Select Language




絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD

タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。
SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レンズより少し広めの35mmはスナップ撮影に最適な画角。早速、散策がてら都内を撮影してきました。

大井ふ頭中央海浜公園は、スポーツ施設が充実した大きな公園です。この日も野球を楽しむ方に遭遇できました。
「球審までたてて本格的だなあ」と思わず足を止めて試合観戦。ホームベースのすぐ後の金網にレンズを押し当ててのカットが、今回最初のカットになりました。金網の影響を受けてか、若干周辺が落ち気味になりましたが、ピントを合わせたキャッチャーの背中辺りにスポットライトを当てたかのような、立体感ある描写を披露してくれます。よく見るとボールの模様まで確認できる高い解像力。タムロンが謳う最高画質が頷ける写りです。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

スナップ撮影で思わず多用してしまうのが、目についた小さなものに近づいての撮影。本レンズも最短30cmでの近接撮影が可能です。
絞り開放でギリギリまで接近。花が風に揺れていたため、AFは少々迷い気味。マニュアルでピントを最短に固定し、自身の前後の動きでピントを詰めていきました。描き出された画のピント面の薄さと大きなボケ味は驚愕の一言。しっかり操作すれば、それに見合った上質な画を披露してくれます。使い込むほど楽しみが増すレンズと言えそうです。

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

広い景色を求めて羽田空港へ。既に疑う余地のない高い解像力は、向かいのターミナルやその奥の海の様子までしっかり捉えます。

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD
絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

空港内では、空港で見られる飛行機の模型が並んでいました。ショーケース越しでもこの立体感はさすがです。列をなして飛んでくるような面白い画が撮れました。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

撮影に訪れたのが七夕の少し前だったこともあり、短冊飾も楽しむことができました。国際線ターミナルの短冊は世界各国の国旗をあしらったカラフルなデザイン。少し厚みのある短冊のディテールを緻密に捉える解像力と、なだらかにボケていく柔らかさを併せ持つバランスの良さも注目のポイントです。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

7月に入り紫陽花も流石に元気が無くなってきましたが、日影の場所を探すと比較的綺麗な花を探す事ができます。多少暗くてもここは大口径レンズ。F1.4の本領発揮と言わんばかりに、高感度に頼らず速いシャッタースピードを維持する事ができました。
本レンズはタムロン伝統の90mm F2.8マクロと同様の設計思想で作られたとのこと。なるほど。マクロレンズ顔負けの美しくとろけるボケ味が堪能できます。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

窓際に飾られたリーフ。優れた質感描写に加え、外の木漏れ日も綺麗な玉ボケになりました。上品という言葉がよく似合います。

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/25秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

帰りがけにハリネズミカフェに立ち寄ってみました。写真を撮りたいと店員さんに伝えると、すぐ寝てしまうという大人しいハリネズミを連れてきてくれました。 大人しいのを良いことに近寄ってみると、確かに眠たそうな表情が伝わります。大きなボケの中にも、鋭いトゲの質感がしっかり描かれています。

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

タムロンが思い描く究極のレンズ

最近のレンズはどれもよく写ります。SPシリーズには同じ35mmの「SP 35mm F1.8 Di VC USD」があり、こちらも高性能な1本。正直、撮影前はどれほどの違いがあるのか気になっていましたが、撮影カットを重ねるたびに、最高画質故のしっかりとした個性を感じることができました。
「究極の写りを目指したい」という一言から生まれたという本レンズ 。タムロンの十八番とも呼ばれる強力な手ブレ補正機能をも排除してしまった潔さからも、描写に対する本気度が伝わります。この研ぎ澄まされた描写力をぜひ味わってください。


Photo by MAP CAMERA Staff






マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ



カテゴリー: TAMRON   
この記事が面白いと思ったらここをクリック!→投票数:10票   




≪BEFORE Top Page これ以上新しいレポートはありません。

TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD 528:本気の35mm『TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD』 2019年07月10日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD TAMRONSP 35mm F1.4 Di USD タムロンから新しい大口径単焦点レンズ『SP 35mm F1.4 Di USD』が発売されました。 SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目から、最上級の描写力を目指したという本レンズ。F1.4の大口径ということで少し大きめな仕上がりですが、手に伝わるその質感から良く写りそうと瞬時に感じとることができます。標準レン...
続きを読む
Canon RF85mm F1.2L USM 527:絶対的な性能を持つ中望遠『Canon RF85mm F1.2L USM』 2019年06月28日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF85mm F1.2L USM CanonRF85mm F1.2L USM キヤノンがフルサイズミラーレス機に参入し、新マウントの特徴として選んだのがRF用Lレンズという強力な武器。銘玉24-105mmを継承したズームレンズと弩級のF2通し28-70mmズーム、そして50mm F1.2という誰しもが憧れるラインアップを初期から登場させ、フルサイズミラーレスに対するキヤノンの本気を世界に知らしめました。今回はそこに...
続きを読む
526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 526:Zeissレンズの凄みを感じる『Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE』 2019年06月20日
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 + Carl Zeiss Otus 100mm F1.4 ZF.2 Carl ZeissOtus 100mm F1.4 ZF.2 / ZE 世界最高性能を謳う「Carl Zeiss Otus」シリーズに望遠域をカバーする『Otus 100mm F1.4』が登場しました。同じクラスのレンズの中でも最高のクオリティを誇るという本レンズ。これまでに発売されたOtusシリーズを振り返ってみても、性能の高さは容易に想像がつき、期待は高まる一方です。 いざ手元に...
続きを読む
525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 525:開放描写が美しいポートレートズーム『TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD』 2019年06月07日
焦点距離:42mm / 絞り:F3 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:400 使用機材:Nikon D850 + TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD TAMRON  35-150mm F2.8-4 Di VC OSD ポートレートレンズと聞くとみなさんはどのようなレンズを思い浮かべるでしょうか?このカテゴリーのアイコンとも言える85mm、それより少し長い105mm、近年注目を浴びている135mm。どれも中望遠レンズと呼ばれているもので明るい単焦点レンズが主流です。像面の歪みが少なく、ボケも綺...
続きを読む
Nikon Z 14-30mm F4 S 524:Zシリーズの凄さが実感できる超広角ズーム『Nikon NIKKOR Z 14-30mm F4 S』 2019年05月13日
焦点距離:14mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon Z7 + NIKKOR Z 14-30mm F4 S NikonNIKKOR Z 14-30mm F4 S 発売発表から多くのご予約を頂いた人気の超広角ズームレンズ『NIKKOR Z 14-30mm F4 S』が手元に届きました。 14mmスタートの広角ニッコールズームレンズと言えば、「AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED」が真っ先に挙げられます。こちらのレンズはズームレンズながら、単焦点レンズ以上の描写力を持ったレンズとし...
続きを読む

 [TOP Page] | Leica Canon | Carl Zeiss & Voigtlander | FUJIFILM | Nikon | OLYMPUS | Panasonic | PENTAX & RICOH | SIGMA | SONY | TAMRON | etc. |