Summicron 50mm/f2 2nd | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model



『Summicron』と言えば、『Elmar』などと並んでライカレンズの中でも著名なレンズブランド。Lマウントからはじまる『Summicron 50mm/f2』の歴史は最新の『APO-Summicron 50mm/f2』に至るまでLEICAが誇る標準レンズとして多くの写真家に愛されてきた歴史でした。今回使用したのは沈胴・固定鏡筒などバリエーションの多い初代モデルの次、Mマウントの固定レンズとしてブラッククローム仕上げで製造された第2世代モデルです。初代と似た先細りの美しいスタイルながらローレットの刻み等を大幅にリファイン。重量も軽くなり、現代的なフィニッシュで生まれ変わったモデルです。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

描写もコーティングを含めたブラッシュアップでかなり現代的になっていますが、その現代的な描写に仄かにオールドレンズの余韻を感じるのがこのレンズの魅力の1つ。例えばこんなカット。初秋の柔らかな光が、少し滲んだその描写で実に良く表されています。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model



少し絞り込むとこの通り。シャープネスとコントラストはグッと向上します。こうした2通りの描写が潜むのがこのレンズのオイシイ所で、シチュエーション次第で好みの描写を選択できるのは撮影していても楽しいものです。またフィルムとの相性も実に良く、モノクロームでの金属面の描写等は息をのむ様な美しさを得られます。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

少し薄暗い中に光が当たる様な光景でも、陰影描写は美しいもの。立体感もしっかりと持ったその描写は『Summicron』の名に恥じない素晴しいものです。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

雲も夏の強い陰影から変わり、すっかり秋らしくなりました。コントラストが強くない分暗部にも陰影を多く持ち、写真のどこを強調するか撮影者の意図にそって決めていく事が出来ます。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model








外装のデザインは簡潔にしてシンプル。コンパクトで軽量ながら良い描写故、愛用している方も多い1本です。フィルムでもデジタルでも変わらず応用範囲の広いこのレンズはこれからも多くの方に愛用されていく事でしょう!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.



[Category: Summicron|掲載日時:2012年10月09日 15時53分]

Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.1[2019年11月09日]

2018年1月に発売されたLマウントの単焦点交換レンズ「ライカ アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.」を皮切りに展開がスタートした、ライカのLマウントプライムレンズシリーズ。そのラインナップは順調に増え、いまでは35mmから90mmまで用途に合わせて選べる4本の「アポズミクロン」がラインナップされています。 ライカを愛する者にとって憧れでもある、このアポクロマートレンズたちは今...
続きを読む
LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.

LEICA APO-SUMMICRON SL 35mm / 50mm F2 ASPH.[2019年10月18日]

絞り:F2 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica SL + APO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. LEICAAPO-SUMMICRON SL35mm F2.0 ASPH. APO-SUMMICRON。限界を超える描写性能を持つApochromat仕様のレンズの事を指します。執筆している今現在、ライカが誇るアポズミクロンは限定モデルを除いても約10種類ほど存在します。その中で唯一...
続きを読む
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM

Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II VM[2019年09月24日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 II MC VM ...weil das Objektiv so gut ist(訳:なぜならレンズがとてもいいから)オーストリアのウィーンで創業した、世界最古の光学機器メーカーのひとつフォクトレンダー社の有名...
続きを読む
LEICA Q2

LEICA Q2[2019年03月19日]

絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージ...
続きを読む
LEICA Q2 国内発表会レポート

LEICA Q2 国内発表会レポート[2019年03月08日]

2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Lei...
続きを読む



閉じる