Select Language




Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM

Canon EF-M32mm F1.4 STM


今回のKasyapaでは、EF-Mレンズとしては初となるF1.4の明るさを持つレンズ『Canon EF-M32mm F1.4 STM』をご紹介いたします。
「F1.4」と聞くと、多くの方が「大きくて重いレンズ」を想像されることでしょう。しかし本レンズは重量僅か235g、全長56.5mm、そして極め付けには6万円に収まるリーズナブルさを誇る型破りなレンズなのです。(※2018年9月25日現在のMapCameraでの価格です。)

冒頭の写真は屋内に展示されていたバイクを撮影したものですが、背景の非常に滑らかなボケ味に感動しました。さすが「Lレンズに迫る高画質」と謳われているだけあって肝心の描写力もかなりのもの。このレンズが登場したことでEOS Mシステムユーザーはかなり増えるのではないか、と思わせるほどに素晴らしい写りです。35mm判換算で51mm相当の画角になりますから、こういったスナップ撮影はもちろんポートレートでも大いに活躍してくれそうです。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:640 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


本レンズにレンズフードは付属しておらず、フードが必要な方は別売のレンズフード『ES-60』を購入する必要があります。
ただ、撮影した日は非常に天気がよく日差しもとても強かったのですが、そんな中1日使っていてもフレアやゴーストを感じる場面はほぼゼロに等しかったです。逆光耐性はかなりのものであると思っていただいて間違いないでしょう。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


そしてさらに、本レンズは近接撮影も得意としています。最短で23cmまで被写体に近寄ることが可能で、ご覧の通り大きなボケ味を生かしたテーブルフォトもばっちりこなします。レンズ側面には撮影距離範囲の切り替えスイッチも付いており、活用することでよりスムーズに撮影を楽しむことができます。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F8/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


拡大して見ると、改めてその描写性能の高さに驚きます。画面端まで隙のない見事な描写を見せてくれました。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


開放でもピント面は非常にシャープ。レンズの性能とEOS Kiss Mの操作性の良さのおかげか、開放で撮影をしていてもピントを外すことはほとんどありませんでした。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F2.5/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM




Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F5/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


ボディもレンズもコンパクトで、非常に機動力が高いのがEOS Mシステムの大きな魅力です。
だいたいどのシステムもF値が明るくなったり性能が上がるのに比例してレンズも大きくなっていきますが、EOS Mシステムは性能が上がってもコンパクトなまま。極端に大きくなったり重くなったりすることがありません。
「撮りたい」と思った時にサッと構えて、もちろん狙った被写体は逃さない。動体撮影で活躍するだけでなく、日常の何気ないワンシーンを切り取るのにも最適なシステムです。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM




Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


夕日に照らされるビル群を捉えた1枚。ずっと奥の方のビルまでしっかりと描写してくれています。
早いもので9月ももう終わりに差し掛かり、だんだんと日が短くなってきました。秋の空はくるくると表情が変わるので、ずっと眺めていても飽きません。撮り甲斐のある被写体だなと撮るたびに感じます。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 使用機材:Canon EOS Kiss M + EF-M32mm F1.4 STM


ガラス越しに撮影をしたミニチュアの模型たち。背景が入り組んでいたのでボケがうるさくなるかと思いましたが、杞憂だったようです。ピント面のシャープさと前後のボケの柔らかさによって、メインの被写体である電車をより強調してくれました。


Canon(キヤノン) EF-M32mm F1.4 STM

小さくても、驚くほどに高性能。



今回はEOS Kiss Mのブラックカラーと組み合わせて使用をしたのですが、バランスが非常に良く、この洗練された見た目からはとてもエントリークラスのカメラであるとは思えないほど。金属マウントを採用しており堅牢性も抜群なので、お子さんのいらっしゃるパパ・ママカメラマンでも安心してお使いいただける逸品となっています。

また、本レンズはフルタイムマニュアルフォーカスに対応しています。フォーカスリングが幅広で操作しやすいだけでなく、EF-Mレンズの特徴でもある細かいでこぼこが密集したアヤメローレットのおかげもあってか細かいピント合わせも容易に行うことができました。

軽量・高性能・リーズナブルと三拍子そろった『Canon EF-M32mm F1.4 STM』。これからの秋の行楽シーズンのお供としてぜひおすすめしたいレンズです。


Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ



カテゴリー: Canon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:36票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 519:いつでも好きな写真が撮れる『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』 2019年03月27日
焦点距離:94mm(換算:188mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 OLYMPUSM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 陽だまりに春の温かさを感じる今日このごろ、散歩も兼ねて桜を撮りに行く方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節に迷うのが機材選び。歩くから機材を軽くしたい、でも広角も望遠も使って色々な被写体を撮りたい。そう...
続きを読む
Panasonic S1R 518:渾身のプロフェッショナルモデル『Panasonic S1R』 2019年03月23日
絞り:F9 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. Panasonic  LUMIX DC-S1R 最初にして最高傑作。ライカ初のM型カメラ『M3』を語るときによく使われる言葉ですが、この撮影で思い浮かんだ言葉がまさにそれでした。今回のKasyapaはパナソニック初のフルサイズミラーレス機『LUMIX DC-S1R』のご紹介です。ミラーレス機の黎明期から業界を牽引してきたパナソニックのLUMIXシリーズ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |