Summicron 50mm/f2 2nd | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language
LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model



『Summicron』と言えば、『Elmar』などと並んでライカレンズの中でも著名なレンズブランド。Lマウントからはじまる『Summicron 50mm/f2』の歴史は最新の『APO-Summicron 50mm/f2』に至るまでLEICAが誇る標準レンズとして多くの写真家に愛されてきた歴史でした。今回使用したのは沈胴・固定鏡筒などバリエーションの多い初代モデルの次、Mマウントの固定レンズとしてブラッククローム仕上げで製造された第2世代モデルです。初代と似た先細りの美しいスタイルながらローレットの刻み等を大幅にリファイン。重量も軽くなり、現代的なフィニッシュで生まれ変わったモデルです。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

描写もコーティングを含めたブラッシュアップでかなり現代的になっていますが、その現代的な描写に仄かにオールドレンズの余韻を感じるのがこのレンズの魅力の1つ。例えばこんなカット。初秋の柔らかな光が、少し滲んだその描写で実に良く表されています。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model



少し絞り込むとこの通り。シャープネスとコントラストはグッと向上します。こうした2通りの描写が潜むのがこのレンズのオイシイ所で、シチュエーション次第で好みの描写を選択できるのは撮影していても楽しいものです。またフィルムとの相性も実に良く、モノクロームでの金属面の描写等は息をのむ様な美しさを得られます。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model






LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

少し薄暗い中に光が当たる様な光景でも、陰影描写は美しいもの。立体感もしっかりと持ったその描写は『Summicron』の名に恥じない素晴しいものです。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:160 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model

雲も夏の強い陰影から変わり、すっかり秋らしくなりました。コントラストが強くない分暗部にも陰影を多く持ち、写真のどこを強調するか撮影者の意図にそって決めていく事が出来ます。




LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250 / 使用機材:LEICA M9-P + Summicron 50mm/f2 2nd Model








外装のデザインは簡潔にしてシンプル。コンパクトで軽量ながら良い描写故、愛用している方も多い1本です。フィルムでもデジタルでも変わらず応用範囲の広いこのレンズはこれからも多くの方に愛用されていく事でしょう!



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"




Leicalens-Report.



[Category: Summicron|掲載日時:2012年10月09日 15時53分]

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3

MS-Optics(宮崎光学) MS-MODE-S 50mm F1.3[2020年02月12日]

絞り:F1.3 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica M10-P + MS-Optics MS-MODE-S 50mm F1.3 MS-Optics(宮崎光学)MS-MODE-S 50mm F1.3 昨今では様々なオリジナルレンズを手掛けるMS-Optics(宮崎光学)が、初めて手掛けたハンドメイドレンズ『MS-MODE-S 50mm F1.3』をご紹介します。元々は趣味の延長で改造レンズ(マウントの換装...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む



閉じる