StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

084:『Canon EOS M』

2012年10月16日

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/250秒|ISO:800|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

Canon EOS-M

キヤノン初のミラーレス機となる「EOS M」。センサーはAPS-Cサイズの大型CMOSセンサーを搭載しており、低ノイズ化による高画質と、大型センサーならではの大きなボケを演出できる。画素数は約1800万画素で、他のEOSシリーズのDNAをそのまま受け継いだ格好となった。最高ISO感度はISO12800、秒間4.3コマの高速連続撮影が可能となっている。

ボディーサイズは、幅約106.6ミリ × 高さ約66.5ミリ × 奥行約32.3ミリでコンパクトデジタルカメラサイズにまとめられている。コンパクトながらマグネシウムを使ったフレーム構造を採用し強度と剛性を確保した、キヤノンならではの高いクオリティーでボディーがくみ上げられている。

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/320秒|ISO:800|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F10|シャッタースピード:1/250秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

本体の操作は至ってシンプルで、シャッターボタンのまわりに設けられているモードダイヤルを撮影モードに合わせるだけとなっている。撮影モードは、カメラおまかせでシーン認識をして綺麗に撮影できるインテリジェントオート、一般的な露出モードP/A/S/Mモードと各種シーンモードを個別に設定する露出モードと、フルHD撮影可能な動画撮影モードの3つ。

さらに背面モニターはタッチパネルとなっているので、画面をタッチする直感的な操作が可能となっている。例えば、プログラムオートのPモードから絞り優先Avモードに切り替える時は、画面左上に表示されている(INFOボタンで表示設定を変更している場合)「P」アイコンをタッチすると、タッチ操作しやすい大きめのボタンで「M」、「Av」、「Tv」、「P」が並ぶので、その中の「Av」をタッチするだけで変更できる。

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F8|シャッタースピード:1/160秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F6.3|シャッタースピード:1/100秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

EOS Mは、専用のマウントとなるEF-Mマウントとなり、専用のコンパクトなズームレンズ「EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM」および単焦点レンズ「EF-M22㎜ F2 STM」が用意されている。この2本のレンズの外観は、シンプルなデザインで尚且つ質感が高く、EOS Mへのキヤノンのこだわりが感じられるところだ。

レンズ先端には、マニュアルフォーカスに使えるリングが設けられており、操作性も良い。特にAF+MFの組み合わせによる最後のピントの追い込み時にこの滑らかな操作感は重宝する。

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F4|シャッタースピード:1/30秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F7.|シャッタースピード:1/125秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

タッチパネル操作は撮影や設定のためだけではなく、再生画面でも使用できる。タッチ操作はスマートフォンのように、左右に指を動かすことで撮影画像を切り替えたり、二本指によるピンチイン/ピンチアウト操作で画像の表示倍率を簡単に変更できる。これにより撮影画像の確認を直感的に行えるためビュワーとしても非常に使いやすい。拡大縮小やスクロールも滑らかで、気持ちよく操作できるところがポイントだ。

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F5.6|シャッタースピード:1/250秒|ISO:800|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F3.5|シャッタースピード:1/500秒|ISO:125|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

EOS Mのポイントは、普段鞄に入れて持ち歩けない「EOS」をいつでも身近に使える機動性の良さだ。モビリティーを優先するが故に画質に妥協するのではなく、画質そのものがEOSである点が心強い。さらにマウントアダプターを使用することで豊富なEFレンズを使用でき、応用力の高さも兼ね備えている。

Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM 絞り:F7.1|シャッタースピード:1/125秒|ISO:100|露出補正:0|使用機材:Canon EOS M + EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM

EOS Mは、EOSのサブ機としては勿論だが、APS-Cサイズ大型センサーならではのEOS画質をコンパクトなボディーで楽しめるので、コンパクトカメラからのステップアップや他社製一眼レフユーザーにも是非オススメしたいと思う。

Photo by MAP CAMERA Staff

Kasyapaトップへ戻る

0

RECOMMEND

PAGE TOP