Select Language




Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F4 / シャッタースピード:0.3秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S

Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S


今回のKasyapaでは、大注目のフルサイズミラーレス『Nikon Z7』と共に発売された単焦点レンズ『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』をご紹介いたします。
ナノクリスタルコートが施されていることをはじめ、高い品質基準をクリアしたレンズにのみ与えられる「S-Line」という称号。本レンズは現在3本あるS-Lineレンズラインナップのうちの1本ということで、筆者も発売を心待ちにしていました。

翌日の撮影のために新レンズを持ち帰る途中、とにかく早く試してみたいという衝動が抑えられず思わず東京駅で途中下車。向かいのビルのテラスからライトアップされた赤煉瓦駅舎を撮影しました。三脚などカメラを固定するものを持ち合わせていなかったので、丸い手すりの上にカメラを乗せ、滑らないよう抑えながらシャッターを切りました。一眼レフの機材と比べ、大幅に軽量化されたシステムのおかげで、不安定な台の上でもカメラをしっかり抑えることができます。そしてミラーショックの無いシャッターだけの僅かな振動、強力な手ブレ補正など、最初の1カットだけでミラーレスの恩恵を存分に感じることができました。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


本レンズの発表時、同じ画角のFマウントレンズと比較してしまい、高価な印象を受けましたが、実際に撮影をしてみてその気持ちが払拭されました。今までのF1.8レンズとは一線を画すとニコンが言っている理由がよく分かります。この性能と描写力に加えて約370gという軽量・コンパクトさを考えると、むしろ安いと思えるほどです。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


2枚のEDレンズに加えて3枚の非球面レンズが採用されているため、軸上色収差やサジタルコマフレアを効果的に抑制。画面の隅々までクリアで美しい描写を可能としています。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S




Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


防塵・防滴に配慮された設計をしているため、水辺の撮影でも臆することはありません。小魚がたくさん泳ぐ睡蓮の池の水面ギリギリで撮影しました。水面の反射も綺麗に捉える素晴らしい描写力です。1枚上の赤い和傘を色鮮やかに捉えたと思ったら、今度は淡い花を上品な色で捉えます。撮影者の意図を汲だかのような、イメージどおりの仕上がりに、本システムの使いやすさを感じます。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


最短撮影距離は撮像面から25cmとのことで、かなり近くまで寄ることが可能です。また、レンズのコントロールリングには様々な機能を割り当てることが出来るため、こういった近接撮影でのM/A切り替えはもちろんのこと、F値、露出補正もレンズ側で操作することが可能です。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


ニコンファンミーティングのステージでS-Lineレンズが紹介されているのを聞いていたのですが、動画撮影にもかなり力を入れていることが伺えました。中でも、ピントを移動する際に画角まで変化してしまうフォーカスブリージングを抑制している点が非常に魅力的でした。ステッピングモーターが採用されているためフォーカス駆動音もとても静かです。
Nikon Zシステムは静止画のみならず動画撮影でも大いに活躍してくれることでしょう。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:320 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S




Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/10秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


夜でも明るいビルの間の路地をヘッドライトを点けた車が行き交います。多方向から強い明かりを感じる中でもフレアやゴーストは見られません。レンズ鏡筒には表記されていませんが、ナノクリスタルコートの存在感をしっかり感じ取ることができます。点光源のボケも綺麗です。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F2.2/ シャッタースピード:1/125秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


Zシリーズの電子ビューファインダーは光学ファインダーに遜色ないほどの高精細さを誇ります。レンズのコンパクトさ、そしてそれに加えてボディの操作性の良さも相まって写真を撮るのが何倍にも楽しくなる組み合わせです。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:64 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 35mm F1.8 S


照明が当たっている部分だけ白トビすることもなく、全体的に柔らかい雰囲気に仕上げてくれました。ちなみに、今回の撮影は全てホワイトバランス「オート」で撮影をしています。RAW現像しているので少し明るさを調整しているものもありますが、基本的にはそのままです。


Nikon (ニコン) NIKKOR Z 35mm F1.8 S

こんなF1.8レンズ、見たことない。



『Nikon NIKKOR Z 35mm F1.8 S』いかがでしたでしょうか。
1日半使用してみて、私はやはり最たるポイントであるボケ味の美しさに魅了されました。透明感があり、前ボケも後ボケもとても滑らか。まるで中望遠レンズで撮影しているのかと錯覚してしまうほどに立体的な描写力。開放から限りなくシャープなピント面と美しいボケが生み出せるからこそなせる業であると言えるでしょう。

NIKKOR Zレンズロードマップを見てみると、今後も魅力的なレンズの登場が予定されていることが分かります。しかもそのすべてがS-Lineレンズなのには驚きました。それだけニコンが力を入れているS-Lineレンズの記念すべき第一弾として『NIKKOR Z 24-70mm F4 S』と共に発売された『NIKKOR Z 35mm F1.8 S』。ぜひ一度お試しください。


Photo by MAP CAMERA Staff








マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ


カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:43票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |