Select Language

【SONY】α7RIIと巾着田へ行く 後篇

[ Category: SONY|掲載日時:2015年09月23日 10時30分]



画像をクリックすると拡大できます(2048 x 1366)

null

前回に続き、やっと目的地の巾着田です。

<使用機材>
カメラは SONY α7RII
レンズは Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター を介して
Leica の summicron 50mm F2 2nd を装着しての撮影です。

実はもう目と鼻の先。
食事を取った場所から10分かからずに到着です。

null

高麗川に囲まれるような形の巾着田。
川の水もとても綺麗で川遊びをする人も数多くいました。
涼しくなってきましたが、この日は川遊び日和でもあったみたいです。

null

視界の隅のどこかには彼岸花が。
彼岸花と川が並ぶとなんだか少し怖い。
その容貌と根に毒を持ち、咲く時期もお彼岸と近いので
どうしても妖しいイメージが。
「死人花」「幽霊花」なんてドキっとしてしまう呼び名にも
少し納得が出来てしまいます。

null

皆さんは彼岸花に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。
私はここに来る前までは大体↑の写真のようなイメージでした。
遠くが明るくなってしまってますが、一面を薄暗い赤が占めるような。

けれど実際見た景色は

null

木漏れ日に照らされ輝く赤い花がとても艶めかしい光景でした。
実は彼岸花にはおどろおどろした呼び名だけではありません。
「天上の花」
その呼び名も納得がいくのはやはりこの妖しさがあってこそですね。

null

陽が傾いてくると赤味が変わってくるのも不思議です。
花「弁」とよぶには薄く細いからこそでしょうか。
光を透過するこの瞬間のこの花の美しさはまさに現世離れしています。

null

彼岸花には色が数色(白、赤、黄、橙など)あるようで
この会場には白い彼岸花が添うように咲いていました。
妖しさと艶めかしさが一層増す組み合わせ。

null

ただ、その美しさだけで終わらせないのが彼岸花。
土からだけではなく、木からも生えてきてしまう生命力が
うっとりとした瞳と心を現実に引き戻します。
個人的には蓮と同じくらい浮世離れした花です。

null

今回はほぼ開放で撮ったにも関わらず
鮮明な解像感を見せつけてくれたα7RII。
しっかりと絞れば等倍でも細かな皺まで確認出来る解像度。
撮影意欲を湧かせる組み合わせとなりました。

今 巾着田ではまさに巾着田曼珠沙華まつりが開催されています。
このシーズンは入場料がかかりますが入る事をオススメいたします。
彼岸花が埋め尽くす光景はきっと目に焼きつくはず。

近くに牧場があり、そこで人参を食べさせたりして楽しむ事も出来ます。
今ならお祭りなので屋台も盛りだくさんです。

null

ちなみに彼岸花を調べていたら沢山の花言葉がありました。
「再会」「あきらめ」「転生」
「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」

null

どこか少し秘めいた感情を抱かせるのは
この花を見る人たちに共通するのでしょうか。
お祭りは10月4日まで。
もし興味を持った方いらっしゃればぜひ会場へ足をお運びください。






"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト



Photo by  taira.  



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年09月23日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!53票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む