Select Language

焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S

発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。
14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとして一部ファンの間では神レンズと呼ばれるほどの人気レンズ。当然、画質向上を謳うZシリーズですから、この神レンズを超えてくるのだろうと期待値が高まります。早速試してみました。

平成から令和へ。改元を挟んだ今年のゴールデンウィークは10連休という超大型連休になりました。そしてその行楽シーズンを彩るように様々な花が見頃を迎えています。
まず訪れたのは、樹齢150年の藤の花が有名な栃木県の花の名所。この日も駐車場には何十台もの観光バスが駐車するほど多くの観光客が集まっていました。混雑した場所でも邪魔にならないコンパクトなシステムは本当に助かります。
最前列に潜り込み、広角端で広大に広がる藤を目一杯捉えると、広角特有のパースが枝の広がりをより強調してくれました。両下角に伸びる枝を支える柱も綺麗な直線のままで、歪みがしっかり抑えられているのが分かります。
そしてこのシャープな描写と細部まで捉える高い解像力。四隅の周辺減光もさほど感じられません。最初の数カットで神レンズの片鱗が伺えます。

焦点距離:30mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

花の香りを楽しもうと、低い枝に近づくと「てんとう虫」を見つけました。最短28cmと近接にも強いので、超広角レンズでも撮りたい被写体をしっかり主張させることができます。
夢中でてんとう虫を追っていたら、危うく前玉が手前の葉に当たりそうになりました。フッ素コートにより汚れが拭き取りやすくなったとは言え、万が一のためにレンズ保護フィルターは不可欠です。本レンズには82mm径の装着が可能なので、そんなうっかりミスを防いでくれます。 改めて他製品を見ても、ニコンフルサイズ用レンズで14mmもの広角域をカバーしながらレンズ先端にフィルターが装着できるのは現状、本レンズだけ。広大な景色を青空と一緒に収める際に使いたいC-PLフィルターや、動画撮影時に重宝するNDフィルターなど表現力を広げるにも唯一無二のレンズです。

焦点距離:19.5mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

人混みを避け、都市部に戻ってきました。6月のトップシーズンを前に結婚式場も多くの見学客で賑わっています。普段は閉ざされている門が開いていたので、中を覗いてみました。
建造物撮影にも重宝する広角レンズ。改めて直線の気持ち良さが体感できます。そしてこの解像力です。2階の窓越しに下げられたウェディングドレスなど、細かなところまでしっかり描いてくれます。

焦点距離:30mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

式場近くの展望施設にはカップルの幸せを願う鍵がかけられていました。何組がゴールインしたのかという余計な詮索をしながら、絞り開放で寄ってみると、とても大きなボケ味を見ることができました。開放F4の超広角レンズでここまでボケるとは想像以上です。

Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S
焦点距離:28.5mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

シャープで色のり良い描写は、被写体をより綺麗に捉えてくれます。「14-24mm」と比べ望遠端が30mmと少し余裕ができたのも嬉しいポイント。レンズ交換なしにクローズアップ撮影が楽しめます。

Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S
焦点距離:30mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

せっかくの連休も天気に恵まれない日が多くあり、撮影中にも雨に降られるシーンが何度かありましたが、本レンズは防塵防滴仕様。小雨はもちろん、水辺でもFマウントレンズより気軽に撮影が楽しめます。

Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S
焦点距離:15.5mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

ニコンの高性能レンズに欠かせない「ナノクリスタルコート」。5月の強い日差しの下でも、コントラスト高く被写体を捉えてくれます。広い画角を捉えるレンズなだけに、開放的なクリアな描写がより引き立ちます。

焦点距離:14mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

焦点距離:18mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

薄暗い室内でもAFは静かに素早く反応します。広角レンズに速いAFを必要とするシーンは少ないかもしれませんが、何気なくカメラを向けたものでも瞬時に切り取ってくれる快適さがあります。

焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S

使いこなすのが難しいイメージの超広角レンズですが、軽量で気軽に持ち出せる使いやすさから、ふと目に止まったものでも、とりあえず撮ってみようという気分になり、新たな発見へ導いてくれます。小さな花壇も広角独特のパースのおかげで立体的な写真になりました。レンズの面白さが今まで以上に味わえることでしょう。

Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S

こんな使いやすい超広角は初めて

「Z 24-70mm F4 S」と同じ、ボタンレスの沈胴式ボディを採用したことで、携行性に優れた機動力を発揮。開放F4のレンズとは言え、収納時に長さ85mmまで小さくなることに驚きます。 周辺まで歪みを抑えたクリアな画像も想像以上。人気を裏付ける高いパフォーマンスを体感することができました。
Zシリーズを使っている方はぜひお試しください。改めてZシリーズの凄さを認識することができるはずです。


Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



[Category: Nikon|掲載日時:2019年05月13日 07:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!37票


SONY α9II

546:そのスピードの虜となる『SONY α9II』[2019年11月04日]

焦点距離:46mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:12800 / 使用機材:SONY α9II + FE 24-70mm F2.8 GM SONYα9II ミラーレスカメラの弱点とも言われていた動体撮影を高い技術で克服し、プロのニーズに応えた「SONY α9」の登場が2017年5月。それから約2年半の歳月を経て、さらにブラッシュアップされた「α9II」がデビューしました。 α9IIといえば、圧倒的なスピード。データ量の多いフルサイズ機にもかかわらず、連写をはじめとした...
続きを読む
SONY α6600

545:機動力を写真の力に『SONY α6600』[2019年11月03日]

焦点距離:16mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α6600 + E 16-55mm F2.8 G SONYα6600 次々と新たな技術を投入し、カメラの未来を大きく変えてきたソニーのα。その中でもα6000シリーズは高性能と軽快さを両立させたAPS-Cミラーレス機で、パパカメラから写真趣味のハイアマチュア、プロのサブ機まで幅広いユーザーから支持されています。そんな人気シリーズの最上位機種がついにモデルチェンジしました。今回のKasyap...
続きを読む
Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM

544:思い立ったら自在に撮影できる快適なレンズ『Canon RF24-240mm F4-6.3 IS USM』[2019年10月29日]

焦点距離:24mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS RP + RF24-240mm F4-6.3 IS USM CanonRF24-240mm F4-6.3 IS USM キヤノンより、35mmフルサイズミラーレス対応の10倍ズームレンズが発売されました。24mmの広角から240mmの望遠まで、これ1本でカバーできます。ショートバックフォーカスが特徴のRFマウント用にすることで、小型・軽量化を実現。旅行や街撮りをはじめとした幅広いシーンでの活躍が期待できます...
続きを読む
SIGMA fp

543:カメラの新しいカタチ『SIGMA fp』[2019年10月25日]

絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200 / 使用機材:SIGMA fp + Contemporary 45mm F2.8 DG DN SIGMAfp 衝撃の製品発表から早3ヶ月、ついにこの注目機種が発売されました。今回のKasyapaはポケットサイズのフルサイズミラーレス機、そしてスチルカメラとシネマカメラを融合した全く新しいカメラ『SIGMA fp』のご紹介です。 この『fp』発表の際、「デジタルカメラの脱構築」をキーワードに、スチルカメラ、シネマカメラ、そしてスマートフ...
続きを読む
FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR

542:XFレンズの新しいスタンダード『FUJIFILM XF16-80mm F4 R OIS WR』[2019年10月25日]

焦点距離:16mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:Velvia 使用機材:FUJIFILM X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR FUJIFILMXF16-80mm F4 R OIS WR 焦点域で選ぶのか、明るさで選ぶのか、多くの方が直面するズームレンズ選びのテーマだと思います。フジフイルムのXFレンズで言えば、通称・大三元レンズに相当する『XF16-55mm F2.8 R LM WR』のF2.8通しズームがあり、焦点距離なら7.5倍のズーム域をカバーできる『XF...
続きを読む