Select Language

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD

タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。
SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レンズより少し広めの35mmはスナップ撮影に最適な画角。早速、散策がてら都内を撮影してきました。

大井ふ頭中央海浜公園は、スポーツ施設が充実した大きな公園です。この日も野球を楽しむ方に遭遇できました。
「球審までたてて本格的だなあ」と思わず足を止めて試合観戦。ホームベースのすぐ後の金網にレンズを押し当ててのカットが、今回最初のカットになりました。金網の影響を受けてか、若干周辺が落ち気味になりましたが、ピントを合わせたキャッチャーの背中辺りにスポットライトを当てたかのような、立体感ある描写を披露してくれます。よく見るとボールの模様まで確認できる高い解像力。タムロンが謳う最高画質が頷ける写りです。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

スナップ撮影で思わず多用してしまうのが、目についた小さなものに近づいての撮影。本レンズも最短30cmでの近接撮影が可能です。
絞り開放でギリギリまで接近。花が風に揺れていたため、AFは少々迷い気味。マニュアルでピントを最短に固定し、自身の前後の動きでピントを詰めていきました。描き出された画のピント面の薄さと大きなボケ味は驚愕の一言。しっかり操作すれば、それに見合った上質な画を披露してくれます。使い込むほど楽しみが増すレンズと言えそうです。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

広い景色を求めて羽田空港へ。既に疑う余地のない高い解像力は、向かいのターミナルやその奥の海の様子までしっかり捉えます。

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

空港内では、空港で見られる飛行機の模型が並んでいました。ショーケース越しでもこの立体感はさすがです。列をなして飛んでくるような面白い画が撮れました。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

撮影に訪れたのが七夕の少し前だったこともあり、短冊飾も楽しむことができました。国際線ターミナルの短冊は世界各国の国旗をあしらったカラフルなデザイン。少し厚みのある短冊のディテールを緻密に捉える解像力と、なだらかにボケていく柔らかさを併せ持つバランスの良さも注目のポイントです。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

7月に入り紫陽花も流石に元気が無くなってきましたが、日影の場所を探すと比較的綺麗な花を探す事ができます。多少暗くてもここは大口径レンズ。F1.4の本領発揮と言わんばかりに、高感度に頼らず速いシャッタースピードを維持する事ができました。
本レンズはタムロン伝統の90mm F2.8マクロと同様の設計思想で作られたとのこと。なるほど。マクロレンズ顔負けの美しくとろけるボケ味が堪能できます。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

窓際に飾られたリーフ。優れた質感描写に加え、外の木漏れ日も綺麗な玉ボケになりました。上品という言葉がよく似合います。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

帰りがけにハリネズミカフェに立ち寄ってみました。写真を撮りたいと店員さんに伝えると、すぐ寝てしまうという大人しいハリネズミを連れてきてくれました。 大人しいのを良いことに近寄ってみると、確かに眠たそうな表情が伝わります。大きなボケの中にも、鋭いトゲの質感がしっかり描かれています。

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

タムロンが思い描く究極のレンズ

最近のレンズはどれもよく写ります。SPシリーズには同じ35mmの「SP 35mm F1.8 Di VC USD」があり、こちらも高性能な1本。正直、撮影前はどれほどの違いがあるのか気になっていましたが、撮影カットを重ねるたびに、最高画質故のしっかりとした個性を感じることができました。
「究極の写りを目指したい」という一言から生まれたという本レンズ 。タムロンの十八番とも呼ばれる強力な手ブレ補正機能をも排除してしまった潔さからも、描写に対する本気度が伝わります。この研ぎ澄まされた描写力をぜひ味わってください。


Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



[Category: TAMRON|掲載日時:2019年07月10日 12:00:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!32票


Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S

541:高解像の明るい広角『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』[2019年10月18日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 24mm F1.8 S NikonNIKKOR Z 24mm F1.8 S 大口径単焦点『Nikon NIKKOR Z 24mm F1.8 S』は、Zマウントで4本目になる開放F値1.8の明るい広角レンズです。高い解像力を誇り、風景・星景やスナップ撮影はもちろんのこと、明るさを活かした室内写真、ボケを活かしたポートレートなど、幅広く楽しむことができます。そんな当レンズを持って、秋口の江ノ島へ行ってきました。...
続きを読む
Canon EOS M6 Mark II

540:14コマ/秒の高速連写と小型軽量を両立『Canon EOS M6 Mark II』[2019年10月16日]

焦点距離:18mm(換算28.8mm) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:2000 / 使用機材:Canon EOS M6 Mark II + EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM CanonEOS M6 Mark II この瞬間を逃したくない──!そんな思いのある方にピッタリなのが、『Canon EOS M6 Mark II』です。小型軽量だからと侮るなかれ。14コマ/秒の高速連写が、シャッターチャンスを逃しません。初心者が扱うには難しいのではと思われるかもしれませんが、そんなことありません。液晶...
続きを読む
539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』

539:ここぞという作品撮りの頼れる相棒『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F10 / シャッタースピード:30秒 / ISO:160 / 使用機材:SONY α7III + SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN SIGMAArt 35mm F1.2 DG DN シグマが「最高画質の追求」をさらに先鋭化させた大口径単焦点レンズ『SIGMA Art 35mm F1.2 DG DN』をご紹介します。なんと数々のレンズを生み出してきたシグマにおいて初の開放値F1.2。浅い被写界深度を活かした写真だけではなく、様々な表現に挑戦できるレンズです。 まずは工場夜景の写真から。撮影したのは、夜中の3時...
続きを読む
538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』

538:軽装で出掛けるには最適のスナップレンズ『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN』[2019年10月16日]

絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7 III + SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応) SIGMAContemporary 45mm F2.8 DG DN 『SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN(ソニーE用/フルサイズ対応)』は、シグマが提案する新しいフルサイズミラーレス専用標準レンズです。全てにおいてベストバランスが追求されています。50mmではなく45mmであることに、シグマのこだわりを感じます。 このレンズを手に...
続きを読む
TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

537:毎日持ち歩きたくなる超広角ズーム『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』[2019年09月24日]

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 露出補正:+1 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD TAMRON17-28mm F2.8 DiIII RXD 超広角ズームレンズ『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』は、ズーム全域でF2.8と明るいにもかかわらず、軽量コンパクトに仕上がっています。首から下げて散歩するのも苦になりません。特に街撮りや旅行などで幅広く活躍してくれそうです。SONYのフルサイズ機に対応しているので、...
続きを読む