StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
708:『PENTAX HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW』

708:『PENTAX HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW』

2021年08月06日

焦点距離:16mm(換算24.5mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

2021年8月27日にペンタックスからAPS-C用大口径標準ズームレンズ『PENTAX HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW』が発売されます。これまで焦点距離も明るさも同じ『PENTAX smc PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF] SDM』がありましたが、この度ご紹介するのは今後のカメラの進化をも想定した新世代の★(スター)レンズです。設計を完全に一新させ、画質も使用感もまさに新世代にフィットする仕上がりになっています。そんな当レンズを『PENTAX K-3 Mark III』と組み合わせて撮影してきました。ぜひご覧ください。

 

焦点距離:50mm(換算76.5mm)/ 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

 

焦点距離:22mm(換算34mm)/ 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:1250 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

広大な牧場の片隅に動物と並んで格納されていたトラクター。光の当たり方がよかったのでカメラを向けたところ、鹿のエンブレムが素敵であることに気付きました。調べると鹿の名前を冠したアメリカのメーカーのもので、国産のトラクターに比べ広い土地で作業するのに向いているそうです。トラクターを見ることはなかなかありませんから、この機会にとじっくり眺めました。

 

焦点距離:26mm(換算40mm)/ 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:200 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

首都圏最大の湖に行ったこの日は、太陽が出ていても雲に隠れていても雨は降り続いているという不思議な天気でした。この写真は青空が覗きつつも雨の中撮影したものです。降っていなければより解像感が出たかもしれませんが、それでも橋の手すりや鉄塔を繋ぐ電線まで見て取れ、晴れた中で降る雨の空気感をも精細に写し出しており、進化したペンタックスのスターレンズの実力を知ることになりました。

 

焦点距離:35mm(換算54mm)/ 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:800 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

場所を変えて街中へ。開店前の飲み屋さんに招き猫の絵がついた暖簾がかかっていました。なにやら下の方から視線を感じます。もしも招き猫の暖簾だけ、もしくは猫ちゃんだけだったら、写真としてあまり面白みはありませんでした。でもこの写真からは猫好きな店主の人柄を垣間見ることができるのです。

 

焦点距離:50mm(換算76.5mm)/ 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:100 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

日本手ぬぐいが揺れていました。手前にあるのが金魚柄で、奥のはラムネの瓶が並んでいます。かわいらしくも涼を感じる絵柄でまさにこの時期に打ってつけ。花火大会でもあればこれに少し水を吸わせて首にかけて出かけるところですが、このご時世それも叶いませんので、手ぬぐいの絵柄を見て楽しむに留めます。

 

焦点距離:22mm(換算34mm)/ 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:100 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

 

焦点距離:50mm(換算76mm)/ 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:100 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

高いビルから見下ろすと、横断歩道に面白い模様ができていました。向かいのビルの外壁が光を反射して道路に映っているようです。信号が青になると歩行者が一斉に渡りはじめ、その一番人が多くなるタイミングで撮った写真を掲載しました。しかし青信号が点滅して人々が走る様もまた違った趣で面白みがありました。普段横断歩道を渡るときに自分では意識しませんから、たまには客観的にレンズを向けてみるのもよいものです。

 

焦点距離:16mm(換算24.5mm)/ 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:1m400 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

地下鉄の駅から地上に出て空を仰ぐとこのような景色が眼前に広がりました。タイル状に並んだガラスで覆われたビルの隙間に、金属のオブジェ。どちらも光を反射するのでキラキラとして綺麗だなと感じたのです。

 

焦点距離:36mm(換算55mm)/ 絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/420秒 / ISO:100 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

 

焦点距離:45mm(換算69mm)/ 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:800 / 使用機材:PENTAX K-3 Mark III + HD DA★16-50mm F2.8ED PLM AW

 

ランチというと牛丼なりパスタなり一品で終わらせがちですが、小分けにしたおかずを低価格で出してくれるお店があると聞き行ってみました。お任せで盛り合わせにしてもらい、酵素入りのソーダを片手にいただきます。何を頼んでも美味しく、久しぶりにできたお気に入りのお店となりました。最短撮影距離は30cm。テーブルフォトも気軽に撮れます。

 

新世代の大口径標準スターレンズ

これからのカメラの進化を見据えた上での完全なる新設計であること。それが当レンズの一番の特長です。周辺部まで高画質・高コントラストで、シャープな描写も申し分なく、オートフォーカスも静かで高速でした。またマニュアルフォーカスでの使い心地のよさもお伝えしておきたいポイントです。ミラーレスカメラが台頭する昨今ですが、切れ味のよい一眼レフと当レンズの相性は良好で、操作感やレスポンスのよさが心地よかったです。汎用性の高い大口径の標準ズームレンズをぜひお試しください。

Photo by MAP CAMERA Staff

RECOMMEND

PAGE TOP