Super-Elmar 18mm/f3.8 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3eV / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8



18mmの超広角レンズとしてリリースされたこのレンズ。現行のライカ短焦点レンズとしては最大画角を誇り、その姿もフード込みで非常にシャープなデザイン。否がおうにも期待してしまうその描写でしたが、実際の撮影でもこの通り、画面全域にわたって驚くほどシャープで、抜けの良い画像は広角レンズならではの開放感を更に引き立ててくれるものです。



Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8

細かな葉、枝の1本1本まで緻密に描き出しています。コントラストも高く、画面に印象を持たせた力強い画作りが可能なレンズと言えるでしょう!



Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3eV / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8

近接撮影時も、その描写力はそのままです。背景のボケもこの画角からすると驚くほどおとなしく、強力なパースペクティブと相まって近接域では予想もつかない写真に。これ、実はただの手すりです。人の目では捉えられない、不思議な光景も得られるレンズです。



Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F3.8/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3eV / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8




Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8

上2枚は、移動中の車内から撮影した写真です。それでもこの描写力ですから、広角レンズとしては珠玉の域。フレアレベルが高いのは窓ガラスのせいですが、その中でも遠景のビル、橋の支持鋼材まで緻密に緻密に描き分けている様は、恐ろしさすら感じさせます。



Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 露出補正:0.0 / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8




Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:5.6/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 露出補正:-0.7eV / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8




Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F8/ シャッタースピード:1/350秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3eV / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8




Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:160 / 露出補正:+0.3eV / 使用機材:Leica M9-P+Super-Elmar 18mm/F3.8





このサイズであの描写を実現してしまうのですから、ライカのシステムの機動力の高さを改めて感じます。最近のライカレンズに取り入れられている金属製のネジ式フードは硬性感も高く、質感も良好。鏡筒からシャープに花形のフードまで導かれるグラマラスなボディデザインも魅力の大いなる1つです。やはり、格好の良い機材は撮影していても楽しいもの。皆様のライカシステムに、新しい画角はいかがでしょうか。間違いなく1つ、別の世界が広がるレンズです。

Photo by MAP CAMERA Staff





お買い物はこちら

お買い物はこちら

レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.

[Category: Elmar|掲載日時:2012年03月16日 10時30分]

M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

LEICA M10 MONOCHROM[2020年02月20日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 使用機材:M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. LEICAM10 MONOCHROM カラーフィルムが出始めの1950年代、カラー写真は商業用で、写真作品はモノクロでなければ認められない時代があった。裏を返せば、当時はカラーフィルムがまだまだ一般的ではなかったなど事情があっ...
続きを読む
MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む



閉じる