LEICA X2 vol.2 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA X2 絞り:F5.0 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2



先日、第1回目のレポートを掲載しましたが、それから引き続き使用していてもやはり、この『LEICA X2』の描写力には驚かされるものがあります。この写真でも橋脚の精彩な描写は言うに及ばず、その迫るような存在感に圧倒されてしまいます。 まるでRAW現像で整えたような、撮影者の意図を的確に汲んでくれる高描写。手のひらサイズのカメラで、Jpegで、何ともサプライズの多いカメラです。



LEICA X2 絞り:F9.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

しみじみ良いと思える描写力です。ガラスの質感と反射する雲影、そこに透けて見える鉄骨の支持体などを見事に描き分けています。実はほぼ強烈な逆光状態で、眼を向けるのも厳しい状況でしたが『LEICA X2』は難なく描写していますね。この安定感、この堅実さ、信頼できるとはこういうカメラです。



LEICA X2 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

撮影して、モニターで見て、そしてPCで見て更に嬉しくなる高描写。ごまかしと無理の無い余裕が感じられます。



LEICA X2 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2


壁面の荒い壁、ガラスの艶、そしてその立体感。瀟洒な洋館の静けさを実に良く表してくれます。そして撮れば撮るほど心地よく感じる独特の『ライカ・トーン』。渋く、味わいのあるデジタルカメラなんて、これはなかなかありません。




LEICA X2 絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

高速移動中の車内から、少し意地悪なショットを。ガラス越しで暗く、振動も多いという悪シチュエーションでしたが、結果はご覧の通り。天井の鋼材、差す光に照らされたレール、撮影時には分からなかった、PCの大きな画面で初めて分かる緻密な描写力です。



LEICA X2 絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/60秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

後ろボケも変にクセが無く、安心して活用できる描写です。金属部のトーンも相変わらず美しいですね。



LEICA X2 絞り:F7.1/ シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

日常生活でも、視点を変えれば様々な思いもよらない光景があります。そんな数々の物語の断片を描くのに、その場の雰囲気を壊さない『LEICA X2』は大きく活躍してくれるのではないでしょうか。写真家のスナップを支えてきたLeicaだからこその完成度。その実力は素晴らしいものです。



LEICA X2 モード : ハイコントラストモノクローム / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

"フィルム"選択、ハードモノクロームですが、通常のモノクロームモードと比べて確かにコントラストが強く、暗部もしっかり締まる印象に。ただし昨今多いデジタルフィルターの明部、暗部が飛んでしまうようなコントラストのモノクロと比べて、しっかり撮影者が扱える「節度あるモノクローム」という印象。印画紙で言えば1号と少し、号数を上げた感覚で、この辺りがライカの考えるモノクロームの美学というものなのでしょう。



LEICA X2 絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/160秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2





LEICA X2 絞り:F5.0/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

この花弁の立体感、存在感というのは一体なんなのでしょうか。編集部で「飛び出して見える!」といった感想がありましたが、その表現は的確だと思います。



LEICA X2 絞り:F5.0/ シャッタースピード:1/250秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

ヘッドライトの輝き、ボンネットの緩やかなカーブとなだらかなボケ。さっと撮っても被写体がしっかりと存在感を持ち始めます。



LEICA X2 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

写真を撮っていれば、様々な感情が去来するもの。明るいだけではなく"寂しさ"などの感情が滲む事もあるかと思います。派手やかではない旅情や郷愁、そういったものも『LEICA X2』は引き受けてくれそうです。



LEICA X2 モード : ハイコントラストモノクローム / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 使用機材:LEICA X2

ライカにはMモノクロームという弩級のモノクローム専用機が控えていますが、それをおいてもこの『LEICA X2』のモノクロームの画の素晴らしさは特筆に値すると思われます。繊細さ、空気感、トーンの芳醇さ。どれも素晴らしくポテンシャルの高さを否応にも感じさせるものでした。




後ろに見えるのは1925年、Leica初の市販機であるLeica A型です。それから100年近い年月を経て、今回発売された『X2』はその「シンプルかつ洗練されたデザイン」と、「小型軽量かつ高い描写力」の2つのポリシーをしっかりと引き継いでいるように思えます。『LEICA X2』、様々な撮影者の眼として、相棒として、大いに活躍してくれる事でしょう!

第1回のレポートはこちら>>


Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら
ボディカテゴリートップへ戻る" KasyapaforLEICAトップへ戻る"






[Category: Leica X|掲載日時:2012年06月08日 12時04分]

Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH.

LEICA S3[2020年04月01日]

焦点距離:100mm(35mm換算80mm相当) / 絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800使用機材:Leica S3 + ズミクロン S100mm F2.0 ASPH. LEICAS3 プロフェッショナルフォトグラファーからのフィードバックをカメラ開発に取り入れ、ユーザーのニーズを満たすミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラシステム。『Leica (ライカ) S3』をご紹介。ミド...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM[2020年03月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM VoigtlanderNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 2003年に世界初の35mm開放F1.2のレンズとして登場した『Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM』。その後、最短撮影距離の短縮などファインチューニングされ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む



閉じる