Select Language

【SONY】夜も昼も ~ PENTAX FA43mm F1.9 Limited ~

[ Category: SONY|掲載日時:2015年08月05日 22時00分]



シャッタースピード:1/250秒 / ISO:1200 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

盆踊りって素敵だなと思います。
踊りのテンポがゆっくりだから初めて見る人もなんとなく踊れる。
みんなで共有出来るというのは楽しいことですね。

という訳で夏祭りに行ってきました。

無邪気に踊り続ける子ども。
α7SならISO1200より上げれるじゃないか!
と思ってもなかなか上げれないのは染み付いた性ですね。
この辺は撮影しながら、凝り固まった心をほぐしていきます。


シャッタースピード:1/640秒 / ISO:8000 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

いきなりほぐれましたがISO8000。
普段はA(絞り優先)が多いですが折角ISOを気にしなくていいので
S(シャッタースピード優先)で撮影していました。
というかISO8000なんて普段なら怖くてシャッター切れません。

1/250の写真のほうが躍動感もあって良い!という声もありました。
シャッタースピードをどう決めるか、撮影者の意図を伝える大事なファクターです。


シャッタースピード:1/60秒 / ISO:400 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

A(絞り優先)で撮ってた時。
普段であれば1/60で問題なく、ISO感度も上げずに済む。
カメラもカメラなりに最適格な設定を探し出すので
自分が望むシーンを考えて撮影する必要があります。


シャッタースピード:1/250秒 / ISO:1250 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

電球のガラスの中の白い光の溶け込み具合など
α7Sの階調表現がとても柔らかく色合いも自然なので
フォトスタイルはナチュラルがとてもよく馴染みます。


シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

提灯みたいな強い光源と真っ暗闇では
測光がどうしても暗いほうに引っ張られますが
提灯にスポット測光すれば白トビも防げます。

以前のブログ
君の瞳に恋してる! ~ PENTAX FA43mm F1.9 Limited ~
ではとにかくベタ惚めしたので
少し冷静になった上で、一つだけ気になる点を挙げるとしたら
強い逆光の条件下で内面反射が起きます。
ただ少し角度を変えれば写りません。
なんか嫌なとこあったら言ってみて、と言われて答えてる、くらいです。


シャッタースピード:1/250秒 / ISO:12800 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

撮影者自身、歩きながらの撮影。
ほぼ灯りはなく、肉眼より明るい世界が写ります。
これくらいではややノイズも出るくらいで許容範囲内、
ピント面の解像度も申し分ないです。


シャッタースピード:1/250秒 / ISO:6400 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited


シャッタースピード:1/250秒 / ISO:6400 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

影のシャドウ部、少しざわついたような木々のボケ感。
ピント面の立体感 IS06400では怖いものなしです。


シャッタースピード:1/250秒 / ISO:10000 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

全て歩きながらの撮影。
個人的な感覚としてはノイズの粒状感も嫌いでありません。
夜は青白い灯り、オレンジの灯り、長い時間溜めた光の色で様々に変わります。


シャッタースピード:1/250秒 / ISO:8000 / α7S + PENTAX FA43mm F1.9 Limited

α7Sなら明るいレンズでなくてもいい、と思うかもしれません。
しかし本当に暗いシーンではISO感度もガンガン上がってしまいますし、
時には諦めるシーンも出てきてしまうかもしれません。
α7Sと明るい単焦点。
これでこそフィールドを∞に拡げるコンビかもしれません。

可能性が見えてくると夜のスナップ欲が
どんどん湧き出してきます。
夜は自然とカメラをバックに仕舞っていた方は
α7Sの可能性にわくわくする事間違いなしです。

月明かりの下でも太陽の下でもいつでも撮りたくなるこのセット
ご興味いただけたら幸いです。

Photo by  taira.  





"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年08月05日 22時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!63票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む