Select Language




Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR

Nikon AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR



カメラを長く使っていると自然とインプットされてしまう先入観。その代表例が「超望遠レンズは大きくて重い」というイメージではないでしょうか?
最近ではマイクロフォーサーズなど、センサーの小型化により軽量なシステムも増えてきましたが、フルサイズ用の500mmレンズとなると、最低でも2〜3Kgは覚悟しなくてはならないのが現状です。
今回、Kasyapaで紹介するのはそのイメージを払拭するニコンの新レンズ『AF-S NIKKOR 500mm F5.6E PF ED VR』です。
2015年1月に登場した「AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR」と同じ、PF(位相フレネル)レンズを採用し、500mmF5.6というスペックながら、約1,460gという軽量化を実現。 軽快な手持ち撮影が可能になり、スポーツシーンなど動きの変化が激しい被写体に威力を発揮します。

まずは以前、カワセミと遭遇したことのある自然観察園に出掛けました。
数カ所のポイントを探し歩きます。今までの超望遠レンズであれば、すぐに音を上げてしまいそうな移動ですが、大幅な軽量化のおかげでフットワーク良く移動できました。
残念ながらカワセミには会うことができず、代わりに遭遇したのはアオサギです。カメラを向けてもピクリとも動かず、「生きてる?」と不安ながらに500mmで引き寄せると、鋭い眼光を確認。野生の生命力を感じることができました。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


公園の最寄駅を成田空港へ向かう特急列車が最高速度130Kmで通過します。フォーカス用レンズ群の軽量化によりAFも高速化された新レンズは、列車のスピードにもしっかり対応します。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:1600 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


移動が苦にならない軽量な望遠レンズは、広い動物園でも重宝します。手前の柵など全く気にならず、動物の間合いの外から自然な様子を綺麗に切り取ることができます。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


展示スペースの運動場を周回して、奥の小部屋で一息つくレッサーパンダを撮影。覗かれていることに気づいていない様子で、リラックスした表情を捉えることができました。
薄暗い小部屋の内部を狙ったため、シャッタースピードが若干遅くなりましたが、4段分の手ブレ補正機構がこれをしっかりサポートしてくれます。もう三脚座は必要ないのではと思わせるほど、手持ち撮影が便利な超望遠レンズです。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


バラが咲く花壇では、花びらの質感を綺麗に捉える高い解像力が確認できました。また単焦点レンズならではの、大きなボケも味わうことができます。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


一般的なカメラバッグにもギリギリ収まる長さ237mmのレンズは、街中でも気軽に撮影することができます。本レンズの最短撮影距離は3mのため、被写体からは離れなくてはなりませんが、望遠ならではの圧縮効果で迫力ある画像が楽しめます。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


クリアで抜けの良いナノクリスタルコートレンズは、遠い被写体も距離感を感じさせないほど綺麗に引き寄せてくれます。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR



Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 焦絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


東京駅、丸の内行幸通りから八重洲口の工事現場のクレーンを撮影。600m以上離れたビルの屋上の作業現場をこれだけ鮮明に捉えるとは、驚き以外何もありません。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR


PFレンズは特性上、強い光源があると周辺にフレアが発生しやすいとのことですが、列車のヘッドライトではその様子を確認することはできませんでした。
新開発のPFレンズ素材は回析フレアを大幅に抑制し、光源は本来の色に近い色で再現するとのこと。フレアに対して臆病になる必要はなさそうです。


Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:400 / 使用機材: Nikon D5 +AF-S 500mm F5.6E PF ED VR



Nikon AF-S 500mm F5.6E PF ED VR



今回の撮影は、超望遠レンズを持ちながら電車で自然公園、動物園、東京駅へと移動しました。 これまでの超望遠レンズだったら体力的に1日でここまでの距離を移動することは叶いませんでしたが、 軽量化された本レンズのおかげで乗り切ることができました。また、手持ち撮影が容易なレンズは三脚等の準備もいらないため、よりフットワークよく撮影できます。この恩恵は本当に大きく感じます。
ニコンもフルサイズミラーレスに参入し、これまでの資産を活かしつつ機材の軽量化を検討されている方も多いのではないでしょうか?本レンズはまさに打って付け。一眼レフはもちろん、軽量なミラーレス機でもバランスの良い撮影が楽しめることでしょう。
一度このレンズの便利さを知ってしまったら、もう重いレンズには戻れません。ご注意ください。


Photo by MAP CAMERA Staff












マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ


カテゴリー: Nikon   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:15票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 505:次世代のスタンダードレンズ『Nikon Z 50mm F1.8 S』 2018年12月08日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材: Nikon Z7 +NIKKOR Z 50mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 50mm F1.8 S ニコンZシリーズの発表時にラインナップされた3本の中の1本『NIKKOR Z 50mm F1.8 S』。突然の発売延期にやきもきされた方も多いのではないでしょうか? お待たせいたしました。待望の新世代大口径標準レンズの登場です。 ニコン独自の設計指針と品質管理をさらに厳格化したNIKKOR Zレンズの中でも、さらに高い基準を満たすレン...
続きを読む
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 504:切り取り過ぎない程よい画角が魅力『Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』 2018年12月07日
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIII + Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 今回のKasyapaでは、フォクトレンダーから新しく登場した中望遠マクロ『MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5』をご紹介いたします。 人気を博している『MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical』に続く2本目のレンズということもあり、発売が延期されるほど注目され...
続きを読む
SIGMA C 56mm F1.4 DC DN 503:ハイパフォーマンスのContemporary『SIGMA C 56mm F1.4 DC DN』 2018年12月07日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材: SONY α6500 +SIGMA Contemporary 56mm F1.4 DC DN SIGMAContemporary 56mm F1.4 DC DN シグマより発売されたミラーレス用中望遠レンズ『Contemporary 56mm F1.4 DC DN』を紹介いたします。 Artレンズに匹敵する高画質を実現したという本レンズ。今回は「ソニー Eマウント」用レンズと「SONY α6500」の組み合わせで色づき始めた紅葉を見に出かけてきました。最近は画質優先の大きなレンズが...
続きを読む
FUJIFILM GFX 50R 502:気軽に使える最高画質『FUJIFILM GFX 50R』 2018年11月28日
絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM GFX 50R + フジノン GF45mm F2.8 R WR FUJIFILM GFX 50R 次々と注目度の高いミラーレス機が発表される中、改めて自身が所有しているカメラシステムを見直されている方も多いのではないでしょうか。巷の話題がフルサイズミラーレスを中心に騒がれている中、フジフイルムは35mmフルサイズより大きなセンサーを搭載したGFXシリーズの新製...
続きを読む
SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 501:新たな表現を生み出す『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』 2018年11月22日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM 焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |