StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

456:『Canon EF85mm F1.2L II USM』

2017年11月28日

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.6/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

Canon EF85mm F1.2L II USM

今回のKasyapaでご紹介するのは、約11年前に発売されたロングセラーモデル『Canon EF85mm F1.2L II USM』です。

Canonユーザーならば一度は憧れるレンズなのではないでしょうか。Canonの単焦点レンズの中でもとりわけ王様のような存在であるように思います。かくいう私も長らくCanonユーザーですが、本レンズは品質・価格共に雲の上の存在。いつか手に入れたいと思いつつも、なかなか手を出せずにいました。

がっちりとハマればとんでもない描写を叩き出します。そしてそれと同時に、撮影者の技量が試されるレンズでもあります。特に開放での薄いピント面には慣れるまでに少々時間がかかりました。しかし、ピントがずれないようにじっくりと被写体と向き合っている際の程よい緊張感は何物にも代え難いものがあります。

今回の撮影にあたって久しぶりに本レンズを手にして、吸い込まれてしまいそうなほど大きな前玉に改めて圧倒されました。そして、ガラスの塊であることが感じられるずっしりとした重量感。重量は1kg越えとヘビー級ですが、ひとたびシャッターを切ればそんなことはもう気にならなくなってしまいます。本レンズを介して見た世界は、まるですべてが物語のワンシーンのよう。それ程までに被写体を印象的に切り取ってくれるレンズなのです。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

撮影に赴いたのは、都内某所の公園です。早朝ということもあってか人もまばらで、風景を撮影するにはもってこいの環境でした。池にかかる大きな橋を撮影したこちらの1枚では、手前の草木を前ボケとしてフレームインさせることによって、奥行き感を演出しました。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:500/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

撮影中、どこからか漂ってきた香ばしいにおいに釣られていくと、そこには火が灯された囲炉裏がありました。今の時代、なかなかお目にかかれない光景です。

日が少し差し込んでいたとはいえ、室内にあるめぼしい光はこの囲炉裏の炎の光のみ。実際の室内は写真よりもずっと薄暗かったため高感度になることを覚悟に臨みましたが、撮影後にExifを見て感度が500まで抑えられていることにびっくり。大口径レンズの実力を垣間見た瞬間です。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F2/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

日の当たる撮影環境下では、パープルフリンジが少々見られます。徹底的に収差が抑えられた昨今のレンズではお目にかかることも少なくなってきたパープルフリンジ。現像で取り除く方もいますが、あえてレンズの味として残すのも楽しみ方の1つです。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F2/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:1000/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

鏡に写りこんでいるのは、時が止まった古い時計。時計だけでなく鏡も少しホコリを被っていたのですが、それでも壁紙やガラスの細かいディティールをしっかりと捉えてくれています。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

立体感のある描写はさすがといったところでしょうか。なんてことのないただの道ですが、物語の世界にでも迷い込んでしまったかのような錯覚に陥ります。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

F1.2の柔らかな描写に包まれて、写真全体が優しい雰囲気に仕上がりました。今回はスナップ撮影を主に行いましたが、ポートレートでもぜひ使用してみたいレンズです。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.8/ シャッタースピード:1/100秒 / ISO:250/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.6/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

少し離れた位置にあるライトにピントを合わせました。広角レンズや標準レンズで撮影をしたらフラットな描写になりがちな被写体ですが、ご覧の通りしっかりとメリハリのある描写を見せてくれました。中望遠レンズだからこそ楽しめる描写です。

シンとした空気が、画面越しに伝わってくるようです。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

先ほどポートレート撮影を話題に出しましたが、動物に逃げられずに撮影をすることが出来るのも長い焦点距離を持つレンズのメリットです。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM 絞り:F1.4/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100/ 使用機材:Canon EOS 5D Mark IV + EF85mm F1.2L II USM

少し日が暮れて、夕時の撮影。後ろに連なる飲み屋がきれいな玉ボケになってくれました。夕暮れ時~夜の撮影でも活躍すること間違いなしの1本です。

Canon (キヤノン) EF85mm F1.2L II USM

このレンズにしか出せない『味』がある。

『Canon EF85mm F1.2L II USM』をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

発売してかなりの歳月が経つのにも関わらず本レンズのKasyapaが無いことにハッと気づき撮影に出かけましたが、実は今月の終わり(2017年11月30日)には『EF85mm F1.4L IS USM』の発売も控えています。

11歳差のレンズということで光学系にもかなりの違いがあり、これからCanonの85mmを手に入れようとされている方は迷うこともあるかもしれません。

F1.4とF1.2を比べて明るさを取るか、手振れ補正機能を取るか悩ましいところではありますが、本レンズ特有の柔らかな描写と、F1.2という圧倒的な明るさはやはり大きな魅力です。使いこなすのが難しいぶん、これだ!という1枚が撮れたときの喜びもひとしお。作品撮りはもちろんのこと、とっておきの撮影の際にぜひ使っていただきたいレンズです。きっと、心に残るすばらしい1枚を生み出してくれることでしょう。

Photo by MAP CAMERA Staff


マップカメラのTOPページへKasyapaのTOPページへ

0

RECOMMEND

PAGE TOP