LEICA M8.2 | Kasyapa for Leica Kasyapa for Leica|(カシャパ フォー ライカ)東京新宿のカメラ専門店マップカメラが提供するLeica専門サイト 
Select Language

■撮影機材:LEICA M8.2/ズミルックス M35mm F1.4 ASPH
■耳元でささやく静かなシャッター音
レンジファインダーの最高峰として名高いライカ「M8」をマイナーチェンジした機体「M8.2」。シャッタースピード1/8000を犠牲にしてまでもシャッターの静音性を重視したライカのカメラ造りへのこだわりは他機種には無い気概を感じさせます。
実際にそのシャッター音は耳元でささやくように静かです。チャージの振動もM8よりもさらに小さくなっています。また分離シャッターモードに切り替えれば、シャッターから指を離すまでチャージが行われません。シャッターを切った後コートの下などで指を離したり、工夫すれば静かな室内でも穏やかに撮影することができます。また、静音シャッターは赤ちゃんや動物などを撮影する際にも被写体を驚かさずに自然な表情を捉えることができます。
■「自分の目で撮る」レンジファインダーの魅力
最近はますますカメラ任せで簡単、綺麗に撮れる時代。しかし、カメラ任せになればなるほどカメラの性能に写真自体が依存してしまう傾向があるのではないでしょうか。ことにファインダーに関してはオートフォーカスの精度に不満をもったり、ファインダースクリーンの性能によってはピントの山のつかみにくさを感じることもあるかと思います。しかし、二重像の合致でピントを合わせるレンジファインダーは自分の目だけが頼り。カメラ任せではない、ひいては高速連写も動体予測もない「自分の目で撮る」その撮影スタイルは1枚1枚にそれなりの集中力が必要とされます。しかしその分シャッターを切るその1枚ごとに撮影者の「想い」を込める時間が生まれるのです。
ファインダー内にあるフレームで構図を決めるレンジファインダーはそのフレームの外まで確認できる広い視野をもっています。動きのある被写体などフレーム内に入る瞬間を予測しやすくなります。さらに一眼レフとは違いミラーが無いのでシャッターを切っている瞬間もファインダーの視野が途切れません。シャッターチャンスの一瞬を被写体を見ながらシャッターを切ることができるのもレンジファインダーならではです。
■描写性能に表れたライカの実力
「ズミルックス M35mm F1.4 ASPH」。非球面レンズを搭載したこの高級レンズの描写力にはただ驚かされるばかりです。撮像素子や映像エンジンが画質を大きく左右するデジタルカメラにおいて、ここまでレンズ性能というものを実感するとは思ってもいませんでした。開放F1.4からは極めてシャープ。かつふわっとした素直なやわらかいぼけ味。周辺部まで十分な光量がいきわたり、画面全体から伝わってくる透き通る空気感はライカならでは。この繊細な写真を作り出すライカレンズ、そしてその描写性能を素直に描ききったM8の実力はまさに「すばらしい」の一言に尽きます。さまざまなライカレンズが使えるM8は他機種では味わえないデジタル写真の新しい魅力と可能性を秘めています。

