182:『SONY a7R』Vol.2

2013年11月25日

SONY α7R + Summilux 35mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summilux 35mm/f1.4 2nd

待望のEマウントフルサイズ機、『SONY α7R』。その発表を聞いて自前のオールドレンズ資産を生かせるとときめいた方も多かったのではないだろうか?特にレンジファインダー系のLEICA Mマウントや京セラContaxのGマウント等はフランジバックが短く、フルサイズで楽しめるボディが長く限られていた。そんな中で登場したフルサイズ・ミラーレス機はマウントアダプターを介しての撮影にも大いに期待したいボディではないだろうか。

先日のファーストリポートでも”Summilux 35mm/f1.4″を使用したカットを掲載したが、今回は他にも数本のレンズを使用している。 参考にして頂ければ幸いだ。

まずは前回同様、ライカのクセ玉の中でも1番人気の球面ズミルックスの2ndモデル。強烈な逆光でフレアも強烈だが、そんな中でも想像以上に被写体のラインをシャープに捉える。収差が生み出す柔らかな描写はSONYの純正レンズの対極にあるものだが、そんなレンズの描写でも、3600万画素フルサイズセンサーは見事に描ききっている。アダプターで楽しむにも十分な器を持ったセンサーと言えるだろう。

SONY α7R + Summilux 35mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summilux 35mm/f1.4 2nd

斜陽に滲む洋館の、その雰囲気は柔らかく情緒にあふれるものだ。解像感はありながら、滲む。現代レンズには見られないこういった描写が得られるのがオールドレンズの魅力であろう。

SONY α7R + Summilux 35mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summilux 35mm/f1.4 2nd

今回の撮影では、主に開放で、収差をより強く出す形で撮影を行った。ぞんざいに言えば欠点を見せているのだが、その欠点に魅せられてしまうのだから人間は贅沢なものである。そしてそんな贅沢をさせてくれるのが『SONY α7R』だろう。こうしたレンジファインダーレンズはレンズの最後面がセンサーに非常に接近している為に周辺光量が不足しがちだが、『SONY α7R』ではセンサー上のマイクロレンズの配置を工夫する事で周辺光量を補っている。これは姉妹機である『SONY α7』には見られないRだけの特徴だ。写真を見て頂ければ周辺減光が確認出来るが、開放でこのレベルであれば個人的にはあまり気にならない。もちろん補正機能をONにしたり、絞り込めばより改善した撮影が可能だが、こうしたクセも愛すべきものと思えば作画にも活用出来るのではないだろうか。

SONY α7R + Summilux 35mm/f1.4 2nd 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summilux 35mm/f1.4 2nd

全体としても、とてもバランスが良く格好が良い。これで35mm/f1.4のスペックのままで使えるのだから嬉しい!

SONY α7R + Contax G Biogon 28mm/f2.8 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:5000 / 使用機材:SONY α7R + Contax G Biogon 28mm/f2.8

さて、こちらは一転して京セラContax Gマウントレンズの銘玉『G Biogon 28mm/f2.8』だ。近接撮影が可能なので使い勝手も良好である。被写体の鮮明さや抜けの良さ、発色の美しさでもさすがZEISSと思わせる流麗な描写だ。

SONY α7R + Contax G Biogon 28mm/f2.8 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7R + Contax G Biogon 28mm/f2.8

希少なブラック鏡筒のモデルと合わせたが…これも格好が良い。直線的でソリッドなデザインと前玉の大きさがあいまって、素晴らしくまとまったデザインとなる。アダプターも数種出ているが、中にはAFが動くものもあるので用途に合わせてチョイスしたい。

SONY α7R + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II

うってかわってこちらは現代レンズ、Voigtlanderの『ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6』での撮影だ。12mmという驚くほどのパースペクティブを、掛け値無しのそのままの広さで使える爽快感は何物にも代え難い楽しさである。さすがに超広角なので周辺にシアンドリフトと減光が見られるが、それを補って余り有るコンパクトさと使い勝手の良さだ。クセになる撮影スタイルとなる事請け合いである。

SONY α7R + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II 絞り:F8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II

ここまでの広角となると、日常的な風景も一変して不可思議な世界へ迷い込む様だ。新しい視覚が開けるのは、間違いの無い1本だろう。

SONY α7R + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II 絞り:F8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R + Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II

ソリッドでモダンなデザイン、大型のくびれのあるレンズ前玉。一見して「撮ってみたい!」と思わせるスタイリングが魅力的だ。

SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0

最後はヴィンテージ・レンズの代表として『Leitz Summar 50mm/f2.0』のレポートを掲載する。ライカ初期の大口径レンズとして発売された『Summar』はその柔らかさと精緻さがあいまう美しい描写で人気のレンズだ。優しいその描写はとても魅力的である。

SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7R +Leitz Summar 50mm/f2.0

特に植物等の柔らかな被写体を捉えるのに絶好のレンズでは無いだろうか。後ろボケも特徴的だが、そんな特徴も『SONY α7R』は見事に捉えている。

SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0

SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0

SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:500 / 使用機材:SONY α7R + Leitz Summar 50mm/f2.0

いかにもオールドレンズらしい描写である。最新式ボディの使い勝手の良さに、こんな味わいあるレンズをつけて、気ままに撮影に臨めるのだから本当に良い時代になったと感じる。

当初は3600万画素のローパスレス・ボディで、手振れ補正も無い状態でオールドレンズを撮影して歩くのはあまりにハードルが高いのではないかと思っていたが、実際に撮影に出てみると想像以上に快適に、ピントピーキングや高精細のEVFのおかげで楽しく撮影をしていく事が出来た。高感度耐性も良いおかげでシャッタースピードも稼げ、手ぶれのカットも数えるほどしか無い。この安定感には手放しで拍手を送りたい所だ。

MやLマウントレンズの使用時に1点思った事が有るとすれば、”近接撮影が出来ない”というポイントにつきるだろう。レンジファインダーではなく一眼スタイルで撮影していると、思わず接写をしたくなってしまうもの。ただヘリコイド付きのアダプター等もぞくぞくとラインナップされているので、この点も早晩解決する事では有るだろうが。

総じて、マウントアダプターのボディとしても素晴らしい仕上がりであり、手放しでお勧め出来る1台だ。広角域での周辺減光などが気にならなければ、フルサイズである事のアドバンテージは計り知れない。ぜひ、様々な楽しみ方をして頂ければと思う。

Photo by MAP CAMERA Staff

お買い物はこちら

Kasyapaトップへ戻る

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP