Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト » Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Asph. 
Select Language


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM

フォクトレンダーブランドのMマウント互換レンズ「NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM」がいよいよ発売です。
夜を意味する「Nokt」から由来するとおり開放F値1.5の大口径で、薄明かりの撮影はもちろん、美しい大きなボケが期待できる1本です。

さっそく絞り開放での撮影を。
歩道脇に置かれた初夏の花に近づいて撮影すると手前から大きなボケが楽しめ、浮き上がるような立体感のある美しい描写をみせてくれました。
一方で奧に停まっていたスクーターには二線ボケ傾向も。
復刻が望まれていた1999年発売の「NOKTON 50mm F1.5Aspherical」の光学設計をそのまま引き継いだという再生産レンズは、少しだけクラシック感を残したという感じでしょうか。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM SilverVoigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM Black


このレンズは外観からもクラシック感を感じることができます。
ヴィンテージラインというシリーズでリリースされた本レンズは、1951年頃に発売されたレンズの雰囲気が忠実に再現。最近では珍しい総金属製の鏡筒に贅沢さを感じます。さらにシルバーカラーとブラックカラーで素材が異なるというのだから驚きます。
クロームメッキの輝きが美しい真鍮製のシルバーレンズは1951年を想像させるのに十分なレトロ感があり、ブラックアルマイト加工されたブラックレンズはアルミ製の特徴が生きた軽くて扱いやすいレンズです。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


非球面レンズを使用し、最新カメラでの使用を考慮してコーティングも強化したというレンズは、クラシックな外観からは想像できないクリアでシャープな描写でデジタルカメラが持つ精細感を十分に引き出してくれます。
さらに驚いたのが色再現性の素晴らしさ。PCで開いた画を見たときホワイトバランスを調整する必要を感じないほどの忠実感でカメラとの相性の良さを感じました。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


少し絞れば鮮鋭感がさらに向上。細かい装飾の細部までしっかり撮りきっているのがわかります。
色鮮やかな部分に目が奪われがちですが、暗部の装飾や屋根の木組みまで拡大するとこのレンズの凄さが更に伝わってきます。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/360秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


手になじむクラシカルなデザインは操作性がよく、初めて手にしたとは思えない快適さがあります。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


石段のザラザラとした質感が奧の方までしっかり感じとることができます。絞り開放の大きなボケの中でも質感を残す力強い解像力です。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


深い木々の隙間から若葉に注ぐ強い光が織りなすハイライトも綺麗に再現しています。


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM 絞り:F1.5 / シャッタースピード:1/360秒 / ISO:200 / 使用機材:Leica M-E +Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM


Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 ASPH VM

デジタルカメラの高精細化に伴い、最近発売されるレンズはどれもクリアでシャープな描写でよく写ります。逆に言えばレンズの特徴が無くなってきているとも言えます。
そんな中、クラシックレンズをベースに最新設計を融合させたレンズは写りもさることながら、所有感を刺激する格好良さがあります。
優れた描写に美しい外観と使い勝手の良さ。長い歴史を重ねて進化してきたレンズに新旧の良さを併せ持つレンズの完成形のようなものを感じました。

Photo by MAP CAMERA Staff


KasyapaforLEICAトップへ戻る"

カテゴリー:etc.  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

Leica Price Guide Leica Price Guide 2018年04月23日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2018年4月21日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
null LEICA NOCTILUX M75mm F1.25 ASPH. 2018年04月06日
絞り:F2/ シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100/ 使用機材:LEICA M10 + ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH. LEICA NOCTILUX-M 75mm F1.25 ASPH. ライカレンズの中でも特別な存在と言えるノクティルックス。初代のF1.2から現行のF0.95まで50mmレンズとして存在してきたが、新たに75mmという焦点距離が加わった。今回はその新レンズ『ノクティルックス M75mm F1.25 ASPH.』の実力に迫る。 ...
続きを読む
null LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. 2018年03月30日
絞り:F2.8/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:400/ 使用機材:LEICA SL (Typ601) + アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH. LEICA APO-SUMMICRON SL 75mm / 90mm F2 ASPH. ライカの新たなプロ用カメラとして登場したSL。一眼レフとミラーレスの良いところを組み合わせたようなカメラで、撮影に最も重要とも言えるEVFファインダーは440万画素という他の最新機種を寄せ付けない孤高のスペックを誇るミラーレ...
続きを読む
null ライカSL 新レンズ説明会レポート 2018年02月02日
LEICA SL 75mm / 90mm 製品説明会 Report 2018年1月26日、東京・中央区にあるスタジオにて、ライカより発表・発売された新レンズ『アポズミクロン SL75mm F2.0 ASPH.』と『アポズミクロン SL90mm F2.0 ASPH.』の製品説明会が行なわれました。今回は実機を使用するプログラムも用意されており、実際に撮影した写真も交えてレポートしたいと思います。 ...
続きを読む
LEICA APO Summicron SL 75mm F2.0 ASPH. 写真家 高橋ヒデキ氏が撮る『LEICA APO Summicron SL 75mm F2 ASPH.』 2018年01月22日
絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:400 / 使用機材:LEICA SL + APO Summicron SL 75mm F2.0 ASPH. LEICA APO Summicron SL 75mm F2.0 ASPH. Photo by Hideki Takahashi “SEE IT. CAPTURE IT.”の謳い文句が示す通り、撮影者が注視した対象物をそのまま写し取ったような描写力。2016年のフォトキナで発売を予告されていた『Leica APO Summicron SL75mm F2.0 ASPH.』が満を持して登場した。 今回は、早速最新レ...
続きを読む


[↑TOPへ戻る]