■作例

(元画像を50%に縮小)
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/2000
ISO感度:160
■ふわっとした素直なボケ味。この空気感はライカならではです。
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/500
ISO感度:160
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/180
ISO感度:160
■開放でも画像周辺部まで光量十分のクリアな描写です。
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/180
ISO感度:160
■開放F1.4から描写は極めてシャープです。
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/1000
ISO感度:160
露出補正:+0.3EV
LEICA M8.2
絞り:F2.8
シャッタースピード:1/360
ISO感度:160
LEICA M8.2
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/750
ISO感度:160
露出補正:+0.7EV
■逆光の撮影。枝の描写が見事です。
LEICA M8.2
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/500
ISO感度:160
■水の質感が伝わってきます。
LEICA M8.2
絞り:F4
シャッタースピード:1/1400
ISO感度:160
■画像周辺部まで画が流れることなくかっちり写っています。
LEICA M8.2
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/1400
ISO感度:160
LEICA M8.2
絞り:F2.8
シャッタースピード:1/4000
ISO感度:320
露出補正:+1EV
LEICA M8.2
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/360
ISO感度:160
LEICA M8.2
絞り:F5.6
シャッタースピード:1/750
ISO感度:160
LEICA M8.2
絞り:F2.8
シャッタースピード:1/125
ISO感度:320
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/90
ISO感度:320
■暗いところでもとても自然なボケ味です。
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/90
ISO感度:320
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/2000
ISO感度:320
■ショーウインド越しに撮影。シャープな写りが際立ちます。
LEICA M8.2
絞り:F2
シャッタースピード:1/90
ISO感度:320
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/250
ISO感度:320
■開放では点光源が綺麗に丸く出てくれます。
LEICA M8.2
絞り:F1.4
シャッタースピード:1/180
ISO感度:320
■開放から冴える描写力は夜でも気軽にスナップできます。
LEICA M8.2 主な仕様

ライカ M8/M8.2のショッピングはこちら
ライカ ズミルックス M35mm F1.4 ASPHのショッピングはこちら




レンズカテゴリートップへ戻る

KasyapaforLEICAトップへ戻る

[Category: Leica M|掲載日時:2008年08月08日 11時55分]

PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.3[2019年12月04日]

ピーター・カルベ氏が作ってみたい「リバイバル・レンズ」とは 先ほど、ラインナップの充実という点について話題になりましたが、近年ライカでは「ズマロン M28mm F5.6」「タンバール M90mm F2.2」の様な、かつてのレンズをリメイクして世に出しています。過去に作られたレンズを現代に作り直すということは難しい部分があるのでしょうか? ...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.2[2019年12月04日]

日本国内のメーカーはF1.4をはじめ、時にはF1.2やF0.95などの高性能な大口径レンズを発表しています。明るさへのこだわりが強くあるような印象を受けますが、ライカではこの「プライムレンズシリーズ」の開放F値をF2.0としました。 先のプレゼンテーションでもMレンズの「ズミルックス F1.4」に劣らないボケ感や画質のお話がありましたが、ライカにも...
続きを読む
PeterKarbe氏ライカSLレンズ インタビュー

ピーター・カルベ氏 ライカSLレンズ インタビュー VOL.1[2019年12月04日]

前回までのライカカメラ社の光学設計マネージャ、ピーター・カルベ(Peter Karbe)氏のプレゼンテーションを元に、同氏へのインタビューの模様をお届けいたします。 できるだけレンズをクリーンに作る 「ライカSL」で「アポズミクロンM75mm F2.0 ASPH.」「アポズミクロンM90mm F2.0 ASPH.」を使って感じたのですが、他の2,400万画素のカメラと比較...
続きを読む
Peter Karbe氏

ピーター・カルベ氏によるライカSLレンズ プレゼンテーション VOL.2[2019年11月26日]

前回に引き続き、ライカカメラ社の光学設計部門マネージャであるピーター・カルベ(Peter Karbe)⽒のプレゼンテーションをお届けいたします。 高い信頼性を追求 続いては、製品クオリティの信頼性という観点から魅⼒をお話しします。高性能なレンズをつくるためには、光学設計において様々な工夫が可能ですが、一方で安定した一定品質の製品を供給するため...
続きを読む
Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH.

LEICA SL2[2019年11月25日]

焦点距離:42mm / 絞り:F11 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:100 使用機材:Leica SL2 + バリオ・エルマリート SL24-90mm F2.8-4.0 ASPH. LEICASL2 M型とは別にライカを支える大きな柱として成長したLマウントシリーズ。その頂点に君臨する『Leica SL』が遂にフルモデルチェンジを果たした。今回のKasyapa for Leicaでは最新機種『Leic...
続きを読む



閉じる