LEICA趣味人 - 鉄道博物館 - | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

LEICA趣味人 - 鉄道博物館 -

LEICA趣味人 - 鉄道博物館 -
カメラ好きは機械好きである。そして金属好きでもある。機械にして、金属の塊であるのは鉄道。これは間近で見るとたまらない。今回は鉄分補給と鉄道への郷愁を求めて大宮にある鉄道博物館へと向かった。鉄道博物館へは何度も足を運んでいるのだが、行くと決める度に、子供の時の遠足のように、前日からわくわく、そわそわして盛り上がる。いくつになっても男は子供なのだと実感する。

今回ライカM9Pに装着して、鉄道博物館のお伴をしたのは、MSオプティカル(宮崎光学)の『Sonnetar50mm/f1.1』。何と開放f値が1.1である。ライカの純正レンズにもf0.95のノクチルクスという銘レンズがあるのだが、まるでレンズの塊のように巨大であり、いかんせん値段が高くてなかなか手が出せない。ところがこの『Sonnetar50mm/f1.1』は、なんと190gと超軽量。大きさもズミクロン並で、f1.1をいつでも気軽に持ち歩ける。これぞ究極の標準レンズと言ってもいい。f1.1の開放での写りが気になるところ。さて『Sonnetar50mm/f1.1』は鉄道の金属感と情緒をどう切り取ってくれるのか?興奮を抑えながら鉄道博物館のゲートに向かった!


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm / f1.1

10時の開館30分前には、ゲート前の広場はすでに長蛇の列。広場には蒸気機関車の先頭の部分や大きな車輪が置かれている。早速『Sonnetar50mm/f1.1』で撮影開始。絞りを4での撮影だが、金属の質感と存在感。そして後ろのボケもなかなかのもの。


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

ゲート前広場には、車両の台車や実車を輪切りにした展示がある。おじいちゃんと孫が旧式の座席に座って鉄道の絵本を見ている横を、子供がはしゃいで駆け回る。『Sonnetar50mm/f1.1』は小型軽量で、ヘリコイドにはレバーがあり、慣れると咄嗟のピント合わせも快適だ。



LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

いよいよ館内に入り、まずは2階に上がって、鉄道車両が並ぶ1階のメイン広場を俯瞰する。ターンテーブルに乗ったC57を中心に昭和の憧れの鉄道車両達が集結する。暗い館内なので、ISO感度を上げつつ、絞り2.8で撮影。シャープな写りと色の乗りは感動ものだ。

LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

絞り1.1開放でC57の顔を撮影。プレートの光のにじみ加減が何とも味わい深い。被写界深度は1.1の割には意外と深い。すべて開放で撮影しても面白いかもしれない。

LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

金属の質感と存在感もばっちり写し込んでくれる。蒸気機関車のアナログの機械の動きは、どこかライカのフィルムカメラと似ている。『Sonnetar50mm/f1.1』は『M3』でも撮ってみたいレンズである。


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

開放1.1のボケ味は美しい。最短距離での撮影では前後に大きくとろーんとボケる。この味わいこそ、このレンズの真骨頂である。さすがに被写界深度は浅く、モニターでチェックしながら、体を前後に動かして、ピントを追い込む。



LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

昭和30年代生まれの私には、新幹線といえば、この「0型」に止めを刺す。この先端の曲線と速さに憧れて、将来の夢は?と問われて「新幹線の運転手」と答える子供が多かった。

LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

コンテナを台車に固定するパーツをアップ。鉄道車両は全体にも惹かれるのだが、パーツの形状や色の組み合わせも面白い。50mmの画角だからこそ見えてくるものもある。

LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

鉄道博物館には親子連れが多い。しかも子供はもちろん、親の方が夢中になっている。暗い館内なのだが、やはり開放1.1の威力は凄い。昼間の屋外の感覚でスナップができてしまう。


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

『Sonnetar50mm/f1.1』は設計者の宮崎さんのこだわりのゾナータイプ。レンズの構成枚数は少なく4群5枚。6面マルチコート+2面単層コーティングのお陰で発色と光の表現が美しい。レトロな雰囲気も良く出ている。

LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

開放1.1を意識すると、いろいろな情景が見えてくる。窓に映った2階のふたり。パンタグラフと天井の梁の形状の面白さ。そしてひさしのある窓に映るふたりの会話が聞こえてくるようだ。

LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

上野駅の昔の情景を復元した模型を絞り開放で撮影。ファインダーで覗いて感動し、写し出されたモニターを見て、1.1のボケの情緒に感動した。普段使っているズミルックスの1.4との表現の違いに驚いた。


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

鉄道博物館の中で出会うシーンにもそれぞれドラマがある。電車に乗り込もうとしている老夫婦と横を歩く若い親子。そして電車の中でも子供の視線が見える。それぞれどんな鉄道への思いがあるのか?考えるだけでもわくわくする。


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

開放1.1は光に対する撮影者の感度も高めてくれる。場所や角度によって、美しい光を見つけることができる。金属に写し出される光がまるで、一つ一つ粒のように感じる。


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

懐かしの昔のつり革。まだ届かないのに、背伸びしてつり革にぶら下がった記憶が蘇る。開放での撮影は過去への一瞬のタイムトリップをさせてくれる。


LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

館内にはいくつか作業している人形が置いてある。昔は特急のプレートは毎回人の手で外して入れ替えた。50ミリでのスナップは乗ってくると面白い。被写体との間合いが適度にあり、自然なパースが心地よい。

LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1
LEICA M9-P + Sonnetar50mm/f1.1

『Sonnetar50mm/f1.1』は光の面白さを存分に楽しませてくれる素晴らしいレンズ。ボケ味や色の乗り、そして小型軽量と設計者の宮崎さんの徹底したこだわりが良くわかる。またこのレンズを持って鉄道博物館を訪れたい。次はどんな光と出会えるか?また前日は興奮して寝られないのだろう。


null


LEICAデジタルボディのお買い物はこちら

コンテンツカテゴリートップへ戻る"

KasyapaforLEICAトップへ戻る"

[Category: Leica Special Contents|掲載日時:2014年06月13日 12時06分]

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM

Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM[2020年03月30日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM VoigtlanderNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 2003年に世界初の35mm開放F1.2のレンズとして登場した『Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM』。その後、最短撮影距離の短縮などファインチューニングされ...
続きを読む
Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM

Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM[2020年03月06日]

絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:100 使用機材:Leica M10 + Voigtlander NOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM VoigtlanderNOKTON 21mm F1.4 Aspherical VM レンジファインダー使いにとって馴染み深い超広角21mmという画角。フィルム時代よりライカならスーパーアンギュロンがあり、西独ツァイスにはビオゴンという、どちらも甲...
続きを読む

LEICA M10モノクロームの世界【写真家:若木信吾 氏】[2020年03月06日]

『ライカ M10 モノクローム』。モノクローム専用機として三代目に当たる本機は、ライカ M10-Pと同じボディをベースにしながら約4000万画素のモノクロセンサーを搭載した、M型史上もっとも解像性能に優れた一台です。今回のKasyapa for Leicaは特別編として、第一線で活躍するフォトグラファー・若木信吾氏に本機の魅力を伺ってきました。ぜひお楽しみください。 ...
続きを読む
Leica Price Guide

LEICA Price Guide[2020年02月25日]

 Mマウント交換レンズ  Lマウント交換レンズ  ビゾフレックス用レンズ 価格は2020年2月25日現在のものです。予告なく変更される場合がございます。
続きを読む
M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH.

LEICA M10 MONOCHROM[2020年02月20日]

絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:160 使用機材:M10 モノクローム + アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH. LEICAM10 MONOCHROM カラーフィルムが出始めの1950年代、カラー写真は商業用で、写真作品はモノクロでなければ認められない時代があった。裏を返せば、当時はカラーフィルムがまだまだ一般的ではなかったなど事情があっ...
続きを読む



閉じる