StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

241:『TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD』

2014年10月14日

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

今回はタムロンより新しくモデルチェンジをした『TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD』のご紹介です。

広角から望遠まで1本でカバーできてしまう高倍率ズームレンズはデジタル機との相性も良く、近年非常に人気のあるジャンルのレンズです。各カメラメーカーも純正レンズをラインナップしていますが、タムロンといえばこの高倍率ズームレンズのパイオニア的な存在でヨーロッパのレンズ賞なども数多く受賞しています。 タムロンの“十八番”とも言える新型の28-300mmを携え早速試写へ出かけました。

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

この日は雨空。 濡れた線路と枕木が光るように反射していました。

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/20秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

秋の季節も草花が美しい季節です。F6.3での撮影ですが、グッと近付けば美しいボケ味を楽しむ事が出来ます。

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

本レンズをボディに装着した印象は、とても300mmまでカバーできるレンズとは思えないサイズ感です。 メーカー純正に比べテレ側がF6.3と少し暗めな点が気になる方もいるかもしれませんが、それ故のコンパクトサイズであり、昼間でしたらシャッタースピードの違いも微々たるもの。この明るさの差はネガティブな要素ではないように思います。 操作感も良好でレンズに内蔵された超音波モーターはキビキビと静かに動き、手ぶれ補正機構『VC』は驚くほど良く効きます。 そしてなにより、いつでも携帯できて撮りたい写真が撮れる。これは本レンズの一番の魅力ではないでしょうか。

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

辺りは暗くなりシャッタースピード1/13という手持ちでは厳しい速度でしたが、強力な手ぶれ補正のおかげで写真を撮る事が出来ました。

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon 6D + TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD

最短撮影距離はズーム全域で0.49mです。白い花の美しさがより際立つよう、黒の中に浮かび上がるように撮影しました。

dp2 quattro

試写の日はあいにくの天気となりましたが、そんな中『TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di PZD』は撮影に応えてくれました。 このジャンルのレンズを説明するときに『便利』という言葉をよく使いますが、それ以上に描写性能が良くなっている印象で、近年のカメラ・レンズ技術の進歩により高倍率ズームレンズの可能性がどんどん広がっているように思えます。

どんな条件でも撮りたい写真が撮れるレンズ。これは写真を撮る者にとって最高のアドバンテージかもしれません。

Photo by MAP CAMERA Staff

マップカメラ TOPページへKasyapa TOPページへ
0

RECOMMEND

PAGE TOP