LEICA M Monochrom | Kasyapa for Leica 
Select Language



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/45秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2



希望的なものも含め、ライカがモノクローム専用のカメラを企画しているという噂を聴いた時は、そんな素晴らしいカメラが出来るならぜひ使ってみたいと思ったものでしたが、それがこんなも早く実現するとは夢にも思いませんでした。 『ライカ Mモノクローム』、モノクロームに最適化され輝度情報のみを着実に捉える35mmフルサイズセンサーと、数多くの名作写真を生み出してきたライカM型とのマッチング。

モノクロームを愛する皆様、お待たせ致しました。ライカから「正真正銘の」モノクロームの贈り物です。




LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

RAWデータを展開した時に、まず感じるのはその途方も無いデータ量です。高輝度部ももちろんですが、暗部のデータ量は驚くべきもので明度を持ち上げていくと隠れていたディテールが様々に浮かび上がってきます。『APO-Summicron』の実力はシャンデリアの金属部の重厚な輝きに見取って頂けると思います。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2


RAWデータを展開した情報を見ていると、どの部分を残すかで写真の印象が大きく変わる事が分かります。全てを残す事が出来る反面、どの部分のデータを飛ばしてしまうかが作者に委ねられていると言えるでしょう。まさにモノクロームネガの持つ情報量の多さに似て、どのコントラストで、どこを焼き込むか。大いなる可能性を保持してくれるカメラです。




LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2





LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

立体感と、存在感のある画です。カーテンの肌理まで解像するその描写力にはただただ圧倒されます。色を捨てた事によるアドバンテージの大きさを感じずにはいられません。これで手のひらサイズ、高機動なM型ライカのパッケージングなのですから素晴らしい。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

アポクロマート仕様のズミクロンも更に尖鋭度が増し、シャープネスが上がった様です。これだけピントの立ちが良いのはアポクロマート仕様の恩恵でしょう。開放でこの描写、そして立体感なのですから、「Mレンズの中でも卓越したレンズ」というライカ社の談も納得の性能です。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.5/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Hektor 50mm/f2.5

もちろんオールドレンズとの相性も気になるところ。ライカLマウントの『ヘクトール 50mm/f2.5』。80年近く前のレンズもまだまだ現役で活躍するのがライカのすごい所です。描写も『APO-Summicron』とはうってかわってソフト。収差の多いながらピントは精緻なオールドレンズならではの写りも、『ライカ Mモノクローム』はしっかり受け止めてくれました。



LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2

金属質な文字の、エッジの鋭い感覚。手触りを感じさせる質感描写と、そこにあるような立体感。圧倒されてしまいます。




LEICA M Monochrom + APO-Summicron 50mm/f2 絞り:F2.5/ シャッタースピード:1/750秒 / ISO:320 / 使用機材:LEICA M Monochrom + Hektor 50mm/f2.5

暗い中にひらめく一条の光。周りのトーンを残しつつ、柔らかく暗部の中に被写体を沈めていくこういった描写が出来るのも、『ライカ Mモノクローム』の実力があってこそ。 このポテンシャルの高さは、撮り手の世界観にしっかりついてきてくれる事でしょう。






デザインは極力シンプルに。素っ気ないほどのその佇まいは、逆にその実力の高さを伺わせます。外装で新しくなったレザーはかなりグリップが良く、取り回しの良い仕上がりでした。

このサイズであの実力。まさに唯一無二のカメラと言って良いでしょう。
ライカモノクロームの結晶。あなたは何を描きますか?

>>同時発表のAPO-Summicronの試写レポートはこちら



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら


ボディカテゴリートップへ戻る" KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:Leica M  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]