Select Language

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 露出補正:+1 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

TAMRON17-28mm F2.8 DiIII RXD

超広角ズームレンズ『TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD』は、ズーム全域でF2.8と明るいにもかかわらず、軽量コンパクトに仕上がっています。首から下げて散歩するのも苦になりません。特に街撮りや旅行などで幅広く活躍してくれそうです。SONYのフルサイズ機に対応しているので、今回はSONY α7IIIと組み合わせて街にでかけました。

まずはベトナム風ランタンの写真からご紹介します。綺麗な赤いランタンに近づいてみると布に地模様があり、近くで見ても綺麗で思わず見とれてしまいます。布の模様とたくさんの灯りの両方を撮りたくなり、最短撮影距離まで近づつ広角端でいっぱいに切り取りました。開放F2.8の ボケも綺麗で、幻想的な仕上がりに大満足です。

焦点距離:17mm / 絞り:F9 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

曇ったり晴れたりの難しい天気の中、晴れ間を狙ってシャッターを切りました。広い空と広い池の気持ちのよい抜け感が伝わります。

焦点距離:17mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:2500 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

17mmの超広角のパースを活かし、迫力の画角で猫を撮りました。シャッター音を消していたので、全く警戒されておりません。

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

こちらの猫もお昼寝中。今度は望遠端で狙ってみました。先ほどと同様、シャッター音はオフにしています。柔らかな毛が描写できています。

TAMRON 17-28mm F2.8 DiIII RXD
焦点距離:17mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

当レンズはBBAR (Broad-Band Anti-Reflection)コーティングされているため、夏の太陽を写り込ませてもフレアが見事に低減されます。

TAMRON 17-28mm F2.8 DiIII RXD
焦点距離:17mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:500 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

17mmの超広角ですから、狭い歩道でも後ろに下がることなくウォールアートを撮影できました。このレンズを使っていて何度も感じる快適さです。

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

視線を感じて目をやると、パンダと目が合いました。背後にもパンダ、パンダ、パンダ……! 仲間たちを背景にぼかして撮影です。大口径ならではのやわらかな表現が、パンダをより優しい表情にしてくれます。

焦点距離:28mm / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

存在感のあるオレンジの花を望遠端で少し絞って撮影しました。望遠端での最短撮影距離は0.26m。広角端での0.19mと比べ1歩下がって撮影するイメージですが、ズームの効果 によるクローズアップに加え、超広角レンズ特有のパースペクティブにより迫力ある一枚を切り取ることができました。

焦点距離:28mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

お寺の参道には、懐かしい雰囲気の店が軒を連ねます。木漏れ日が店先をにぎやかに彩っていました。

焦点距離:17mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:320 / 使用機材:SONY α7III + TAMRON 17-28mm F2.8 Dilll RXD

暗くなりかけた街。ふらりと路地へ入ってみました。提灯の灯りが人を引き寄せるのはこの時間から。

TAMRON 17-28mm F2.8 DiIII RXD

毎日持ち歩きたくなる一本

小型軽量で静か、かつ、超広角で撮影最短距離が短く後ろに下がることなく撮影できるので、毎日使いたくなる一本です。
優れた光学性能により、コンパクトボディながら妥協のない美しい画質を実現。広角撮影で気になる画面周辺もズーム全域で高い解像性能を披露してくれました。もちろん日常だけでなく、広大な自然などを撮るのにも向いています。
F2.8の超広角ズームといえば、既にSONYから画質に定評のあるGマスターシリーズの「FE16-35mm F2.8 GM」が発売されておりますが、本レンズは画角をより切り詰めたことで価格を半分以下に。重さは2/3以下に抑えるなど、タムロンレンズならではの魅力もいっぱいです。気軽に持ち出せてこそ、撮影機会も増えるというもの。標準レンズに加えるもう1本にいかがでしょうか?



Photo by MAP CAMERA Staff







マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ

[Category: TAMRON|掲載日時:2019年09月24日 07:30:00 PM]

面白いと思ったらコチラをClick!24票


Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

554:立体感のある描写が光る1本『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』[2019年12月06日]

焦点距離:32mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:Panasonic LUMIX DC-S1R + LUMIX S PRO 24-70mm F2.8 PanasonicLUMIX S PRO 24-70mm F2.8 『Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8』は、ズーム全域で高い描写性能を発揮する、大口径ズームレンズです。赤い「S」のエンブレムは、ライカカメラ社の品質基準を満たす証。明る...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-Pro3

553:カメラとしてのこだわりと本質『FUJIFILM X-Pro3』[2019年12月05日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:400 / フィルムシミュレーション:クラシッククローム使用機材:FUJIFILM X-Pro3 + フジノン XF23mm F2 R WR FUJIFILMX-Pro3 Xシリーズのフラッグシップ機として登場したX-Proシリーズ。デジタル表示を見ながらダイヤルやファンクションボタンを駆使してカメラとレンズを操作する時代に、あえてフィル...
続きを読む
SONY α6100

552:ソニーの想いが詰まったベーシック機『SONY α6100』[2019年11月30日]

焦点距離:50mm(35mm換算:75mm) / 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:2000 / 使用機材:SONY α6100 + E 50mm F1.8 OSS SONYα6100 α6000ユーザーにとって待望のタッチ操作やサイレントシャッター、そしてリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングAFなど大幅に強化されたAF性能。さらに4K動画撮影機能を搭載し、JPEGのエクストラフ...
続きを読む
Canon RF50mm F1.2L USM

551:主役を、主役たらしめるレンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』[2019年11月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM CanonRF50mm F1.2L USM キヤノンの50mm F1.2といえば、12年前に発売されたEFレンズを思い浮かべる方も多いかと思います。『R』『RP』とフルサイズのミラーレスが登場した今、ミラーレス用レンズ『Canon RF50mm F1.2L USM』はEFレンズとは異なった新...
続きを読む
Canon PowerShot G7X Mark III

550:ポケットに本格的なコンデジを『Canon PowerShot G7X Mark III』[2019年11月29日]

焦点距離:22mm(換算59mm) / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon PowerShot G7X Mark III CanonPowerShot G7X Mark III Canon G7Xが3年半ぶりにリニューアル。カメラだけでライブ配信ができるなどスペシャルな機能も搭載され、話題を呼んでいます。特筆すべきはF1.8-F2.8という明るいレンズ。撮影の幅がグンと広がり...
続きを読む