただける逸品となっています。

また、本レンズはフルタイムマニュアルフォーカスに対応しています。フォーカスリングが幅広で操作しやすいだけでなく、EF-Mレンズの特徴でもある細かいでこぼこが密集したアヤメローレットのおかげもあってか細かいピント合わせも容易に行うことができました。

軽量・高性能・リーズナブルと三拍子そろった『Canon EF-M32mm F1.4 STM』。これからの秋の行楽シーズンのお供としてぜひおすすめしたいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:27票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |