Select Language

【SONY】Distagon T* FE 35mm F1.4 【+α7RM2】

[ Category: SONY|掲載日時:2016年04月11日 12時30分]



開放の解放。



絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

コンパクトなシステムを個性と魅力とし、
多くのカメラユーザーの支持を得たSONYのα7シリーズから遂に登場したF1.4大口径レンズ。
しかもツァイスのDistagonの名を冠したレンズなのだから
注目せずにはいられない人も沢山いたと思います。

満を持して登場したこのレンズは、
開放から期待を裏切らない鮮鋭な写りをしてくれました。


絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

シャープで色味もさっぱりすっきり。
α7RM2というローパスレス高画素機との相性の良さもあるのか
非常に緻密な描写です。


絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:160 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

粒が細かいという事がそういう事なのか定かではないのですが
一つ一つの被写体が細部まで描きこまれている気がします。

FE35mmF1.4
絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

歪みも少なく、建物撮りも気持ちよく撮影出来ます。
直線も曲線も見事ですね。


絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

陽が当たる場所と当たらない場所の微妙な色合いを
うまく表現出来ていますね。
これも開放撮影なんですよね、凄いと思います。


絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

大口径レンズならではのボケ感。
それでいてピント面の解像もよく出来ています。


絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:640 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

光が活き活きと描かれる感じがします。


絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4


絞り:F3.5 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

パンケーキかホットケーキか。それが問題だ なんて
ことは置いておいて、美味しいご馳走も美味しそうに撮れます。
テーブルフォトにも使い易い画角。それが35mm。


絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:640 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

室内撮影にも使い易いのが35mm。
歪むこともなく、広すぎず長すぎず。
テーブルのサイズにもよりますが向かいに座った人たちを
ちょうどよく撮るにもちょうどいいのがこの35mmなんです。

標準域にしてやや広角。オールマイティに扱えるレンズです。

今でこそ褒め倒しですが、使った当時はうまく馴染めませんでした。
使うほどに、使い勝手が分かってくるほど、良さが分かるレンズですね。


絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

身を凍らすような冷たい風が吹き荒れていました。
それでも人は沈む日を見ずにはいられないのです。。。


絞り:F9.0 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / α7RM2 + Distagon T* FE 35mm F1.4

でもそうやって少し辛い思いをしながら撮った写真というのは
記憶にも残りやすく、写真を見て思い返す事も多い気がします。

でかいし重いし高い。
正直な話、そう思っていたこのレンズですが
使ってみることで分かったのはその理由を覆す実力のあるレンズなんだと感じました。

Sonnar T* FE 35mm F2.8 というコンパクトで
よく写るレンズもありますが、
F1.4という大口径のレンズながら素晴らしい写りをする
このDistagon T* FE 35mm F1.4。

GMレンズと並び、ぜひ使っていただきたいFEレンズです。

Photo by  taira.  







地味に始めました【+αシリーズ】

【Voigtlander】 NOKTON 50mm F1.1 VM 【+α7s】

"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2016年04月11日 12時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!57票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む