Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Asph. 
Select Language


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM

フォクトレンダーブランドのMマウント互換レンズ「NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM」がいよいよ発売です。
夜を意味する「Nokt」から由来するとおり開放F値1.5の大口径で、薄明かりの撮影はもちろん、美しい大きなボケが期待できる1本です。

さっそく絞り開放での撮影を。
歩道脇に置かれた初夏の花に近づいて撮影すると手前から大きなボケが楽しめ、浮き上がるような立体感のある美しい描写をみせてくれました。
一方で奧に停まっていたスクーターには二線ボケ傾向も。
復刻が望まれていた1999年発売の「NOKTON 50mm F1.5Aspherical」の光学設計をそのまま引き継いだという再生産レンズは、少しだけクラシック感を残したという感じでしょうか。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM SilverVoigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM Black


このレンズは外観からもクラシック感を感じることができます。
ヴィンテージラインというシリーズでリリースされた本レンズは、1951年頃に発売されたレンズの雰囲気が忠実に再現。最近では珍しい総金属製の鏡筒に贅沢さを感じます。さらにシルバーカラーとブラックカラーで素材が異なるというのだから驚きます。
クロームメッキの輝きが美しい真鍮製のシルバーレンズは1951年を想像させるのに十分なレトロ感があり、ブラックアルマイト加工されたブラックレンズはアルミ製の特徴が生きた軽くて扱いやすいレンズです。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


非球面レンズを使用し、最新カメラでの使用を考慮してコーティングも強化したというレンズは、クラシックな外観からは想像できないクリアでシャープな描写でデジタルカメラが持つ精細感を十分に引き出してくれます。
さらに驚いたのが色再現性の素晴らしさ。PCで開いた画を見たときホワイトバランスを調整する必要を感じないほどの忠実感でカメラとの相性の良さを感じました。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


少し絞れば鮮鋭感がさらに向上。細かい装飾の細部までしっかり撮りきっているのがわかります。
色鮮やかな部分に目が奪われがちですが、暗部の装飾や屋根の木組みまで拡大するとこのレンズの凄さが更に伝わってきます。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/360秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


手になじむクラシカルなデザインは操作性がよく、初めて手にしたとは思えない快適さがあります。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


石段のザラザラとした質感が奧の方までしっかり感じとることができます。絞り開放の大きなボケの中でも質感を残す力強い解像力です。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


深い木々の隙間から若葉に注ぐ強い光が織りなすハイライトも綺麗に再現しています。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/360秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM

デジタルカメラの高精細化に伴い、最近発売されるレンズはどれもクリアでシャープな描写でよく写ります。逆に言えばレンズの特徴が無くなってきているとも言えます。
そんな中、クラシックレンズをベースに最新設計を融合させたレンズは写りもさることながら、所有感を刺激する格好良さがあります。
優れた描写に美しい外観と使い勝手の良さ。長い歴史を重ねて進化してきたレンズに新旧の良さを併せ持つレンズの完成形のようなものを感じました。

Photo by MAP CAMERA Staff


KasyapaforLEICAトップへ戻る"

カテゴリー:etc.  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica Price Guide Leica Price Guide 2017年03月01日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2017年3月1日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
ライカM10 インタビュー【後編】 ライカM10 インタビュー【後編】 2017年02月06日
最新機種のライカM10が発売されたのに、このような質問で恐縮なのですが、今なお、CCDセンサー機の新型Mデジタルの登場を待ち続ける人は多いように思います。 今後CCDセンサーを搭載した製品が登場する可能性はあるのでしょうか?また、そうした方々にライカM10の魅力を訴えかけるならば、どのような製品の特徴がありますか? 新型のCCDセンサーを搭載したカメラは今のところ予定し...
続きを読む
ライカM10 インタビュー【前編】 ライカM10 インタビュー【前編】 2017年02月06日
  ついに登場したM型ライカの最新モデル『ライカM10』。通常のデジタルカメラならば新しい機能を追加するのが『進化』かもしれませんが、ライカM10は純粋に写真を撮影するカメラとして、動画機能を無くし、ボタンの数も減らし、よりシンプルで直感的に操作できるカメラへと生まれ変わりました。そして一番のポイントと言っていいのがボディのサイズ感。“ドリームサイズ”と呼ばれていたM型フィルム機とほぼ同じ厚みを実現した事により、手にピタリとフィットする『理想のMデジ...
続きを読む
LEICA M10 LEICA M10 2017年01月27日
絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:100/ 使用機材:Leica M10 + APO-SUMMICRON M50mm F2 ASPH. 2017年1月19日 午前5時。新型のMデジタルがついに発表されました。そのカメラの名は『M10』。Mシステムの新たな歴史を刻む本機には、なんと途切れていたMのナンバリング名が復活しています。 大きな特徴として、『M10』は今までのMデジタルの中で最もコンパクトなサイズになっており、トップカバーの厚みはフィルム機とほぼ同じの33.7mm。今まで多...
続きを読む
M10 国内発表会レポート M10 国内発表会レポート 2017年01月26日
  2017年1月26日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、 新型のMデジタルである『LEICA M10』の国内発表が行なわれました。 『ライカブティック MapCamera Shinjuku』も正規店として招待されましたので その模様を皆様にいち早くレポートしたいと思います。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。 今回の『LEICA ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]