032:『Nikon D800』

2012年04月13日

Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

Nikon D800

35mmフィルムサイズのデジタル一眼レフとしては最高画質を誇る3630万画素という驚愕のスペックを引き下げて「Nikon D800」が発売されました。

実際に撮影して驚くのはその解像力。ガラスの映り込みやタイルの細かい模様までしっかり確認することができます。D700と比べ約3倍も増加した解像力はその精細さから、より細かな階調を表現し、一目でシャープ感が増したと感じる画質です。

Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

これだけの高スペックをD700譲りのコンパクトなボディに納めたのも凄いと感じます。肉厚になったグリップは中指の掛かりがよく、握りやすさが向上しておりアクティブに撮り回す事ができます。中判デジカメ並の解像力を持つカメラをこれだけ自由自在に動かせるというのは大きな魅力です。当初はブレがさらに目立つようになるのではと心配しましたが、ホールディング性が向上したおかげか、その心配は杞憂に終わりました。

Nikon D800 焦点距離:70mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:6400 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

さすがにISO6400ともなるとノイズによるざらつき感が目立ち初め質感描写の低下が見られましたが、それでもモアレや偽色は見られず画像処理能力の高さも伺えます。

Nikon D800 焦点距離:24mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:100 / 露出補正:+1.33ev / 使用レンズ:AF-S 24-70mmF2.8G ED

豊富な階調表現で明暗の差がより滑らかに、そして本当に細部まで読み取ることができます。

Nikon D800 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

シャープ感が増した描写はボケの奥行きも際立たせ、より立体的な画になりました。

Nikon D800 焦点距離:200mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:400 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

大きさになったデータ量の影響で、連写速度も約4コマ/秒に抑えられたものの約50MBのRAWデータの書き込みは意外とスムーズ。AF性能の向上もあって動体の撮影でも充分活用できると感じました。

Nikon D800 焦点距離:300mm相当 (DXクロップ撮影)/ 絞り:F4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 露出補正:0ev / 使用レンズ:AF-S 70-200mmF2.8G ED VR II

さらにクロップ撮影でもこの解像力。APS-CサイズのDXフォーマットを選択しても約1500万画素の解像力を発揮します。データ容量を抑えることで秒間最高約6コマ/秒の連写も可能になり、スポーツ撮影などの高速連写が必要な撮影にも十分に対応してくれます。そのスペックは「D7000」に酷似しており、D800はD7000を内蔵してしまったとも言えます。今まであまり利用する機会の少なかったクロップ撮影ですが、これならどんどん活用していきたいと感じる高画質です。DXフォーマットでしか使えない魅力的なレンズも多々あり、撮影の幅を広げる意味でも大きな武器になりそうです。

1台で2台分の活躍をしてくれるというNikonの新しい高精細機はコストパフォーマンスにも優れた魅力あるモデルとなりました。

Photo by MAP CAMERA Staff

使用機材:Nikon D800 +AF-S 24-70mmF2.8G ED +AF-S 70-200mmF2.8G ED VRII

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP