StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
810: 750mm相当の超望遠と散歩できる時代『TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount』

810: 750mm相当の超望遠と散歩できる時代『TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount』

2022年10月16日

焦点距離:150mm(35mm換算225mm相当) / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:5000 / フィルムシミュレーション:PROVIA
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

『TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD』をご紹介します。先だってソニーEマウント版が発売されていましたが、今回は富士フイルムXマウント版が発売となりました。35mm換算225-750mm相当をカバーする超望遠レンズでありながら、長さはたった約21cmと非常にコンパクトに仕上がっています。驚くべきは手ブレ補正の性能で、今回の撮影では付属の三脚座を使うことはありませんでした。小さくて三脚も不要となると超望遠ズームレンズであることを忘れてしまいそうになりますが、ファインダーを覗けば遠くのものがクリアに映って目に飛び込んでくるのです。最短撮影距離も0.6mと短いので、クローズアップ撮影も可能です。簡易防滴構造・防汚コートが施されているので、環境に左右されることなく撮影に集中することができます。今回は『FUJIFILM X-T4』と組み合わせて撮影してきました。フォトプレビューをどうぞご覧ください。

 

焦点距離:150mm(35mm換算225mm相当) / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:8000 / フィルムシミュレーション:Velvia
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

水槽の中を気持ちよさそうに泳ぐオットセイ。まるで飛んでいるかのよう。超望遠レンズなので目の前の水槽をどう撮るか迷いつつ、タイミングを合わせて画面いっぱいに切り取ります。

 

焦点距離:447mm(35mm換算671mm相当) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:5000 / フィルムシミュレーション:PROVIA
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

若そうなお猿さんがこちらを見ています。雨の動物園は人が少ないので、動物側にしてみれば人間ひとりひとりが目に付きやすいのかもしれません。

 

焦点距離:150mm(35mm換算225mm相当) / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:12800 / フィルムシミュレーション:PROVIA
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

10月になり少しずつ気温が下がってきました。ヤギの展示場には赤く光る小屋があります。どうやらコタツのように温かいようです。暖を取りにヤギたちが集まってきます。

 

焦点距離:500mm(35mm換算750mm相当) / 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:4000 / フィルムシミュレーション:PROVIA
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 
 
 

焦点距離:150mm(35mm換算225mm相当) / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:160 / フィルムシミュレーション:PRO Neg. Hi
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

高い建物に登って周囲を見やるとさまざまな建物があります。広角側が35mm換算で200mmを超えるこのレンズでは、大きなビルを撮るには距離が離れている必要がありますが、このように全体が写るように撮ることもできました。

 

焦点距離:230mm(35mm換算345mm相当) / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:320 / フィルムシミュレーション:クラシックネガ
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

こちらは湾曲してるビルの外壁。温かみを感じる木のベランダが並んでいるのが珍しいと感じて、パターン模様のように撮ってみました。

 

焦点距離:395mm(35mm換算593mm相当) / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:クラシックネガ
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

数百メートル先にある建物の裏手でバスケの練習をしている人がいました。近くで大きなイベントが開かれているらしく、周囲には数千人の列ができていましたが、それを入れずにバスケシーンのみを切り取ります。当レンズなら被写体選びも自由自在です。

 

焦点距離:500mm(35mm換算750mm相当) / 絞り:F6.7 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / フィルムシミュレーション:PROVIA
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 
 
 

焦点距離:150mm(35mm換算225mm相当) / 絞り:F5 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:640 / フィルムシミュレーション:PROVIA
使用機材:FUJIFILM X-T4 + TAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD X-Mount

 

羽のように見えますが、植物の穂を着色したもののようです。カラフルですが冷えた風に妖しく揺れていて、少し前まであんなに暑かったのに、季節は確かに移ろいでいるのだと感じます。

 

750mm相当の超望遠と散歩できる時代

35mm換算750mm相当までの超望遠ズームレンズを手持ちで撮るなんて、少し前まで考えられないことでした。シャッタースピードをかなり上げなければならないのではないか、柵などに腕を押し付けてしっかり固定しなければならないのではないか、などと撮りに出る前はそんな風に思っていました。しかしながら気づけばさほど意識することなく、まるで標準ズームレンズかのように扱っていたことに驚きを隠せません。そう感じたのはこのコンパクトネスも大いに関係があります。750mm相当とは思えないサイズ感です。描写は良好で嫌な歪みもありません。またAF作動時の音も意識することはありませんでした。昔と同じ苦労はもうしなくてよくなったのです。新時代の超望遠ズームをぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff
 


新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント中古今が買い時新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP