Select Language




絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM

焦点距離40mmと聞くと皆さんはどのようなレンズを想像するでしょうか?35mmと50mmの間を埋める少しマイナーな焦点距離のレンズは、昔から薄型・軽量のパンケーキレンズなどが占めていました。私もその焦点距離を聞くと、現行のEF40mm、ペンタックス40mm、5mm増えるとテッサー45mmやニッコール45mm、ちょっとマニアックに想像を広げてリケノン45mmなど薄型のパンケーキレンズがポンポンポンと頭の中に浮かぶのですが、ご紹介するシグマの40mmはその常識を覆す、驚くべき40mmレンズを登場させてきました。今回のKasyapaはArtレンズの最新作『SIGMA (シグマ) Art 40mm F1.4 DG HSM』をお届けいたします。

まず何に驚いたかという言うと、そのレンズの大きさです。フィルター径82mm、重量約1200gの堂々たる姿は『SIGMA (シグマ) Art 50mm F1.4 DG HSM』よりもひとまわり大きく、例えるならCarl zeiss Otusシリーズのようなヘビー級レンズの出で立ち。しかし、シグマが作る大きな単焦点レンズとなればその描写力に期待をしてしまうもので、思わず顔がニヤけてしまいました。以前『SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM』の撮影もしたのですが、今回はそれに似たワクワク感を胸に抱きながら撮影に向かいました。まずは写真をご覧いただければと思います。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

SIGMA (シグマ) Art 40mm F1.4 DG HSM
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

SIGMA (シグマ) Art 40mm F1.4 DG HSM
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

シャッターを切った1枚目から感じる、表現力。

8K画質に対応したシネレンズ『SIGMA 40mm T1.5 FF』をベースに作られた今回の『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』。シャープネスとボケ味の美しさ。コントラストはしっかりと高いのに、なだらかに広がるトーン表現。そしてビネット(口径食)が生み出す絶妙な画作り。“シネレンズから”という思い込みもあるのかもしれませんが、『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』が写し出す世界観はどこか映像的で、映画と写真の中間に位置しているように思えました。よくレビューで“表現力”という言葉を目にしますが、そのニュアンスが一番しっくりとくるレンズかもしれません。シグマの35mmや50mmとはまた違う、独特の表現力を持ったレンズです。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

最短撮影距離は40cmから。絞り開放で撮影すれば薄明かりの中でスポットライトを照らしたような、被写体を際立たせる表現が可能です。ピント面に刻まれた芯は深く、使用した『EOS 5D Mark IV』の解像性能を限界まで引き出しているように思えます。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

レンズが大きいとはいえ、多くの方が使用する大口径ズームのサイズ感を考えれば、特筆して大きいわけではありません。画角的にスナップ撮影や普段使い、例えば室内で家族を撮影したり、テーブルの向かいに座る恋人を撮影するのにもってこいの焦点距離だと思います。きっと『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』は何気ない日常を印象的な1枚として残してくれるはずです。

SIGMA (シグマ) Art 40mm F1.4 DG HSM
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

『SIGMA (シグマ) Art 105mm F1.4 DG HSM』でも感じたことですが、本レンズは解像力の高さを見せるレンズではなく、被写体のリアルな質感と立体感を見せるレンズだと思いました。もちろん解像力はものすごく高いのですが、ザラッとした画の硬さはなく、写真の中に上手く調和しています。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + Art 40mm F1.4 DG HSM

『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』はフレア・ゴーストといった逆光耐性に強いだけでなく、フリンジの発生も抑えられたレンズだと感じました。光と被写体の際までしっかりと写し出しますので、夕日などの光源を背にした被写体をドラマチックに写してくれるはずです。

SIGMA (シグマ) Art 40mm F1.4 DG HSM

開放描写がこんなにも美しいレンズは、なかなか無い。

『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』の撮影を終えて思ったことは、撮れる画の印象が非常に美しいということ。画面全体で均一性を感じられ、映画から印象的なワンシーンを切り取ったような写真に仕上げてくれます。おそらく多くの方が50mmや35mmを持っている中で40mmをラインアップに加えるか迷うことでしょう。ですが、『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』を標準域の軸とし、望遠を『SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM』で揃えれば今まで自分が撮ってきた写真とは違うものが撮れるのではと真剣に想像してしまいました。
焦点距離も固定概念を取り払えば新しい撮影の楽しみも増えるというもの。今回撮影した写真で少しでも『SIGMA Art 40mm F1.4 DG HSM』の魅力が伝わっていただけたら幸いです。ぜひ皆さんも本レンズで新たな表現を体感してください。


Photo by MAP CAMERA Staff




マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ




カテゴリー: SIGMA   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:38票   




≪BEFORE Top Page NEXT≫

522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む
FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR 520:軽快な撮影が楽しめる広角レンズ『FUJIFILM XF16mm F2.8 R WR』 2019年04月16日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:FUJIFILM X-Pro2 + XF16mm F2.8 R WR FUJIFILMXF16mm F2.8 R WR 富士フイルムからコンパクトな広角単焦点レンズ『フジノンレンズ XF16mm F2.8 R WR』が発売されました。 16mm単焦点レンズといえば既に「XF16mm F1.4R WR」がリリースされていますが、新レンズは開放F値をF2.8に抑えたことで、僅か155gという小型軽量化に成功。軽量なミラーレスボディと合わせ、軽快なスタイルでの撮影を...
続きを読む
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 519:いつでも好きな写真が撮れる『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3』 2019年03月27日
焦点距離:94mm(換算:188mm) / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 使用機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 OLYMPUSM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 陽だまりに春の温かさを感じる今日このごろ、散歩も兼ねて桜を撮りに行く方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節に迷うのが機材選び。歩くから機材を軽くしたい、でも広角も望遠も使って色々な被写体を撮りたい。そう...
続きを読む
Panasonic S1R 518:渾身のプロフェッショナルモデル『Panasonic S1R』 2019年03月23日
絞り:F9 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S. Panasonic  LUMIX DC-S1R 最初にして最高傑作。ライカ初のM型カメラ『M3』を語るときによく使われる言葉ですが、この撮影で思い浮かんだ言葉がまさにそれでした。今回のKasyapaはパナソニック初のフルサイズミラーレス機『LUMIX DC-S1R』のご紹介です。ミラーレス機の黎明期から業界を牽引してきたパナソニックのLUMIXシリーズ...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |