Voigtlander HELIAR classic 50mm F2.0 VM | Kasyapa for Leica 
Select Language



LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F6.8 / シャッタースピード:1/142秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0


"ヘリアー"と聞けば、オールドレンズファンには気になる方も多いだろう。旧ドイツはフォクトレンダー社が1900年に設計・生産した銘レンズとして名高い1本である。戦前の6×9判カメラの銘機"Super Bessa"には3本のレンズがラインナップされていたが、その中で"ヘロマー""スコパー"の上、最上位ランクとして搭載されていたのがこの"ヘリアー"であった。
今回使用したのはフォクトレンダーブランドの創立250周年の記念モデルとして発売された1本、沈胴式のボディデザインと輝くクロムメッキが美しい1本だ。最新技術により現代に蘇った銘玉"ヘリアー"、その描写をぜひご覧頂きたい。




LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:500 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0

1枚目、2枚目ともに像の瑞々しさが目を引く。繊細で色彩も美しい、ただ周辺に若干の収差が見られる。ここがこのレンズの味であり個性であるのだが、それについては後の写真でお話ししたい。




LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0
光線状況によって、どうも不思議な表情を見せる玉である。重さもどっしりと質感描写は素晴らしいのだが、どこかクラシックな描写だ。色の抜けの良いのが現代的な片鱗を感じさせるが、ただ高性能なだけではない色気が有るレンズである。




LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/593秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0

ピント面は実にシャープだが、その後ろの点光源のボケの形に注目して頂きたい。これが見たいが為に撮ったカットでもあるのだが、このレンズの個性が見受けられる。




LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0


ピントピークは十分にシャープである。色抜けも良い。しかし前後のアウトフォーカスに何やら滲みや結像のゆらぎが見える。この現代的な面とクラシックな面の相反しているところがこのレンズの最大の見せ場であり魅力な点であろう。ただクラシックなだけではない、ただ優秀なだけではない、こうしたレンズは使いこなしがいのある1本である。




LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0






LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/65秒 / ISO:800 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0

トロリとした質感描写の魅力的な描写だ。夕暮れ時のマジックタイム、その青みがかった光も美しい。




LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0






LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:1000 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0

市場には色鮮やかな作物が並ぶ、その色彩も新鮮に描き出す。ハロウィーンが近いせいか、カボチャが良く売れているようだった。




LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/56秒 / ISO:1000 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0






LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/2127秒 / ISO:200 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0






LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0 絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:1600 / 使用機材:LEICA M + HELIAR classic 50mm F2.0

F2あれば、夜間のスナップもかろうじてこなせる。ここは微妙なラインだが、大きな境界線だ。夜の街は魅力的な被写体にあふれている。






今回使用したのは総クロームメッキのきらめく様に美しいレンズだ。今や沈胴式レンズを生産するのは技術的に難しいと聞くが、カッチリとしたその動作は信頼感の有るものである。フロントリムにバヨネットが切ってあり、そこにフードを装着する仕様だ。このレンズはこの他にブラック仕様もあるが、そのレンズもクロームとのコンビネーションの美しい1本である。想像以上に個性的なこのレンズ、限定生産品で単体で見かける事は少ないが、ぜひ使ってみて頂きたい往年のスピリットを現代に感じる1本である。



Photo by MAP CAMERA Staff


お買い物はこちら

お買い物はこちら


レンズカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"






カテゴリー:VM / ZM Lens  
 
 

 ≪BEFORE Top Page NEXT≫ 

LEICA Q2 LEICA Q2 2019年03月19日
絞り:F1.7 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 使用機材:Leica Q2 LEICAQ2 今から約4年前の2015年6月、フルサイズセンサーを搭載したライカ初のコンパクトデジタルカメラ『Q』が登場した。手に取った瞬間にライカと分かる厚みと握り心地、28mmズミルックスの描写性、フルサイズセンサーがもたらす画質性能など、完璧とも言えるパッケージに高価格帯のカメラでありながら空前の大ヒットを記録。今もなお注目を集める機種である。先日その『Q』が...
続きを読む
Leica Q2 国内発表会レポート Leica Q2 国内発表会レポート 2019年03月08日
2019年3月7日、東京・銀座『ライカプロフェッショナルストア東京』にて、『Leica Q』の後継機にあたる新型デジタルカメラ『Leica Q2』 の国内発表が行われました。今回はその様子をレポートいたします。 プレゼンターとして壇上に上がったのはライカカメラ社プロダクトマネージメントディレクターであるステファン・ダニエル氏。『Leica M10』、『Leica Q』『Leica SL』など数々のライカ製品を手がけてきた開発責任者の方です。 ・有効...
続きを読む
LEICA Q-P LEICA Q-P 2019年01月22日
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 LEICAQ-P 小型ボディに高性能2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し、世のライカファンの心を躍らせた銘機「ライカ Q (Typ116)」。かつて無いほどの人気に沸き、話題の中心であった当時から3年半を経て、ようやく落ち着きを見せ始めたこの時期に、よもや想像できない、新たな「Q」が帰ってきた。 従来の良いところは余すことなく残し、更に洗練されたエッセンスを加える。触れるものを...
続きを読む
LEICA D-LUX7 LEICA D-LUX7 2019年01月22日
焦点距離:59mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:200 LEICAD-LUX7 ライカコンパクトデジタルのスマッシュヒットモデル「D-LUX(Typ109)」が、更なる磨きをかけて帰ってきました。レンズフロントリングやコントロールリングなど、カメラを操ることを愉しむコンセプトはそのままに、Bluetooth常時接続や背面液晶のタッチパネル対応でより高機能に、マルチアスペクト対応で総画素数2177万画素とより高画質になった7代目の“D”『D-LUX7』の...
続きを読む
Leica Price Guide LEICA Price Guide 2019年01月18日
 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2019年1月18日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む


[↑TOPへ戻る]