Select Language




TAMRON (タムロン) 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺麗な中望遠はポートレート撮影にピッタリ。しかし、この手の中望遠レンズは被写体との距離がちゃんと取れないとどうにもイメージ通りにならない為、保険で50mmや35mmなどを合わせて持ち出す方も多いのではないでしょうか?今回のKasyapaはその用途を1本で叶えてくれる新ジャンルのズームレンズ『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』をご紹介いたします。

最初の被写体に選んだのは出勤前にコーヒーを飲んでいた妻。ちょっと来てと窓際に呼び出し、少し影を意識した露出で撮影をしました。ポートレートズームレンズと聞いていたのでどのようなものかと思いましたが、なるほど、解像力がありながらも滑らかな印象の画作りは流石タムロンだなという印象です。階調もなだらかで質感表現も◎。これはいいレンズの予感がします。

焦点距離:68mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

普段はパンとコーヒーだけの朝食ですが、撮影のためにプラスで水菜のサラダも。用意してくれたのは妻…ではなく、私。我が家の料理長は夫の役割です。『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』の焦点域と接写も得意となればテーブルフォトにも向いているレンズだと思い、俯瞰から撮影した一枚です。

焦点距離:150mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

サラダはヌーヴォーのエクストラバージンオイルに塩・コショウを加えただけのシンプルなドレッシングで。レンズの焦点距離は150mm、最も近寄れる距離で撮影しました。滑らかに溶ける前ボケ・後ボケがとても綺麗です。

焦点距離:95mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

TAMRON (タムロン) 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD
焦点距離:150mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:200
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

自宅での撮影後、電車で向かったのは神奈川・逗子。夏を感じる暑い日差しを浴びると無性に海へ出かけたくなります。駅から15分ほど歩き、ウィンドサーフィンを楽しむ方が多い海岸に到着しました。海からは潮の香りがする気持ちのいい風が吹いています。この時は日差しが強く少しアンダー気味で露出をセット。望遠端150mmでシャッターを切りました。少し四隅に光量落ちが見られますが、作品撮りに使える味付けだと感じました。もし光量落ちが嫌なら一段絞れば改善されるのでイメージに合わせて上手くコントロールできるはずです。

焦点距離:44mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:200
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

焦点距離:65mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

ポートレートの用途だけでは勿体ない。

広角域を使わなければ、これほど理想的なズームレンズはないと感じた『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』。焦点域や明るさ、滑らかなボケ味などポートレート撮影を意識して開発したレンズですが、それだけでは勿体なさすぎるというのが本音です。24-70mmや24-105mm、24-120mmといったズームレンズは世にたくさん溢れていますが、24mm側はほとんど使わない方も中にはいるのでしょう。私も35mmや50mmをフレーミングの基準にしているタイプなので、本レンズほど用途がハマるズームレンズは他にないと思いました。もし広角側が必要なら小型軽量な『TAMRON 17-35mm F2.8-4 Di OSD』を一緒に持ち出せば撮影の幅は驚くほど広がるはず。タムロンはオリジナリティのある魅力的なレンズを出してきました。

焦点距離:150mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

潮溜まりで捕まえたヤドカリを片手で撮影した一枚。一眼レフを片手に海の生き物探しに夢中になってしまいました。150mmをこの距離で撮影できるのですから使い勝手は抜群です。

焦点距離:35mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

焦点距離:150mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

焦点距離:150mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100
使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

浜辺を裸足で歩く外国人の2人。なんだか画になるなぁと、思わずシャッターを切りました。コレが望遠端70mmのレンズだったら上手く画として成立しなかったでしょう。後ろに写るサーファーも構図としていい味を出しています。

TAMRON (タムロン) 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD

このズームレンズを待ち望んでいた。

常用で使いやすい35mmから始まり、70mmや105mmで感じていた「もうちょっと」を150mmでカバーできる『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』はまさに待ち望んでいたズームレンズでした。各焦点距離からの開放描写も素晴らしく、クリアで解像感はありながらも固くならない写り味はポートレートズームを謳うだけのことはあります。昔から言われているボケ味と色ノリの良さという特徴に、逆光耐性と質感描写が加わったと言えばよいでしょうか、他のメーカーにはない“タムロンレンズの特徴”を本レンズからも感じられました。標準〜中望遠を作品撮りのメインにされている方に是非オススメしたい1本です。


Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: TAMRON   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:16票   




≪BEFORE Top Page これ以上新しいレポートはありません。

525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 523:新時代の万能レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』 2019年04月29日
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/40秒 / ISO:1250 / 使用機材:SONY α7RIII +Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF(ソニーE用/フルサイズ対応) Carl ZeissBatis 40mm F2 CF 今回ご紹介するのは、昨年2018年の11月に発売されたカールツァイスの標準レンズ『Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF』。メーカーの製品説明の言葉を拝借すれば、「新時代の万能レンズ」として常に高い人気を誇る本製品ですが、その高い人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。今回、幸運...
続きを読む
522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 522:最高のポートレートを撮るために『SONY FE 135mm F1.8 GM』 2019年04月21日
絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 使用機材:SONY α9 + FE 135mm F1.8 GM SONY  FE 135mm F1.8 GM ソニーがフルサイズミラーレス機という新たなジャンルを開拓して早5年半。初めは「専用レンズが少ない」と言われていたラインアップも充実し、今では最もレンズ選びが自由なマウントへと成長しました。そんな中、唯一ユーザーが未だ手放せないAマウントレンズがあります。それは『Sonnar T*135mm F1.8 ZA』、ボケ味とシャープネスの...
続きを読む
Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S 521:新次元の標準ズーム『Nikon NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』 2019年04月20日
焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S NikonNIKKOR Z 24-70mm F2.8 S ニコンから待望の「Z マウントシステム」対応の大口径標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S』が登場しました。 注目は何と言っても、新次元の光学性能と謳うその画質ですが、手にして最初に驚くのはその小型軽量化された外観です。Fマウントの「AF-S 24-70mm F2.8E ED VR」と比べ約265gの軽量化...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |