StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
766: 軽捷な眼差し『SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount』

766: 軽捷な眼差し『SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount』

2022年06月16日

焦点距離:28mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

2022年6月17日、シグマから『Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount』が発売されます。コンセプトは「高性能なコンパクトズーム」。ワイド側は16mmからと超広角領域をカバーし、広々とした景色をそのまま1枚の画に写し込むことができます。広角レンズに起きがちな歪みを最新の技術をもって極限まで抑えました。F値は2.8通しと大口径をキープしつつ、小型軽量化を実現。ズームしても長さが変わることのないインナーズーム方式を採用しています。これらにより幅広いシーンで活躍するズームレンズに仕上がっています。特に荷物が重くなるのを避けて雄大な景色を収めたい山岳写真などで威力を発揮するでしょう。早速撮影してきましたので、フォトプレビューをご覧ください。

 

焦点距離:16mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

やっとのことで初対面と相成りました「空飛ぶペンギン」。屋外にあるペンギンのプールを下から見ることができるのです。まるでペンギンの下に潜っているかのよう。青空と太陽を背にしたペンギンがスイスイと飛んでいきます。

 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:2500 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 
 
 

焦点距離:26mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

変わった色合いのあじさいを見つけました。木漏れ日が落ち、光が斑に当たっているのがまたよくて、心惹かれシャッターを切ります。

 

焦点距離:16mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

見かけると思わずキュンとしてしまう可愛いバス。真っ赤なボディに、芋虫のように連なるタイヤ。どこを切り取ってもフォトジェニックです。時刻表で調べて待ち構えカメラを向けると、運転手さんが手を振ってくれました。

 

焦点距離:16mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:125 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

その赤いバスに初めて乗ってみることに。中に入ってみると、想像以上の凝った作りに心を鷲掴みにされました。シートは座面の布柄が一席ごとに異なり、背もたれは木製でトランプのようなナンバリングが施されています。一番すごいのは床かもしれません。寄木細工のような模様で、場所によりデザインが違います。エクステリア同様に内装も赤いので、赤が映えるよう緑の多い場所で写真を撮りました。

 

焦点距離:16mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

バス停もまた赤く、上にフクロウのようなオブジェが鎮座しています。バス停ですらこんなに魅力的。まだ目撃したことはありませんが、車体が黄色のレアバージョンもあるらしいです。遭遇したらぜひ乗ってみてください。ちなみに乗車料金は100円也。

 

焦点距離:16mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

バス停から少し歩いたところでカラフルな渡り廊下を見つけました。仰ぎ見ると、渡り廊下と木とビルが空を囲みます。ビルの先が見えるほどよい位置を探してシャッターを切ります。ありそうで、でも実際はなかなかない光景です。

 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 
  
 

焦点距離:28mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

個性的なフルーツの花瓶。そしてニンニクの花瓶。こんなにたくさんあるということは、ひとつのジャンルとして総称があるのかもしれません。ただでさえデコボコとした表面に、太陽の光がまだらに当たることでより立体感を感じます。

 

焦点距離:22mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

ドアの内側から庭を撮ります。ドアの外に燦々と降り注ぐ元気な光。光に当たることで各々が輝きを増し、なんだか彩度が高く感じられます。灯滅せんとして光を増す、ではありませんが、ドアで隔てられた向こう側が梅雨を前にして光を増しているかのようです。

 

焦点距離:16mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:SONY α7RIV + SIGMA Contemporary 16-28mm F2.8 DG DN E-Mount

 

都会の真ん中に立派な南国の木がありました。見たことがないくらいとても大きく、まさにそびえ立っています。青空を背景に周囲のビルを脇役に添え、超広角らしい表現で一枚に収めました。

 

軽捷な眼差し

超広角を軽やかに操る快適さを──。今回、シグマがそんな価値を提案してくれたように思います。F2.8通しとは思えないコンパクトネスを実現したこの高性能ズームレンズ。高い描写性能はクリアでシャープな表現を現実のものとしたのみならず、太陽が入りやすいことで発生しがちなフレアやゴーストといった超広角で起きやすい諸問題も、設計段階から対策がなされています。特長の中で気に入っているのは、PLフィルターやNDフィルターなどを装着できることです。超広角レンズの中にはフィルターを付けられないタイプもあるのでアドバンテージです。またプラスチックへのこだわりも強調しておきたいです。ひとくちにプラスチックといっても様々で、当レンズの場合はアルミニウムに近い熱収縮率をもつポリカーボネート採用で精度があり、シグマ会津工場の高い製造技術と厳しい品質管理により見た目も美しく仕上がっています。同シリーズの『Contemporary 28-70mm F2.8 DG DN』との2本持ちもおすすめです。ぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff

 


新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント中古商品ポイント5倍 koukan18UP

RECOMMEND

PAGE TOP